マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ホームインスペクションは“感性”だ?!

昨日はホームインスペクション
(建物診断)のご相談がありました。

大手ハウスメーカーと請負契約を結んでおり、
まもなく着工されるとのこと。

大手ハウスメーカーといえば、
工場生産・マニュアル化で施工品質に定評はあるものの、
建築現場ではどうしても職人による手作業が入ります。

むしろ、マニュアルに載っていないような箇所ほど、
職人によるバラツキが発生しやすいのも事実。

そんなわけで、このご相談者は
全5回(基礎配筋、上棟、断熱材、外壁、完成)の
インスペクションをお申込みいただきました。

毎度恒例「どちらでインスペクションのことを
お聞きになりましたか」とのご質問に、こんなお答えが。

『知合いの建築士に相談したら、こちらを紹介された』

建築士なら、自身で現場を見ることもできるだろうに
と思うところですが、建築士が行う施工監理と、
ホームインスペクションで行う診断は、
全く同じものというわけではありません。

一般的に建築士が行う施工監理でしたら、
設計とセットになっているので、建築士自身が
監理すべき建物の内容を充分に把握できています。

が、インスペクションの場合、
施工会社から図面を受取って診断します。

他人が描いた図面をもとに施工現場を見るのは意外と難しく、
「監理だけというのはお断りしている」
という建築家も大勢います。

ホームインスペクターというのは、木造・鉄骨・RCほか、
どんな構造工法でも分からないと務まりません。
しかも、検査内容を「マニュアル化」できればいいのですが、
腕のいいインスペクターほど
「マニュアル化はできない。インスペクションは感性だ」
と言います。

ホームインスペクションは、
ぜひ専門のインスペクション会社にご依頼下さい!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『名古屋のホームインスペクターなら・・・?!』
『「屋根裏へ、床下へ ホームインスペクター」TV放映されました!』
『構造・工法によって変わる検査内容』

|  |-インスペクション事例 | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1048-511674e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT