本日は7月の第2営業日ということで、
フラット35の金利が発表されました。

これで、7月1日に発表された大手都市銀行などと
合わせて7月の金利が揃いましたので、名古屋地区の
住宅ローンの金利動向をお伝えします。


まず変動金利ですが、ゼロ金利政策が続いているので、
今月もおおむね据置きとなりました。

唯一、名古屋銀行が今月は大幅なキャンペーンを打っており、
0.85%となかなかの数字が出ています。


次に固定金利ですが、10年固定以上を中心に
先月に引き続き、軒並み0.05%程度の利下げとなり、
金融機関によっては10年固定で
1.5%を切る水準となっています。


そしてフラット35ですが、今月の最安値は以下の通り
20年以上のタイプで0.1%の利下げとなっています。
(カッコ内は対前月)

 ・20年以下  2.06%(▲0.08%)
 ・20年以上  2.39%(▲0.10%)
 ・フラット50 3.02%(▲0.04%)


5月にはいったん2.63%まで上がりましたが、
2ヶ月連続の利下げで今年1月の水準に戻り、
フラット35Sの当初10年間の1.0%金利引下げを利用すれば、
10年固定などと比べてもかなり魅力的になっています。


先週末も4組のご相談がありましたが、
うち3組が住宅ローンがらみ。
このような最新の金利動向を踏まえて
アドバイスしています。

住宅ローンのご相談はお気軽に下記までどうぞ!

   >>>住宅相談センターのHP


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『おトクな目玉ローンを選ぶには』
『住宅ローンの金利はどう決まる?』
『住宅ローンは交渉次第!』

テーマ:住宅ローン
ジャンル:ファイナンス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック