先日、一宮市の雑貨屋さんにお邪魔してきました。

店内-8


オシャレな小もの・雑貨が所狭しと並んでいます!

店内-1

店内-3


ヴィンテージやアンティークな小ものもいっぱい。

店内-9

店内-7


これらは建築の解体現場で出てきたものだったり。

というもの、実はこちらのお店「雑貨屋39」さん
建築家さんの事務所の一角に設けられているのです!


その建築家は、アトリエ創の宮坂さん

お店は、主に奥さまが担当しています。
フランス好きの奥さまは、現地まで買付にも行くそう。

店内-5

店内-4


これらの小ものたち、
宮坂さんの設計するお宅でも使われるとか。

解体され、廃棄される運命だった小ものでも、
レトロで味わい深いものも少なくありません。

そんな小ものを活かした家も素敵ですよね!


宮坂さんは、ガレージハウスや隠れ家のある家など、
遊び心のある家の設計がお得意。

特に猫好きで、ペット共生住宅
猫が喜ぶ仕掛けがいっぱい!

猫の導線や遊び場、トイレのことまで
猫のことを知り尽くした家をたくさん設計しています。

それらのノウハウは、今度
住宅相談センターのメルマガで公開していただく予定です。


こんな楽しいアトリエ創と雑貨店39。

家づくりを考えている人もそうでない人も、
いちど気軽に覗いてみてください。

おもちゃ箱のような、楽しいお店ですヨ!

▼▼お店外観▼▼
外観入口


●一級建築士事務所 アトリエ創
 http://www.atelier-soh.com/

●雑貨屋39
 http://ameblo.jp/39soh/

 一宮市木曽川町玉ノ井四ツ辻西
 電話0586-84-3551
 ※営業日はお店に確認下さい


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『大名古屋ビルヂングに166の無垢フローリング材が大集合!』
『オーダーキッチンのショールームで日替わりシェフのランチ』
『津島駅前にノコギリ屋根のアンティーク雑貨屋さん発見!』


テーマ:雑貨・インテリアの紹介
ジャンル:ライフ
このところ、30度を超す暑い日が続いていますね。
草野はその暑い中、連日外に出かけています。

先週の木曜は金城学院大の講義。

金曜はホームインスペクション(住宅診断)で
完成現場の床下に潜ったりしました。

床下は意外とひんやり涼しいのですが、
汚れ防止で雨合羽を着て潜るので、やっぱり暑い。
その日の夜は飲み会があり、ビールがおいしかった!

そして週末の土日は、三重県と名古屋市内の
ハウジングセンターにて、セミナーの講師。

その合間にご相談を受けたり、
家計のシミュレーション(キャッシュフロー表)を提出したり。


と、予定が詰まっていた関係で、お客様への対応も少々遅れ気味。

先週金曜日に行ったホームインスペクションの報告書は
ようやく先ほど取りまとめが完了し、ご依頼者へメール送付できました。

他にもメールのお問い合わせもお返事に3~4日かかり、
「体調など崩されていないかと心配しております」
なんてメールをいただいてしまいました。

お気遣いありがたい限りです!


でも、体調は問題ないのですが、若干寝不足気味なのは確か。

ゴールデンウィークはたっぷりお休みをいただきましたが、
そのあとは週2ペースの金城大学でのFP講義に
毎週末のセミナー講師と、かなりのハードスケジュール。

いたし方のないところですね。
そのハードスケジュールも今週いっぱいで山を越します!


・・・と長々と書きましたが、
このところブログ更新が滞り気味の言い訳理由でした!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『連休明けは、東海3県各地で家づくりセミナー連発!』
『束の間の休息』
『女子大での講義が終わってホッとひと息、のはずが・・・?!』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
昨日は、大手ハウスメーカーと商談中の方からのご相談で、
見積を見ながら金額が適正か?というお話が出ました。

見積を見てみると、確かに割高と思える会社もありました。


「大手ハウスメーカーは高い!」というイメージがありますが、
それは正解で、決して安さをウリにはしていません。

それが最近、ざっとこの1年ほど
さらに金額が上がってきている印象があります。

以前であれば3000万円程度で建つところ、
いまでは下手したら3500万円になっているとか。

ざっくり1~2割の上昇といったところ。


この傾向は1社だけではありません。

景気回復による建材価格や人件費の高騰
といった理由もあるのでしょう。

が、どうやらハウスメーカー各社の
営業方針の変更によるところが大きいよう。


以前のハウスメーカーは、
とにかく着工棟数を増やすことが一番の目標。

そのためには、多少どころか、状況によっては数百万円規模の
大幅な値引きも厭いませんでした。

(実際は、金額をふかしておいて値引きを大きく見せかける
 ケースもあったでしょうが)

が、少し前の消費税増税による反動、
もっと根本的には少子高齢化による着工棟数の減少で、
数の拡大は見込めなくなりました。

そこで数より質、つまり着工棟数を増やすのではなく、
1棟当たりの単価を上げる方向になったようです。


とはいっても、単に金額を上げるだけでは
賢くなった消費者はついてきません。

金額に見合った中身、つまり付加価値が必要になります。

例えば今回拝見した見積では、太陽光発電、
蓄電池、エネファームの3点セットがついていました。

これらの設備は合計で700万円ほど。
ただ、キャンペーンによる値引きで半額になります。

700万円もするものが350万円で買える、
これっておトク?!


確かに、設備の金額としてはおトクでしょう。

でも、建物本体などの金額と合計してみると、
決して安くはありません。

これらの3点セットは
絶対に無くてはならないというものではありません。

そこでコストを下げようと3点セットを外してみると・・・
かなり割高。建物本体の価格設定がかなり高いのです。

結局、客寄せの“値引きキャンペーン”で豪華設備を付けさせ、
1棟当たりの単価を上げようという営業手法なのでしょう。


もともと3点セットが欲しければまだしも、
そうでなければ価格的な優位性はありません。

何度も当ブログで書いていますが、
キャンペーンに踊らされず、自分にとって必要なものは何か、
冷静に判断するようにして下さい。

 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社の営業マン選びのコツ ○○が好きか?』
『“丼勘定”の一式見積の工務店との付き合い方』
『値引だけではない! ハウスメーカーとの交渉方法』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
本日、住宅相談センターのメールマガジン
『家づくりナビゲーション』のVol.180を発行しました。


巻頭の“家づくり豆知識”は、住宅相談センター代表・吉田の
「測量停止条件付契約」

『不動産の売買契約ではしばしば「停止条件付の契約」になる
 ことがあります。例えば「平成○年○月○日までに○○が実
 現しなかった場合は、本契約は白紙解約となります」という
 ような条件がついている契約のことを言います。契約締結時
 点では実現していないけれども、最終的に買主がこの不動産
 を購入するためには○○が実現しなければいけないといった
 場合に付ける条文です』

『よく使われる条文に「売主はその責任と負担をもって、この
 土地を資格ある測量士に測量させ、引き渡しの時までに確定
 測量図を買主に渡さなければならない」という条文がありま
 す・・・』


どんな内容かを解説しています。


他にも、
 ・第63回住まいづくりアカデミー開催
 ・春のライフプランセミナー 全5講座開講
 ・住まいづくりの第一歩セミナー
      愛知・岐阜・三重各地のハウジングセンターにて開催
 ・住宅相談センターのブログ 最近の記事から

といった記事があります。

メルマガ『家づくりナビゲーション』を購読希望の方は、
下記問合せフォームからお申込み下さい。

   >>>メルマガ申込フォームはコチラ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.179発行』
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.178発行』
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.177発行』

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
昨日・一昨はハウジングセンターでにて
セミナー講師&相談会の相談員で、
個別相談も5組お受けしました。

数年前に一度ご相談いただいていた方が、
広告を見て改めてご相談にお越しくださったり。

土地探しのこと、資金のこと、住宅会社選びのこと、
名義のことなど、いろいろなご質問をお受けしました。


わざわざ相談会にお越しになるくらいですから、
皆さまとても熱心で、いろいろとご質問いただきます。

特に驚いたのが、ほとんどの皆さまが
ノートを開いてご相談に臨んでいたこと。

草野の回答を逐一ノートに書き込んで下さいます。
素晴らしい!


家づくりのご相談の場では、話が盛り上がってくると、
話題があちこちに飛んでいきます。

草野としてもよりたくさんのことをお伝えしようとし、
いろいろ話し過ぎて何を話したかも忘れてしまうことも・・・

これ、相談者の側からすると、
何を聞いたか忘れてしまうこともあるでしょう。

でも、お聞きになったことをノートに記録しておけば、
後で振り返った時にもちゃんと分かります。


今回のご相談者たちも、皆さま、
とても参考になったとおっしゃっていただきました。

単に聞いて終わりではなく、ノートを読み返すことで
実際の家づくりの場でも活かしていただけることでしょう!

家づくりを進める時にも記録をしておけば、
見たこと、聞いたこと、言ったことが分かり、
「住宅会社選びの注意点って、なんだっけ?」
「あのキッチンって、どのモデルハウスで見たんだっけ?」
「この要望って言ったはずだけど・・・」
「何で間取りをこんな風に変更したんだっけ?」
といったことが無くなります。

ぜひ一冊家づくりを記録するノートをご用意ください。
誰でも用意できる、家づくりを成功に導くツールになりますよ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『お役に立っている! 可児にてセミナー&相談会してきました』
『LINEで、住宅会社との“言った、言わない”を防ぐ』
『「家づくりはあなたに任せた」は要注意?!』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ