マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自営業だから住宅ローンは借りられない? なんてことはありません!

本日は、自営業者の方からの
「住宅ローンを借りられるのでしょうか?」
とのご相談が2組重なりました。


確かに、自営業者の方に対しては、
一般的に銀行の審査が厳しくなります。

でも、だからといって自営業だから
住宅ローンを借りられないと決まった訳ではありません。

むしろ、しっかりと対策を考えれば問題なく
住宅ローンを借りられる方が大半といっても良いでしょう。


自営業者の方がローンを借りられないのは、
公務員や会社員に比べて収入が安定しないため、
銀行としては返済能力を低く見るため。

それに加え、自営業の方は税金を抑えるために、
収入に対して経費を多く計上し、所得を低く抑えるため。

逆に言えば、安定収入が見込め、返済能力があると
見てもらえれば良いワケです。


今回ご相談いただいた方々は、
しっかりと所得を上げており、しかも事業も順調で
業績も年々上がったりしています。

銀行としては、住宅ローンだけでなく事業でも
取引できる可能性が出てくる訳で、
会社員よりも“貸したい相手”と言えるかもしれません。


結局は本業次第ということになりますが、
自営業だから・・・と諦めている方がいたら、それは早計!

そんなに本業の業績が良くなくても、
中には自営業に優しい銀行もあります。

諦めずに一度住宅相談センターにご相談下さい!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅ローンの申込にウソは厳禁!』
『住宅ローン選びで、銀行を決める前にやるべきこと』
『選択肢が増えた分、選ぶのが大変になった住宅ローン』


|  |-住宅ローン選び | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

親子の仲が良くなる二世帯住宅の建て方は? セミナー開催します

家づくりの基礎から今すぐ使える裏ワザまで学べる
住まいづくりアカデミー。

次回は5月31日(日)に、二世帯住宅をテーマに
メ~テレ八事ハウジングにて開講します。

今回は講座にプラスして個別相談会も開催!
参加無料ですので、お気軽にお越し下さい。



  親子の仲が良くなる! 二世帯住宅の建て方 セミナー&相談会
      5月31日にメ~テレ八事ハウジングにて開講!



【セミナー】10:30~11:30
『親子の仲がもっと良くなる! 二世帯住宅の建て方』
 講師:住宅相談センター 主席コンサルタント・草野芳史
  親子が助け合って暮らせる二世帯住宅は、ひとつ間違えば親子喧嘩に
  つながることも。間取りの考え方や家族の合意の取り方など、いつま
  でも親子が仲良く暮らせる二世帯住宅の建て方を解説します。自分た
  ちに合った住み分け方がその場で分かる「二世帯住宅タイプ診断」付。

【個別相談会】13:00~15:00
『住まいづくりコンシェルジュの無料相談カウンター』
 相談員:住宅相談センター 主席コンサルタント・草野芳史
  土地のこと、お金のこと、建築のこと、法律のこと、税金のこと等、
  家づくりの専門家が疑問にお答えします。これから家づくりをはじ
  める方、家づくり進行中で壁にあたった方、お気軽にご相談下さい。

【会 場】メ~テレ八事ハウジング センターハウス2階
      名古屋市昭和区八事本町16(無料駐車場、託児所あり)

【参加費】無料(予約制)
【問合せ】住宅相談センター
      0120-756-365(なごむ 365日)


| ◆セミナー・相談会情報 | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家事を快適にする、セルフビルドのアイデア二題

3回続けたIさま邸のお住まいのご紹介も、今回で最終回。

工務店の建築士の提案力や大工さんの職人技に支えられ、
満足のいくお住まいが出来ました。

が、家は完成して終わりではありません。

あくまで暮らす“器”が出来ただけで、
むしろ新しい暮らしが始まり、
しかも暮らし方も変わっていきます。

変わりゆく暮らし方に、いかに家を合わせるか
ということも、快適に暮らすポイントになります。


そのためには、暮らす人自身が住まいに手を加えることも必要。

欧米では普通の人がセルフビルドで家をいじるのは当たり前。
むしろ、購入した中古住宅に付加価値をつけて
売却することさえあります。

Iさまも、新居が完成してまだ数ヶ月ですが、
ご自身で手を加えていらっしゃいます。

ちょうどお邪魔したときにも、
ご主人がお庭で棚を塗装していたところでしたが、
その中から2つご紹介します。


まず一つ目がコチラ。

ユーティリティ(家事室)にある、
折り畳み式の作業台です。

▼▼作業台▼▼
作業台-1


壁付けで、使わないときは壁面に畳めるようになっています。

▼▼閉じた状態▼▼
作業台-2


工務店の監督さんに材料やパーツを教えてもらって、
ご主人が取り付けたそう。

高さや大きさは奥様のお好みどおり、
開閉の動きも実にスムーズです。


そしてコチラ。

同じくユーティリティにあるスロップシンク、
その上に取り付けた棚です。

▼▼スロップシンクの棚▼▼
スロップシンク


やはり奥様がネットで見つけた情報をもとに、
ご主人が取り付けました。

スロップシンクで洗い物をする際にモノを仮置きしたり、
洗いあがったものを乾かすのに使えます。

窓の前にありますので、窓を開けておけば
空気が流れて早く乾くというスグレモノ!

セルフビルドならではで、家事がより快適になりますね。


Iさま邸は、このように奥さまとご主人の
コンビネーションを活かしたこだわりが随所にあります。

まさに世界で一軒だけの我が家。

希望の土地を探して、こだわりの注文住宅を
お建てになりましたが、まさに注文住宅ならでは。

ここまでこだわることができたら、
新居での暮らしがより楽しくなりますね!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『台所の換気扇の交換』
『こだわりのライフスタイルを実現する“リノベーション”』
『なぜ日本人は中古住宅がイヤなのか?』



|  |-間取りとデザイン | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お洒落で使いやすい階段の手すり

前回に続き、こだわり満載のIさま邸からのご紹介。


家に求められるものは色々あります。
例えば“見た目”だったり“使い勝手”だったり。

でも、見た目が良くても使いにくかったり、
使いやすいけれど見た目が悪いなんてこともあります。

その見た目と使いやすさを両立させた好例がコチラ。
階段の手すりです。

▼▼手すり▼▼
手すり1


特徴的な8角形の木製。

見た目がナチュラルなだけでなく手ざわりも優しく、
円形に比べて握ったときに滑りにくい利点があります。

まさに、見た目と使いやすさが両立しています!


ただ、難点だったのが、取り付け方法
特殊な形状だけに、壁に取り付けるパーツが無いのです。

草野も建築中にご相談を受けましたが、しょうがないので
「工務店さんや大工さんに相談してみたらいかがでしょう」
とお返事しました。

そのアドバイスを受けたIさま、
工務店の監督さんに相談したところ、
大工さんが職人技で取り付けていただきました。

▼▼取り付け▼▼
手すり2


工務店の対応力と大工さんの技術力も素晴らしいです。

でも、工務店と大工さんの力を引き出したIさまの、
それまでの気配りも大きかった思います。

施主の想いと住宅会社の力量が
ピタッと重なりあっていいお住まいが出来上がりました!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『シンプル、かつスマートな畳コーナーの間仕切り』
『気になるコンセントの見せ方』
『デザインだけでよい?! 屋根の形』



|  |-間取りとデザイン | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

見た目スッキリ、お掃除ラクラクのトイレ

昨日に続き、こだわり満載のIさま邸をご紹介します。

設備や材料の進化でだいぶ良くなったとはいえ、
トイレはジメジメ、汚くなりがち。

でもIさま邸のトイレはひと味違います?!

▼▼トイレ▼▼
トイレ



写真を見て、何が違うか分かりますか?

ヒントは“ウォシュレット”。



・・・最近のトイレは
ウォシュレットや暖房便座など、快適な昨日が満載。

そのためには、電源やらアースやらが必要。

そう! Iさま邸のトイレには、
それら細々とした配線が見えないのです!


仕掛けはコチラ。
壁面にある“フタ”。

▼▼フタ▼▼
配線ボックス

この中に配線を隠しているというワケです。

▼▼配線ボックス▼▼
配線ボックス_開

これでゴチャゴチャした配線ともオサラバ!
スッキリ見えます!

しかも、単に見た目が良いというだけではありません。
ゴチャゴチャした配線が無いため、掃除もしやすくなるのです。


このアイデアは、Iさまがネットで見た
ブログから採用なさったとのこと。

そして写真をもとに仕掛けを考えたのが大工さん。
見事に納めていただきました。

ということで、トイレをスッキリ、キレイに見せる、
秀逸なアイデアでした!

Iさま邸のご紹介は明日も続きます。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『トイレのスイッチは中と外のどちらにつける?』
『2階にトイレや洗面を設けるなら、“PS”にご注意?!』
『不恰好なACアダプターはどう処理する?』


|  |-間取りとデザイン | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT