マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

建築家の言葉に見る、建築家との家づくり

本日は、ご相談中のお施主さまと
建築家との初めての顔合わせ
初回面談に同席しました。

ご紹介した“仲人役”の草野としては、
果たしてどんな展開になるのかドキドキ。
でも、お施主さま自身が家づくりを楽しんでいらっしゃるので、
話しも大いに盛り上がりました!

ご要望に対して即座に返ってくるアイディアや
過去の事例に見られるセンスや工夫に、お施主様からは
 「素晴らしい!」
 「良かった~ 注文住宅にして」
 「このアイディア、いいですね!」

といったお言葉を頂戴しました。

そんな中で出た、建築家自身の言葉に
『建築家との家づくりとは何なのか?』が見て取れました。
草野もナルホドと思ったそれらの言葉をご紹介します。


『設計とは、施主本人が
 “どのように住みたいのか”を探る作業』


建築家というと、とかく「作品」を押し付けられる
というイメージがつきまといますが、
決してそんなことはありません。

あくまでそこで暮らすお施主さまが、
実際に暮らして満足できる家を建てるのが建築家の役割。

そのために、お施主さまと一緒にさまざまな可能性を検証し、
納得いくまでとことん繰り返すので、
時には竣工まで何年もかかることもあります。

ビジネスとして見れば儲からないかもしれませんが、
損得だけで動かないのが建築家と言えるかもしれません。


『建築家の設計した家は、
 ある一部の人にはピンポイントで絶賛されるが、
 ある一部の人には酷評されたりする』


建築家は、そこで暮らすお施主さまのために
ゼロからオーダーメイドで設計するので、
万人受けする住宅にはなりにくいもの。

それは間取であったり、デザイン性であったり、使う素材であったり様々。

ハタから見ると「なんでこんな間取りなの?」と思えても、
お施主さまにとっては、世界で1軒だけの理想の我が家なのです。

“特殊”な要望にも建築家は正面から取り組んでくれますし、
条件が難しいほど、逆に燃えてきたりします。


このような家づくりをする「建築家」。

まさに“万人受け”するものとは言えませんが、
家づくりをとことん楽しみたいという方には、
またとないパートナーになり得る存在です。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『建築家との初回面談』
『建築家だから出来る?! 変形・狭小敷地での家づくり』
『建築家から提案を受ける際の心得』

|  |-建築家 | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1076-bc235e33

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT