マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「条件変更」で住宅ローンの返済額を見直す

こんにちは、草野です。

先週末も、
住宅ローンの借換え相談
を何件かお受けしました。

若干上がり気味とはいえ、まだまだ低金利です。
数年前に借りた住宅ローンを借換えることで
返済総額を抑えることが可能です。

でも、条件によっては借換えをしてもメリットが出なかったり、
そもそも借換えが出来ないというケースもあります。

先日ご相談いただいた方も、
月々の返済額を抑えたいとのご希望だったのですが、
ちょっと借換えが難しい感じ。

このご相談者の場合、
頭金無しで住宅ローンを組んでいたために、
いま借換えをすると、
物件の担保価値を残債が上回ってしまいそう。
これでは、残債全てを借換えることは出来ません。

そこでお薦めしたのが、借換えではなく
「条件変更」

借換えだと、少なく無い諸経費がかかってしまいますが、
条件変更であればそれほど負担も大きくありません。
金利が多少でも下がれば、
そのぶん返済総額を抑えることが出来ます。

これだけ金融機関間の貸し出し競争が激しくなると、
いま借りている金融機関側でも
交渉の余地が生まれることもあります。

頭金無しの100%ローンを組んでいたり、
繰上返済をしていなくて
残債が担保価値を上回っている方も、
条件変更の交渉次第で
返済総額を下げることができるかもしれませんよ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『「家賃並みの返済額」には要注意!』
『住宅ローンの借換えコンサルティング』
『住宅ローンの繰上返済 するならいつ?』

|  |-住宅ローン選び | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1011-a793a539

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT