マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ローコスト住宅って、どう?!

先週末のご相談の中で、こんなご質問がありました。

「最近、500万円の家なんて聞きますが、
 こういうのってどうなんでしょう?」


オッ! 直球のご質問!
いわゆる「ローコスト住宅」についてです。

不況が続く中、ローコスト系住宅会社が伸びるにつれ、
このテのご質問はよく聞きます。

きっと、
「パッと見て安そうだけど、それでも数百万の買い物。
 “安かろう、悪かろう”だったら嫌だなぁ」

ということなのでしょう。

では、実際のところどうなのでしょう?
草野がいつも申し上げるのは、こんな内容。

「安いからといって手抜きがあったり、
 構造が弱いといったことはないでしょう」


ただし、注意が必要。
ローコスト住宅の場合、あの手この手の
より価格を低く見せるための仕掛けがあります。

例えば坪単価

法定延床面積より大きい「施工床面積」を使うことで、
「工事価格÷床面積」で算出される坪単価を下げるなどあたり前。
また、設備や造作家具などが別途扱いになっていることも。
(坪単価の詳細はコチラ

また、使われている仕上げ・設備は
必要最低限のグレード
だと思った方が正解です。

昨日、別のご相談者からも、
「ローコストとは言うものの、準防火地域だから、
 坪単価が5万円上がります”
と言われました。
 そんなものなのでしょうか?

なんてご質問がありました。

準防火仕様なら多少のコストアップは
しょうがないですが、5万円は高いですね。
標準仕様を通常よりも安価に設定している分、
オプションを高めに設定して帳尻合わせをしているのかも?

仕様や設備をグレードアップしていったら、
「とてもローコストとは言えない値段になった」
との話しも良く聞きます。

もう一つ、基本的な注意点が。

「坪単価○○万円」「500万円台の家」の宣伝通り、
建物本体はその値段でつくることができたとしても、
実際にはそれだけでは住めません

例えば、某ローコスト系メーカーのホームページにも
建物本体価格に含まないものとして
以下の項目が記載されていますが、
実際にはこれだけの工事が必要なのです。
(別途工事・諸費用の詳細はコチラ

「地盤調査や地盤補強工事、門塀工事、屋外電気配線工事、
 屋外給排水工事、下水道接続工事、雨水排水工事、家具、
 電化製品、その他諸費用等」

・・・結局「パッと見で安そう」というのは、
「客寄せパンダ」と同じようなもの?!

そこのところを充分理解しておかないと、
「安物買いの銭失い」になりかねないかも?!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『「坪単価」の注意ポイント(ブログ注文住宅入門 その15)』
『家づくりにはいくら必要?(ブログ注文住宅入門 その14)』
『建築家のコストコントロール術』

| ◆家づくりの知恵袋 | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1025-6e1b4f38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT