マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

古い家に効果的?! 床の断熱工事

朝晩の冷え込みが厳しくなってきた今日この頃。
草野も、朝、布団から出るのが億劫になってきました。

冬あたたかい家に住みたい!と思うのもこんな時。
住宅エコポイントの影響で、
断熱材が品薄というのもよく分かります。

築年数の古い家にお住まいなら、
断熱性能や気密性能のアップは切実な願いでは?

昨日、リフォームの現地調査に立会ったお宅も築40年以上。
この日工務店と交わされた打合せでも、
まず出てきたのが「冬寒い」ということ。

一番目につくサッシは、今回のリフォームで
木製のシングルガラスから
樹脂サッシのペアガラスになることでしょう。

そしてもう一つ、効果的な工事が行われる予定。
それが床の断熱工事

築40年ともなれば、床・壁・天井と
断熱材が全く使われていませんが、
冬の寒さで一番身体に堪えるのが
「床」からの底冷え

この頃の建物は和室が多いのですが、
その和室の床というのは、
畳の下にはザラ板が一枚あるだけ。

当事の施工は風通し優先だったのですが、
昨今の高気密高断熱住宅からすると、もはや異世界。

ザラ板は簡単に外れ、床下までツーツーです。
冬には、その隙間から冷気が部屋へ上がってきます。

畳は分厚いので断熱性があるように思ってしまいますが、
隙間から冷気が入ってしまえば、
いくら断熱性があってもしょうがありません。

ですが、いったん畳とザラ板を外し、あらためて
構造用合板に気密シート、そして断熱材を入れると
一気に底冷えが抑えられます。

既存部分が簡単に外れる畳+ザラ板だからこそ、
比較的低コストで簡単に施工することができます。
(洋間だとこうはいきません)

今なら住宅エコポイントも使えますので、
築年数の経っている家にお住まいの方は、
この機会に一度検討されてはいかがでしょう。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『断熱材がない?!』
『断熱材の現場検査』
『エコな防寒対策』

|  |-間取りとデザイン | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1018-28a7f3ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT