マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“とりあえず契約を”と言われたら

本日は、住宅会社との工事請負契約を前に、
契約書類の内容確認のご相談がありました。

契約の締結というのは重要な行為。

でも、契約の内容が決まっていない=仮の内容で契約
してしまうということがあるのです。
それも、大手といわれるハウスメーカーとの契約で、
そうした傾向が顕著にあります。

本日のご相談も、そうしたケースでした。


工事請負契約というのは、
間取や仕様・設備などの詳細図面が決まり、
その図面に対する詳細な見積が揃って
初めて締結するのが一般的。

でも、大手ハウスメーカーを始めとする一部の住宅会社では、
「詳細な打合せは契約してからですよ」
ということで、おおよその間取と概算見積で
契約することがあります。

確かに、具体的な色決めなどは、
契約後の詳細打合せで行うのはよくあること。

だからといって「あとから変更できるから」と
気楽に契約してしまうと、詳細打合わせに入ってから
“仕様変更”が頻発し、金額がみるみる上がることに。

というのも、「仮で弊社の標準品にしてあります」
という仕様や設備が、実際に見てみるとイメージと違い、
オプション扱い=増額になることがあるからなのです。


当初の予算を大幅にオーバーしてしまったので、
やっぱり別の住宅会社に変えようと考えても、
いったん契約してしまっていますので、
解約するには違約金が発生してしまいます。

そのため、不本意ながらその住宅会社で
家づくりを続けるという事態も起こりえます。

ですので、そのような事態にならないためには、
どんなに営業マンに急かされても、
仕様や設備がどんなものか、ショールームやサンプルで
実際に確認する必要があります。


今回のご相談者の場合も、
実際に見ていない設備や仕様がありましたので、
契約前にご確認いただくようにお伝えしました。

具体的にはクロスやペンキ、衛生設備機器、
外壁材など、多岐にわたっていました。

実物を見て、少なくともグレードだけでも確定しておくと、
後からの増額はほとんどでなくなります。

契約後に詳細設計を行なうという場合は、
「こんなはずではなかった!」
なんてことにならないように、
皆さまもしっかり契約前にご確認下さいませ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『詳細設計に入る前の「申込み」って?』
『工事請負契約書のチェック』
『契約が2回ある?!「変更契約」』

| ◆住宅会社選び | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1170-e682e5a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT