マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コストダウンの手法「同等品」

先日、リフォームのご相談をお受けしたときに、
コストダウンの質問がでました。

その時、コストダウンの一手法としてお話ししたのが
「同等品」を使うということ。


「同等品」を使うとはどういうことかというと、
建材や設備機器の選定にあたり、
参考までに具体的なメーカーや商品名は提示するものの、
そのメーカー・製品に限定せずに、
同程度のグレードなら他社製品であっても良しとするもの。

一般的に住宅会社と住設メーカーというのは
取引量が多いほど値引率も大きくなるもの。
住宅会社にはそれぞれ、取引の多い、
付き合いの深い住設メーカーがあります。

そこで、建材や設備機器のメーカーを指定しないことにより、
各住宅会社が一番得意とする(値引き率の大きい)
メーカーの製品を選ぶことができ、
それがコストダウンにつながるという訳です。


特定のメーカーや製品にこだわりがある場合はダメですが、
そうでなければ「同等品可」とすることでコストが下がります。
リフォームなど、設備機器交換のウエイトが
大きい場合は、特に効果的ですよ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『ローコスト住宅って、どう?!』
『リフォームの見積で困らないために』
『建築家のコストコントロール術』

|  |-間取りとデザイン | 17:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1137-b6454abc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT