マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

電話・メールでも相談し放題! 家づくり成功パック

住宅相談センターのご相談は、
ホームインスペクションなどで現場にお伺いする以外、
原則としてご相談者にご来社いただくようにお願いしています。

こちらからお伺いするとなると
どうしても時間や手間がかかってしまい、
コンサルティング料金が高くなってしまうからです。

また、お電話やメールだと、お互い状況が良く分からなかったり、
うまく伝わらないこともあるからです。


ただ、家づくりは決断の連続。
大きなこと、小さなことなど、さまざまな疑問が出てきます。

その都度ご来社いただくのも大変。

そこで、家づくりの最初から最後まで全てご相談いただける
「建築安心パック」「家づくり成功パック」といった
セットメニューでは、回数無制限でご相談いただけるほか、
お電話メールでのご相談もオーケー。

ちょっとした疑問もすぐに解決できるというワケです。


なぜセットメニューだと電話・メールのご相談もオーケーかというと、
何度もやりとりしているため、状況がお互いによく分かっているから。

建築安心パックで38万円、家づくり成功パックで68万円と
決して安いコンサルティング料金ではありませんが、
金額以上の安心感があると自信を持っています。


実際に、今パックメニューでご相談いただいている方からも、
土地探しのこと、建築計画のことなど
メールで何度もやりとりさせていただいていており、

「メールで何度もやり取りできること、
 相談できることがありがたいです。
 さっそくフル活用させていただいております」


とのコメントもいただきました。
上手にご活用いただいていますね!

住宅相談センターは、まさに家づくりの道先案内人。
何なりとご相談下さいませ!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『2日間で3件のコンサルティングお申込み!』
『家づくりは人生の岐路 的確な判断のために』
『住宅相談センターのチラシ4種リニューアル』



|  |-相談のご案内 | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フラット35は、金融機関によって“温度差”が大きい

昨日、ある金融機関にフラット35について問合せしたのですが・・・


草野 「弊社のご相談者が御行のフラット35をご検討されているので、
    手続きなどの確認をさせていただきたいのですが」


担当者「フラット35は住宅金融支援機構の商品なので、
     直接、住宅金融支援機構に書類を提出していただいています」


草野 「エッ? 御行が窓口になるのではないですか?」

担当者「当行も住宅金融支援機構に書類を送るだけなので、
     直接話をしてもらった方が早いので」


草野 「・・・・・・。」



思わず二度聞き直してしまいましたが、答えは同じ。

フラット35は住宅金融支援機構が元締めをしているので、
確かに最終的に住宅金融支援機構のもとに情報がいくのですが・・・

申込窓口は、あくまで各金融機関が担当するものなのです。

この担当者はフラット35の仕組みを理解せず、
間違った説明をしている?!


このケースは少し極端かもしれませんが、
同じようなことは意外と起こり得ます。

金融機関によってフラット35の位置付けが
“その程度”だったりするからです。


フラット35は債権の“証券化”という手法を使っているため、
ひとことで言ってしまえば、金融機関によっては
住宅ローンよりも儲けが少ないと捉えてしまうことがあります。

フラット35を貸すよりも自行の住宅ローンを借りてもらった方が
担当者の評価も上がるので、自ずと自行の住宅ローンとフラット35とでは、
担当者の商品知識に差が出てしまうというワケです。


そういう点では、“モーゲージバンク”と言われる
住宅ローン、特にフラット35専業の金融機関の方が、
フラット35の扱いには長けているでしょう。

また、モーゲージバンクでなくても、
フラット35に力を入れている金融機関もありますので、
そういった金融機関を通した方がスムーズと言えます。


ただ、フラット35に力を入れている金融機関が、
金利や手数料などの条件が良いとも限りません。

また、今回の問合せは4月にスタートしたばかりの新商品
“ダブル・フラット”についてということで、
取扱い金融機関が少ないのです。

金融機関としてはさらに馴染みがなくなるので、
対応が鈍くなるだけでなく、フラットそっちのけで
自行の住宅ローンの営業をされてしまうこともあります。

お客の借りたいローンより、金融機関の貸したいローンを勧められる・・・
住宅ローン選び、金融機関選びは、ナント難しいことでしょう?!


消費者の立場としては、
「金融機関の担当者はプロだから、
 商品についてちゃんと知っているのだろう」
などと思ってしまうでしょう。

でも、本来おかしなことではありますが、
フラット35は取扱い金融機関によって
温度差があるということを念頭に入れて話をするか、
ファイナンシャルプランナー等に相談することをお勧めします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『フラット35の審査に太陽光発電の売電収入が加算可能に』
『中古購入+リフォームのフラット35が本日スタート』
『金利が低い住宅ローンほど審査が厳しい?!』


|  |-住宅ローン選び | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二世帯住宅で賢く相続対策 セミナー開講します

昨日のご相談では、相続に関するお話しが出ました。

家づくりにあたって、将来の相続を前提として
名義や資金などの計画を考えたいということでした。


年配の方ならともかく、子育て世代の若い方からすると、
相続のことなんてずっと先だから関係ない、と思うかもしれません。

確かにそういう人もいるでしょうが、
親や祖父母の土地に家を建てたり、親と二世帯住宅を建てる、
また親や祖父母から資金援助を受けるといった場合は、
相続についても抑えておかないと、イザと言うときに困ることもあります。

今年から相続税が増税になり、
相続税がかかる件数が以前の2倍に
なると言われていますので、油断は大敵です!


ということで、相続や贈与も踏まえた家づくりのひとつとして、
二世帯住宅をテーマにセミナーを開講します。

皆さまのご参加をお待ちしています。



        ~ 第40回住まいづくりアカデミー ~
          6月28日(日)に八事にて開講!



家づくりの基礎から今すぐ使える裏ワザまで学べる住まいづくりアカデ
ミー。6月は講座プラス個別相談会を開講! 参加無料ですので、お気
軽にお越し下さい。

【セミナー】10:30~11:30
 『相続・贈与制度を有効活用!
            二世帯住宅で賢く相続対策』

  講師:住宅相談センター 主席コンサルタント・草野芳史
 二世帯住宅は、建て方一つで納める税金が大きく変わります。新築時
 の住宅ローン減税、すまい給付金、住宅取得資金の贈与税の特例、そ
 して相続時の小規模宅地の特例など、最新の税制や補助制度を活かし
 た賢い二世帯住宅の建て方をお話しします。

【個別相談会】13:00~15:00(うち1組30分程度)
 『住まいづくりコンシェルジュの無料相談カウンター』
  相談員:住宅相談センター 主席コンサルタント・草野芳史
 土地のこと、お金のこと、建築のこと、法律のこと、税金のこと等、
 家づくりの専門家が疑問にお答えします。これから家づくりをはじめ
 る方、家づくり進行中で壁にあたった方、お気軽にご相談下さい。

 【会 場】メ~テレ八事ハウジング センターハウス2階
       名古屋市昭和区八事本町16(無料駐車場、託児所あり)
 【参加費】無料(予約制)
 【問合せ】住宅相談センター
       0120-756-365(なごむ 365日)


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『“家族信託”でイザという時に備える』
『大好評!「二世帯住宅タイプ診断」 セミナー開講しました』
『住宅取得資金の贈与税の特例が延長・拡充へ 税制改正大綱案より』

| ◆セミナー・相談会情報 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恋愛と同じ?! 住宅会社への断り方

本日のご相談で、“住宅会社への断り方”
ついてのお話しが出ました。


住宅会社選びにあたっては、特定の1社だけで進めるよりも、
複数の住宅会社を比較して1社に決めることの方が多いでしょう。

そうすると必ず必要になるのが、
選ばなかった住宅会社への断りの連絡。

断る方も断られる方もお互い気まずいところ。

恋愛同様、二股をかけるわけにはいきませんので、
(二股かける人もいるって?!)
避けて通るわけには行きません。

そこで、気まずさを最小限に抑え、
お互いに気持ちよく関係を終わらせるポイントをお伝えします。
(って、恋人との別れ話っぽい?!)


まず一つ覚えておいて良いのは、
断る相手は仕事でやっているということ。

多かれ少なかれドライに割り切れますので、
断り方さえ間違えなければ、恋愛のように
断った相手がストーカーになるようなことはありません。


では、どのように断るのか。
ポイントは、理由を正直に伝えるということ。

例えば、金額が合わない、間取りが気に入らない、
保障が不安、時には担当者と合わないでも、
何でも構いませんので、正直に伝えましょう。

住宅会社としても、今回ご縁が無くても、
次の機会に活かすために断られた理由を知りたいのです。


ただ、正直に伝えると、「だったら値段を下げます」
などと食い下がられることも無くはありません。

条件交渉などの駆け引きをしたいなら別ですが、
すでに気のない住宅会社と話をしても、
状況がひっくり返ることはまずありません。

ダラダラ付き合うのはお互い時間のムダ。

多少強く出ることも必要ですので、
すでに他で決めたと伝えて、
バッサリ関係を終わらせてください。


やってはいけないのは、言いにくいからといって
時の流れに任せてウヤムヤにしてしまうこと。

相手は仕事ですので、ウヤムヤにしてくれません。

営業マンにはその気は無くても、
「あの客はどうなってるんだ」などと
上司からチェックが入り、定期的なお伺いがやってきたりして、
これまたお互いにムダな行為になります。


ちなみに、伝える方法は何が良いか?

電話、メール、直接会ってなど
色々ありますが、特に正解はありません。

それまでの連絡手段や、
関わった程度などによっても変わるでしょう。


ただ、丁寧に直接会って伝えたいという場合でも、
会っていきなり伝えるのは気まずくなるので
止めたほうが無難でしょう。

どうしても会って伝えたければ、
事前に電話やメールで断りを伝え、
詳しくは会って説明することにすれば良いでしょう。


ご縁が無かったとは言っても、プランや見積を提案してくれたり、
モデルハウスを見学させてくれたりと、その住宅会社も
あなたの家づくりに何らかの役に立ってくれたことでしょう。

家づくりのひとコマとしていい思い出にしたければ、
お互いに納得いくように断りたいところですね。

って、やっぱり恋愛の断り方と同じですね?!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『“ウチが信用できないのか?!”と逆切れする住宅会社』
『住宅会社との打合せ回数は、相性のバロメーター』
『住宅会社への予算の伝え方』



| ◆住宅会社選び | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月28日は各地で家づくりセミナー開講します!

住宅相談センターでは東海地方各地のハウジングセンターに
講師として呼ばれ、セミナーを行っています。

来週末の28日(日)はたまたま
愛知・岐阜3箇所のハウジングセンターで
セミナーを開講することになりました。

場所は、名古屋市八事、岡崎市、大垣市で、
テーマは二世帯住宅、住宅ローン、税制優遇と多岐にわたっています。

以下、ご案内いたしますので、
お住まいの場所やお聞きになりたい内容に合わせて
ぜひご参加下さい!



        ~ 第40回住まいづくりアカデミー ~
          6月28日(日)に八事にて開講!



家づくりの基礎から今すぐ使える裏ワザまで学べる住まいづくりアカデ
ミー。6月は講座プラス個別相談会を開講! 参加無料ですので、お気
軽にお越し下さい。

【セミナー】10:30~11:30
 『相続・贈与制度を有効活用!
            二世帯住宅で賢く相続対策』

  講師:住宅相談センター 主席コンサルタント・草野芳史
 二世帯住宅は、建て方一つで納める税金が大きく変わります。新築時
 の住宅ローン減税、すまい給付金、住宅取得資金の贈与税の特例、そ
 して相続時の小規模宅地の特例など、最新の税制や補助制度を活かし
 た賢い二世帯住宅の建て方をお話しします。

【個別相談会】13:00~15:00(うち1組30分程度)
 『住まいづくりコンシェルジュの無料相談カウンター』
  相談員:住宅相談センター 主席コンサルタント・草野芳史
 土地のこと、お金のこと、建築のこと、法律のこと、税金のこと等、
 家づくりの専門家が疑問にお答えします。これから家づくりをはじめ
 る方、家づくり進行中で壁にあたった方、お気軽にご相談下さい。

 【会 場】メ~テレ八事ハウジング センターハウス2階
       名古屋市昭和区八事本町16(無料駐車場、託児所あり)
 【参加費】無料(予約制)
 【問合せ】住宅相談センター
       0120-756-365(なごむ 365日)



        『あなたにあった住宅ローンはこれだ!』
          岡崎にて6月28日(日)に開講



  利息を含めると、時には家よりも高い買い物となる“住宅ローン”。
  少しでも有利な住宅ローンを借りるために必要な準備から銀行との
  交渉方法まで、実際に使える裏技を織り交ぜてお話します。

  ・日 時  6月28日(日)10:30~12:00
  ・場 所  岡崎中日ハウジングセンター
         岡崎市昭和町木舟25番地
  ・講 師  住宅相談センター 代表取締役・吉田貴彦
  ・その他  参加無料、予約制
  ・主 催  岡崎中日ハウジングセンター
         TEL 0564-32-6003



       『家と土地 “相続・贈与”のおトクな話』
          大垣にて6月28日に(日)開講



 今年1月の相続税増税で、相続税の対象が倍増すると言われています。
 相続で大きな割合を占める不動産には、相続税軽減に効果が期待でき
 る住宅取得資金の贈与税の特例、小規模宅地の特例のほか、住宅ロー
 ン減税、すまい給付金など多くの優遇制度が用意されています。そこ
 で、税理士がこれら優遇制度の注意点やおトクな活用法を解説します。

 ・日時    6月28日(日)10:30~12:00
 ・会場    大垣中日ハウジングセンター 事務局
         大垣市鶴見町435-1
 ・講 師   税金相談センター 税理士・山口知臣
 ・その他   参加無料、予約制
 ・申込み   住宅相談センター


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『大好評!「二世帯住宅タイプ診断」 セミナー開講しました』
『続・2017年までに家を建てる際の注意点は? セミナー開講しました』
『「FPが知っておきたい 住宅・不動産の最新動向」お話ししました』

| ◆セミナー・相談会情報 | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT