マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コンサルティングに見る、住宅会社の絞り方

昨日は珍しく何の予定も無く、
1日社内にて事務作業をしていました。
週明け月曜日に住宅事業者向けの講演をするので、
そのための資料作りを行いました。

そして、もう一つ。
住宅会社のご紹介依頼をいただいている相談者へ、
候補となる住宅会社をお知らせする資料も作成しました。

これは「建築依頼先候補 選定結果のお知らせ」という資料。

これまでお聞きしたお話しや、
チェックシートにご記入いただいた内容をもとに、
ご相談者にピッタリな業態(ハウスメーカー・工務店・建築家)
具体的な住宅会社名を、選んだ理由と合わせてまとめます。


例えば、今回のご相談者の場合。

立地柄「防音性」が気になるとのことで、
防音効果につながる「気密・断熱性能の高い住宅」を
つくれる業態・会社が候補に挙がります。

いただいたイメージ写真を拝見すると、
とても洗練されたお洒落なデザインをご希望されているので、
デザインセンスも求められます。

また、敷地の形状が変わった形をしているため、
配置や間取の設計提案力も必要。

かといって工期はあまり長く取れません。

・・・という条件。

これらを踏まえ、業態、そして具体的な住宅会社を選定していきます。


今回の場合、「デザイン性」や「設計提案力」という点から
『建築家』の存在が浮かび上がってきますが、
今回は工期などの点から建築家は見送ることに。

結果、ご提案したのは
「高気密・高断熱の家づくりを得意とし、
設計提案力に定評があったり、
外部の建築家とコラボレーションできる」工務店。
さらに、デザイン性や社風、担当者の人柄、
立地などから3社に絞り込みました。

こういった選定過程や理由、各社の特徴を
「選定結果のお知らせ」としてまとめ、
各社の資料を添付し、ご相談者にお送りしました。

特に問題が無ければ、この3社との打合せがスタートします。
ここまでのコンサルティングの経過は、
いわば「書類による1次選考」といったところですね。


このように、家に対する要望や条件を整理し、
順を追って考えることで、
たくさんの住宅会社の中から自分に合った会社を
スムーズに見つけることが出来ます。

やみ雲に住宅会社に声をかけず、
まずはご家族で家づくりに対する
考え方をまとめることをお勧めします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『家づくりが見えてくるチェックシート バージョンアップ』
『三者三様 ハウスメーカー・工務店・建築家』
『優先順位によって変わる家づくりの依頼先』

| ◆住宅会社選び | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1132-89b25875

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT