マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2017年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

テレビや雑誌に結構出ています ~メディアの出演・掲載歴~

先日、当相談室の管理人・草野のプロフィールをご紹介しました。

あらためて過去の実績を振り返ってみると、
結構いろんなことをしています。

そこで、今回は草野のテレビや雑誌等の出演・掲載歴をご紹介します。
(このページは、新しい掲載に合わせて随時更新しています)


まずはテレビから。

●テレビ愛知「ニュースFineアイ」2010年1月28日放送【詳細】
 夕方の報道番組の特集コーナー「元気! 愛チカラ」内で、
 コンサルティング風景や草野のコメント、
 実際に家を建てた方のインタビューなどが放映されました。

愛チカラ-2



次に、雑誌などでの記事掲載です。

●リヴィエ 2017年冬号(2017年12月、DAY BY DAY発行)【詳細】
家づくり情報誌・リヴィエに「将来を見据えて資金計画」とのタイトルで、
住宅ローンの金利について執筆しました。

リヴィエ_2017冬



●リヴィエ 2017年夏号(2017年6月、DAY BY DAY発行)【詳細】
 家づくり専門誌に「家づくりにいくらかけても良いの?」と題して、
 ファイナンシャルプランナーとして記事を執筆しています。

表紙



●一戸建ての選び方がわかる本(2017年5月、晋遊舎発行)【詳細】
 毎年発行されているムック本の企画コーナー
「住みたい街“ウラ”ベストランキング」に、
 中京圏の専門家として取材協力しました。

表紙



●リヴィエ 2017年春号(2017年3月、DAY BY DAY発行)【詳細】
 家づくり専門誌に「これからの住宅のあり方、暮らし方」と題して、
 ゼロエネルギーハウスの記事を執筆しています。

リヴィエ_1703



●オウチーノタイムズ(2016年7月、オウチーノ発行)【詳細】
 「マイナス金利政策で家は買いやすくなったのか!?」を
 テーマに記事を執筆しています。

オウチーノ_1607



●テニテオ 2016年7月号(2016年6月、株式会社テニテオ発行)【詳細】
 ママ向け情報誌に「工務店で家を建てるメリット」に
 ついてコメントしています。

表紙



●テニテオ 2016年6月号(2016年5月、株式会社テニテオ発行)【詳細】
 ママ向け情報誌に「消費税8%で建てる 賢い住宅会社の選び方」と
 いう監修記事が掲載されました。

テニテオ1606(表紙)



●テニテオ 2016年5月(2016年4月、株式会社テニテオ発行)【詳細】
 ママ向け情報誌の「消費税8%でおトクに家を建てるには」と
 いう記事を監修しました。

表紙



●オウチーノタイムズ(2016年4月、オウチーノ発行)【詳細】
 「地元専門家が見る、東海エリア新築住宅市場
  2016年は買い時か」という記事が掲載されました。

オウチーノ紙面_1604



●岐阜新聞(2015年11月19日)【詳細】
 『「2017年4月の消費税アップ前に家を建てたいけれど、
 土地探しを始めていない」という人に向けて、
 土地探しのコツをプロに聞きました』という企画記事に
 取材協力しています。

岐阜新聞_151119記事



●住まいの手引(2015年1月、新建新聞社発行)【詳細】
 毎年発行されるムック本に「まるわかり!
 家づくりのお金のすべて 家づくりの資金計画」
 と題した解説記事が10ページにわたりを掲載されています。

表紙



あと、草野がコンサルティングしたお住まいも
いくつか雑誌で紹介いただいています。

●新建築 住宅特集(2010年9月、新建築社発行)【詳細】
 建築家さんに設計してもらった、千種区のM様邸です。
 間口5mという敷地の斬新な建物が、
 新建築という権威ある雑誌で紹介されました。

表紙

P100-101



●月間ハウジング 2009年10月号(リクルート発行)【詳細】
 建築家コンペで家をお建てになった、岐阜県大垣市のS様邸です。
 『「闇」と「間」の住宅』という、
 ちょっと和テイストの入った印象深いお住まいです。

月間ハウジング1



●オレンジページ・インテリア and HOME(2007年12月)【詳細】
 こちらも建築家コンペで建てた、千種区のT様邸です。
 斬新な建物にオシャレなインテリアで、
 インテリア雑誌に紹介していただきました!

オレンジページ



●すまいの手引2008(2007年5月、新建新聞社発行)【詳細】
 上記同様、千種区T様邸です。

すまいの手引



ほかにも、草野の勤務先の出演・掲載歴はコチラ
また、自社で発行したメルマガや冊子の記録はコチラです。

合わせてご覧ください!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『管理人のプロフィール』
『住みたい街“ウラ”ベストランキングに草野が掲載されました』
『「住活フェア」を目前にテレビ放映されました!』


|  |-メディア掲載歴 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プレイルームとクレープ屋さん! 夢が詰まった新居O様邸

先日、名古屋市内で家づくりをなさった
O様邸にお邪魔してきました。

O様は土地探しからの家づくりで、
資金計画・住宅ローン選びや住宅会社選びの
サポートをさせていただきました。

ご主人は友達を招くことができるプレイルームが、
奥さまはご自身のクレープ屋さんが、新居でのご希望。

新居完成後数カ月が経ち、住み心地をお聞きしてきました。


外観はコチラ。

▼▼外観▼▼
外観


ご夫妻とお子様、そしてお母様の5人家族にプラスして、
奥さまのお店とご主人のプレイルームを設けるため、
3階建てとなっています。

1階のシャッターが閉まっているのが奥さまのお店。
来年のオープン予定です。


ダイニングでご夫妻にお話しをお聞きします。

▼▼ダイニングにて▼▼
O様ご家族


実際にお住まいになって、
「ほとんど不満がない、とっても良い家ができました」
と仰っていただきました。

街中の立地で、建物の規模も大きいことから、
いかに敷地の中にご要望を満たした
間取りを実現するかがポイントでした。


こちらはリビング。

▼▼リビング▼▼
リビング


ローソファに大きなテレビ。
そしてクリスマスツリー!

お子さんたちには格好の遊び場です。

キッチンやダイニングからも見渡せるので、
奥さまも安心です。


そして、こちらはご主人待望のプレイルーム!

▼▼プレイルーム▼▼
プレイルーム


大きなホームシアターに、卓球台!

▼▼卓球台▼▼
卓球台


ご主人の夢が詰まっています!
休みの日には一人で籠っているとか!

▼▼上映中!▼▼
上映中

まさに男の城! 憧れます!


さて、O様からは、コンサルティングを
ご利用いただいたご感想もいただきました。

どうぞ、ご覧下さい!

▼▼アンケート▼▼
アンケート


1.ご利用いただいたコンサルティング・メニューは何ですか?

  【 家づくりスタートパック 】


2.ご利用いただいたコンサルティングはいかがでしたか?

  【 大変満足している 】


3.弊社のコンサルティングについて、10点満点でお答え下さい

 1)疑問や質問に対する反応スピード 【 10点 】

 2)コンサルタントからの提案内容 【 10点 】

 3)提案や説明の分かりやすさ 【 10点 】

 4)コンサルティング料金 【 5点 】



4.お知り合いが家を建てたり住宅ローンを借り換える際、
  住宅相談センターを勧めたいですか?

  【 ぜひ勧めたい 】


5.コンサルティングを申し込んでよかったことや解決したこと、
  ご感想を教えて下さい

  『家づくりを一から教えて頂いて、とても勉強になった。自分だけ
   では探せなかった住宅メーカーと出会えて、ほぼ理想に近い家を
   建てることが出来た』



素敵なマイホームが実現したOさま。
おめでとうございます!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅ローンの相談いただいたH様から、嬉しいメール頂きました』
『建築安心パックご依頼の小牧市T様からご感想いただきました』
『土地探しを乗り越えた四日市市I様のコンサルティングのご感想』


|  |-相談事例 | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

“消費者視点の家づくり”とは ~学生からのヒアリング~

先日、大学のゼミで消費者問題を勉強している学生さんが
話を聞きにやってきました。

人生の中で「ここぞという時の買い物」である住宅について、
どうすれば失敗しないかを研究しているのだそう。

そこで、実際の家づくりの現場で
どんな相談ややり取りをしているのかを聞きたいとのこと。

研究の成果として、
成功するための家づくりのツール作りまで行うのだとか。


・・・いやあ、素晴らしい!

学生の頃、遊び(というかサークル活動)ばかりやっていて
さっぱり勉強しなかった草野からすると雲泥の差!

で、現時点での研究成果を聞いてみたら、
それがまた、しっかりした内容でした。


例えば、「家づくりで失敗しないために
まずやることは何か」についての彼らの考えは・・・

「自分がどうなりたいかについて、よく考える」
ということ。

そのためには「自己分析をする」ことや
「本当に必要な情報を集める」ことが重要で、
そのツールとして「質問票」を用意していました。

これ、草野がいつも言っている
「新居での暮らし方(夢)をイメージすること」
と全く同じこと!

草野も150項目からなる、
家づくりのチェックシートを用意しています。


でも、彼らがある会合でこの研究内容を発表した時、
「そんなことより、建築のことを勉強することが先だ」
との意見が出たそう。

いやいや! それはどうよ?!

確かに、全く何の知識もない中
家づくりをするのは、リスクが大きいとは思います。

ただ、付け焼刃の偏った知識で
どこまで建築のことを理解できるのか・・・

最低限のことさえ知っていれば、
あとは専門家(住宅会社)に任せればよいのです。


家づくりの目的は、
今よりも快適な暮らしをすること。

その目的を分からず、
いたずらに建築のことを勉強すると、
「木を見て森を見ず」状態になってしまいます。

重要なのは、専門家が腕をしっかり振るえるよう、
何をしてもらいたいのかを施主として
いかに指示できるかということなのです。


下手に知識を詰め込み過ぎると、どうなるか。

例えば「高気密高断熱」の住宅が良いと思い込んでしまい、
コンマいくつのスペックを追求してみても・・・

そんな数値の差なんて、実際に住んでみると
ほとんど分からないものなのです。

スペックばかりに目をとられ、「これって住みにくいよね」
という間取りや動線になっては本末転倒。

まじめな人が時に陥りやすいワナです。
(住んでいる人が満足なら、それでも良いのでしょうが・・・
 知らぬが仏?!)

学生さん達に、そういった草野の考えをお話ししたら、
「わたしたちの考え方が間違っていないことが分かって
 安心しました」

と言ってもらえました。


でも、これって建築の専門ではない立場で、
消費者問題やマーケティングを研究しているからこそ出る
発想なのかもしれません。

この学生さん達は、今度住宅会社の人にも
話を聞くとのことでしたが、業界の人だと
また違った見解が出てくるかもしれません。

業界にはいろいろな意見があります。
(ノルマに追われた営業マンには
 利口な消費者は“面倒くさい客”に見える?!)

自分たちの信じることを追求してくださいね!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『誰でも用意できる 家づくりを成功に導くツール』
『家づくりは“家族づくり”』
『家はライフプラン次第』


| ◆マイホーム初めの一歩 | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

住宅ローンの相談いただいたH様から、嬉しいメール頂きました

コンサルティングをお受けいただいたH様から、
嬉しいメールをいただきました。

H様は中古住宅をご購入ということで、
住宅ローンのご提案をさせていただきました。

無事に引渡し(決済)が完了したとのご報告ですが、
ご丁寧にお礼のコメントも頂戴しました。

H様に転載の許可をいただきましたので、
こちらでご紹介させていただきます。



草野さま

お世話になっております、Hです。
先日、無事、決済が終了いたしましたので、
ご報告の連絡をと思いメールさせていただきました。

このたびは、的確なアドバイスや○○銀行さまへのお取次ぎを頂き、
おかげさまで、無事に住宅購入へと至りました。

不明なことが多く不安な中、
草野さんの存在のおかげで、安心して進めることができました。
家族一同、大変よろこんでおります。
どうもありがとうございました!

何かの機会がありましたら、
またお世話になることがあるかもしれません。
その折には、どうぞよろしくお願いします。




初めての住宅購入で、ご不安も多かったことと思います。

だいぶよい条件で住宅ローンをお借入れいただき、
良かったです!

Hさま。
今後とも、家計のことなど何なりとご相談下さいネ!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『中川区O様からコンサルティングのご感想いただきました』
『建築安心パックご依頼の東員町H様からのご感想』
『名古屋市I様からコンサルティングのご感想いただきました!』


|  |-相談事例 | 15:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家の買い時は、住宅ローンの返済期間で決まる?

当相談室をご覧になっているあなた。

「家賃がもったいない」

と思っていませんか?

そして、

「家賃を払うくらいなら、家を買っちゃおうか」

とも思っていませんか?

でも、

「いまって買い時なの?」

と思って、躊躇しているかもしれませんね。

住宅購入者向けのファイナンシャルプランニングを
していると、こんなご質問はよくあります。



この質問、住宅会社や不動産会社の営業マンなら、
異口同音にこんなことを言うでしょう。

「家は早く建てた方がいい」

その根拠は、住宅ローン

住宅ローンの返済期間は、最長35年。
そして、返済期限は75歳。
(一部80歳の銀行もありますが)

逆算すると、40歳にはローンを組まないと
35年返済を利用できませんし、
定年(65歳)までにローンを完済しようとするなら
30歳には家を建てなければいけない・・・

ということですね。



「ナルホド、それは早めに家を買わないとダメだな」
と思ったあなた、ちょっと待ってください。

別に、住宅ローンは35年で返さなくても良いのです。

確かに、できるだけ長い期間で返した方が
毎月の返済額は下がります。

例えば、3000万円を元利均等返済、
金利1.5%で返した場合。

 35年返済  91,885円
 25年返済 119,980円


と、25年返済だと約28,000円
毎月の返済額が上がります。こりゃ、えらい違いだ!

でも。。。総返済額でみるとどうか?

 35年返済 約3857万円
 25年返済 約3599万円


と、25年返済なら、250万円以上安くなります。


これ、だから25年返済がいいですよ!
ということでは、決してありません。

返済期間が短い方が支払う利息は安くなりますが、
短期間で返すことで、毎月の負担は増えます。

住宅ローンの返済に追われて、
暮らしに余裕がなくなる可能性もあります。


つまり、何をお伝えしたいかというと・・・

35年返済にせよ25年返済にせよ、
住宅ローンの返済期間だけで
家の買い時を決めるのはナンセンス
ということ。

もし40過ぎて家を買おうとするなら、
定年までにローンを返せるように
頭金を貯めておいたり、予算を下げれば良いだけ。

ようは、マイホーム購入にあたっては、
しっかりと家計の状況を踏まえて
計画を立てればよいのです。



これを、我々ファイナンシャルプランナーの世界では
“ライフプラン”とか“キャッシュフロー表”と呼んでいます。

草野は、このライフプランを「マイホーム購入」という点から、
家の買い時や予算額、物件の種類などを
“マイホーム購入予算診断”としてご提案しています。

「いつ家を買うのがいいの?」
「いくらの家を買えるの?」
「住宅ローンはいくら借りられるの?」

とお悩みの方、お気軽にお問合せください。



 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『終の棲家の建て時は?』
『いくら出せばどんな家が建てられる?』
『頭金の額に迷ったら・・・』


|  |-家の買い時はいつ? | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT