マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

住宅会社の営業マンの良し悪しって?

今日は、大手ハウスメーカーでの家づくりを検討中の
ご相談者から、こんなご質問をいただきました。

『ハウスメーカーの営業マンの良し悪しは、
 どうやって見分ければよいのでしょうか?』


大手ハウスメーカーは、会社や商品など、
特徴は違っても、そう遜色ありません。
その分、大勢いる「営業マンの選び方」が重要になります。
そこで、先の質問になったのでした。


ハウスメーカーに限らず住宅業界は人の出入りが激しいので、
営業マンとひとことで言っても経験の浅い新人から、
転職を繰り返しているベテランまで、いろいろな人がいます。

また、ハウスメーカーはじめ住宅会社の営業マンは、
住宅のプロであると同時に、販売のプロでもあります。
はじめて家づくりをされる方にとっては
対等に接するのがいささか難しい存在です。

終始営業マンのペースでことが運び、
「いつの間にか契約させられていた」
なんてことの無いように、
しっかり営業マンの見極めをしたいところ。


住宅会社の営業マンを見極めるポイントは、簡単にまとめると
 1)人柄や考え方といった「相性」が合っているか
 2)「約束を守る」などの社会常識を守っているか

の2点になります。

あたり前のことのようですが、一事が万事、です。


1の「相性」については、
これまで何組もの商談に立ち会った中で、
初対面で話しが盛り上がった住宅会社と
契約に至る率が高いという経験からも言えます。

家というプライバシーの塊りを一緒につくるパートナーですから、
何でも気兼ねなく話せる営業マンを選びたいところ。

相性は「人付き合い」の範疇になってくるので、
これまでの人生経験から、ある程度見えてくるものと思います。


2の「社会常識」については、日時にルーズだったり、
自社の商品説明が下手というのは問題外です。

そうでなくても、契約を急かしたり、欠点の説明をしなかったり、
他社の悪口を言ったり、分からないことを曖昧にする営業マンは、
施主が充分納得出来ずに家づくりが進んでしまうため、
あとで何らかのトラブルを起こす可能性があります。

社会常識も、ある程度これまでの社会人経験の中から
ご判断いただけると思うのですが、うまく
言いくるめられてしまうことも無きにしも非ず。


そんな時にピッタリの質問の仕方があります。
本日は長くなりましたので、明日、その質問例をご紹介します。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『営業マンの煽り文句に惑わされるな?!』
『営業マンによって変わるハウスメーカーとの家づくり』
『アンケートの記名は慎重に?!(ブログ注文住宅入門 その9)』

| ◆住宅会社選び | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1083-5cfca10a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT