マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

身に余るお言葉

先日来ご相談をいただいている方と、
メールでのやりとりがありました。

いま商談中の住宅会社と、これからどのように
打合せを進めていけばよいのかというご質問でした。

このご相談者は、住宅会社へ心遣いのある優しい方なのですが、
逆に住宅会社に負担をかけたくないと思うあまり、
どこまで住宅会社に要望して良いのか掴みかねていたご様子。


でも、住宅会社への遠慮は無用!

いま遠慮したがために、あとから
『あのときもっとこうしておけば良かった』
ということになりかねません。

まずはご自身の迷いがなくなるまで、
住宅会社にリクエストを出せば良いのです。

期待した分の成果が、住宅会社から帰ってくるもの。
住宅会社の側も、力を出し切っていない段階で断られてしまうと、
消化不良に感じることもあります。

ただし、お互い気持ちよく進めるために、
たとえば数社にプランや見積を依頼しているなら
「他社と競合している」ということや、
今後の選定スケジュールなどは伝えておくことです・・・


といったメールをお送りしたところ、

『的確なアドバイスをありがとうございます。
 説得力がありすぎて、ぐうの音も出ません・・・』


というお返事をいただきました。

さらに、こんなお言葉も。

『私たちは全くの素人で、知識もなく、
 鉄砲玉のように動いてしまいますが、
 草野さんにブレーキをかけてもらい、
 道筋を示していただくことで
 安心して一歩ずつ進んでいける気がしています。

 本当にありがとうございます。
 これからもいろいろご相談させてください。
 よろしくお願いいたします』


まったくもって身に余るお言葉に恐縮していまいます。
このご相談者の謙虚でまじめお人柄故のお言葉だと思います。

こうしたありがたいお言葉を糧に、コンサルティングに励みます!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『「相談していて良かった」嬉しいお言葉』
『遠慮せず要望を住宅会社へぶつけよう!』
『住宅会社選び 何社からプラン提案を受ける?』

|  |-相談事例 | 20:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1131-f6d0dc06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT