昨日のご相談者は、これから家づくりをお考えになるということで、
まずはキャッシュフロー表をご提出させていただきました。

その次のステップとして、どのような家にするのかを決めるのですが、
 ・建売住宅の購入
 ・土地+注文住宅
 ・中古住宅の購入
のどれか、方針が固まっていません。

でも、家づくりが漠然としているけれど、
早い段階から第三者に相談しながら家づくりを進めたいと、
“建築安心パック”“購入安心パック”といった
コンサルティングのご依頼をご検討いただけるとのこと。


どちらのメニューも、資金計画・住宅ローン選びといった
ファイナンシャルプランニングに図面や契約書のチェック、
建物の検査(ホームインスペクション)がセットにっています。

ただ、建築安心パックは注文住宅をお考えの方向けのメニュー、
購入安心パックは建売や中古住宅購入の方向けのメニューで
施工中の検査の有無など、多少内容が違います。

では、どのメニューに申し込んだらいいの?
ということでご質問をいただきましたが、
よく出るご質問なのでここでご紹介します。


【質問】
 まだ、いつ家の購入や建築ができるかわからないけれど、
 コンサルティングに期限はあるのですか?


【回答】
 建築安心パックや購入安心パックには期限はありません。
 家が完成、もしくは購入するまで有効です。



また、こんなご質問もお受けしました。

【質問】
 建売や中古住宅の購入のつもりで購入安心パックを依頼後、
 注文住宅を建築することになった場合、どうなりますか?


【回答】
 購入安心パックから建築安心パックへメニューを変更できます。
 その場合、料金は差額分の精算とさせていただきます。



というやり取りのうえ、今回のご相談者は
まずは購入安心パックをご依頼いただいて、
家づくりをお進めになることになりました。

本日も、建売住宅の見学にご相談者と一緒に行ってきましたが、
この方の場合は建築安心パックをご依頼いただいており、
着工前の建売住宅を中心にお探し中です。

まだ家づくりの計画が漠然としていても、
その方に合わせて柔軟にご相談をお受けしていきますので、
安心してコンサルティングをご依頼下さい!

詳しくは住宅相談センターまで。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『“建築安心パック”は建売住宅の購入でもご利用いただけます』
『誕生日に家づくり成功パックをご依頼いただきました!』
『建築安心パックご依頼の小牧市T様からご感想いただきました』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ