マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

住宅相談センターのコンサルティング料金の支払い方法について

本日は3組のご相談がありました。

うち2組の方からはコンサルティングや
ホームインスペクションのご依頼をいただきました。


住宅相談センターのコンサルティングは、
初回のご相談を除いて有料。

金額は、住宅ローンコンサルティングで5万円、
本日ご依頼いただいたホームインスペクションも1回あた5万円など。

ただ、インスペクションも回数が重なれば30万円近くになりますし、
本日もう一組の方からご依頼いただいた
「家づくりスタートパック」では、50万円にもなります。

そこで時々ご質問いただくのが、料金の支払い方法について。


住宅相談センターのコンサルティング料金の支払いは
基本的に前払いでお願いしています。

ただ、時には数十万円にもなりますから、
現金ではなく、銀行振り込みでお願いしています。


あまり多くはありませんが、家づくりスタートパックなど
値段の張るセットメニューをご依頼いただいた場合は、
分割払いなど、支払い方法のご相談も承ります。

家づくりを第三者に相談しながら進めたいという方は、
まずはお気軽にお問合せ下さいませ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『安心・スムーズ・おトクな住宅取得のために“建物購入パック”』
『住宅相談センターの案内チラシ作成してみました?!』
『「家づくりは、まずFPに相談」という時代がくる?!』


|  |-相談のご案内 | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホームインスペクションの中身は検査料金だけでは計れません?!

本日は、先日行った住宅診断(ホームインスペクション)
報告書を提出、ご説明しました。

今回行ったのは中古住宅の診断ですが、
3人がかりで3時間近くかけて行っただけに、
報告書は全部で56ページと、かなりの分量になっています。


住宅相談センターのホームインスペクションでは、
建物の中から外、そして敷地まで一通りチェックします。

目視でチェックするだけでなく、
建具やサッシ、収納扉などの可動部分はすべて動かし
上水道や排水、電気が使える場合は実際に使用して確認します。

さらに、目視では確認できない部分について、
 ・レーザーを使った床・壁のレベル測定
 ・赤外線カメラを使った断熱材の確認
 ・コンクリート・テスト・ハンマーを使った
  基礎コンクリートの強度測定
 ・鉄筋探査機を使った基礎配筋の確認

も行います。


ここまでが標準メニューですが、
今回はさらに詳しい診断をご希望ということで、
下記のオプションメニューもご依頼いただきました。

1)屋根裏・床下検査
 屋根裏や床下の状況を、実際に屋根裏に上がったり
 床下に潜って確認します。

2)防犯性能診断
 建物や周囲の状況をもとに、泥棒などに対する
 防犯性能がどの程度かを診断します。

3)地盤情報提供サービス
 近隣3か所の地盤調査データをご提供します。

ここまで確認すれば、築年数が古かったり図面等の資料が無くても、
かなりの精度で建物のコンディションが把握できます。

今回のご依頼者に報告書をご説明したところ、
「ここまで詳しく調べてもらって、とても助かりました」
と仰っていただきました。


ただ、これらすべてを行った場合、料金は107,000円になります。

実は最近、問合せをいただいたものの、他社より金額が高いため
住宅相談センターにご依頼いただかなかったケースも増えています。

一般の方にとっては“ホームインスペクション”なんて
馴染みのない言葉ですし、検査をするというだけでも
安心には違いありません。

でも、ここまで機材を揃え、防犯や地盤も含めた
詳細な検査を行う検査会社は、少ないのではないかと思います。
(すべての機材を揃えると、ゆうに100万円以上します)

さらにホームインスペクションの経験年数や検査件数も含め、
インスペクションをご依頼いただく際には、単に金額だけでなく
検査の品質などをトータルに見てご検討いただけると幸いです。


ちなみに、オプションをすべて外して最小限の診断で構わなければ、
戸建住宅で65,000円マンションなら50,000円から検査が可能です。

詳しくは、住宅相談センターまでお問い合わせくださいませ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『施工のエアポケット?! 意外と多い浴室の○○の施工ミス』
『安心・スムーズ・おトクな住宅取得のために“建物購入パック”』
『これは何する機械?! ホームインスペクション用機器導入!』


|  |-インスペクション事例 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家を建てたら生命保険の見直しを

本日は住宅ローンのご相談が3組ありました。

うち一組は、住宅ローンにプラスして、
保険相談センターの相談員と一緒に、
生命保険の見直しのご相談をお受けしました。

お子様も生まれ、まもなく住宅も完成するということで、
この機会に家計や保険を見直そうというワケです


通常、住宅ローンを組んで家を取得すれば、
自動的に団体信用生命保険(団信)に入ることになるので、
それまでよりも死亡保障が手厚くなります。

逆に、お子さまが生まれることで、
将来に向けて必要となる保障額も上がる可能性があります。

そのバランスが取れていれば問題ないのですが、
保障が足りなければイザという時に困りますし、
逆に保障が多すぎればムダな保険料を払うことになります。

将来どれだけの保障が必要かは
収入や支出、貯蓄などによって変わります。

そこで、家計の収支予測(キャッシュフロー表)を作成し、
必要な保障の推移を検証した上で、生命保険の検討をしたという次第です。


今回のように、お子さまの誕生を機に
住宅を取得するという方は、少なく無いと思います。

そんな時は、ぜひ家計の収支予測(キャッシュフロー表)を作成し、
生命保険の見直しも行うことを強くお勧めします。

ムダな保険料が削減できて、家計が劇的に改善することもありますヨ!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『家計の改善は現状把握から』
『八大疾病保障が無料?! 住信SBIネット銀行の住宅ローンはおトク?』
『生命保険も住宅ローンも各社各様・・・ 専門家に相談して選びたい』



| ◆マイホームの資金計画 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ届かぬGmail(お問合せいただいた方へ)

住宅相談センターでは、ホームページやお電話で
いろいろなお問合せをいただきます。

たいがいは「これから家づくりをしたいのだけれど、
何から始めればよいのでしょう」とか、
「どの住宅ローンが良いのでしょうか?」
といった前向きなご相談ばかりです。

ただ、時々トラブルになった方からのお問い合わせも入ります。


トラブルで多いのは「雨漏りしたけれど、
住宅会社が対応してくれない」といった建築後の不具合ですが、
先日ホームページからお問合せがあったのは、
「建築中に施工会社が倒産してしまった・・・」というもの。

これは深刻な事態、という訳で、
さっそくメールでお返事をしました・・・が、反応がありません。

いったいどうなったのか?!


実は、お問い合わせいただいた方のメールアドレスは
GoogleのGmail

Gmailは無料で使え、スマホやタブレット、PCと
複数の端末でメールを管理できるので、
草野も利用しており、知人でも利用している人が大勢います。
Gmailをお使いの方からのお問合せも結構多いのですが、
たいがいメールをお送りしても反応がありません。

そこで、確認のお電話をする訳ですが・・・

草野 「問合せありがとうございました。
    メールのお返事はご覧いただきましたか?」

問合者「エッ?! メールはいただいてませんが・・・」


ということで、確認していただくと
“迷惑メール”として処理されてしまっているのです。

いったい、なぜ??

住宅相談センターのドメインの
「@jutaku-sc.com」がいけないのでしょうか?

原因は分かりません・・・


まだお問合せの際に電話番号を記載いただいていれば
連絡のとりようもあるのですが、
メールアドレスのみのお問い合わせも少なくありません。

そして、先ほどご紹介した建築中に施工会社が倒産したという方も、
電話番号が記載されていません。

そのため、“迷惑メールフォルダ”を確認してもらえなければ、
連絡の取りようが無いのです。。。

コトがコトだけに、気になります。


という訳で、これまで当ブログや住宅相談センター宛に
お問い合わせいただいたものの、返事が無かったという方。

(特にGmailをお使いの方)

お問い合わせには必ずお返事をしております。

もし当ブログをご覧になっていたら、
「住宅相談センターは問合せを無視した。ケシカラン!」
などと思わず、一度迷惑メールフォルダをご確認いただくか、
直接住宅相談センター宛にお電話下さいませ。



 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅ローン借換診断スタート & 家計見直しキャンペーン実施中!』
『住宅相談センターのホームページが全面リニューアル!』
『パソコンなんとか復旧しました』



|  |-相談のご案内 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

住宅展示場はどうまわればいい? 八事と岡崎でセミナー開講します

すっかり暖かくなり、家づくりを始めようという方もいることでしょう。

そんな方にとって、オシャレなデザインや最新の設備満載の
モデルハウスを見られる「住宅展示場」は、絶好の情報収集場所。

でも、住宅展示場にはたくさんのモデルハウスはじめ、
確認すべき情報がいっぱい。
うっかりしていると情報に溺れてしまうことも・・・


そこで、これから家づくりを始めよう!という人向けに、
住宅展示場で見るべきポイントをお教えするセミナーを
今週日曜日に2会場で開講します。

コツを知ることが、効率の良い、そして楽しい家づくりの早道!
皆さまのご参加をお待ちしています。



     初めてでも安心!プロが伝授する住宅展示場の歩き方
         4月26日に八事と岡崎にて開講!



 モデルハウス見学は、事前の準備が重要! あなたの住宅会社選び
 を成功させるモデルハウスの効率的な見学の仕方を、ステップ順に
 伝授します。これから住宅会社選びをお考えの方、必見です!


◆八事会場 10:30~11:30◆
【講 師】住宅相談センター 主席コンサルタント・草野芳史
【会 場】メ~テレ八事ハウジング センターハウス2階
      名古屋市昭和区八事本町16(無料駐車場、託児所あり)
【参加費】無料(予約制)
【問合せ】住宅相談センター
      0120-756-365(なごむ 365日)

◆岡崎会場 10:30~12:00◆
【講 師】住宅相談センター 代表取締役・吉田貴彦
【会 場】岡崎中日ハウジングセンター
      岡崎市昭和町木舟25番地
      TEL 0564-32-6003
【参加費】無料(予約制)
【問合せ】住宅相談センター
      0120-756-365(なごむ 365日)


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『2017年までに家を建てる際の注意点は? セミナー開講しました』
『税制から金利まで、建て時を大胆予想! セミナーお話ししました』
『「あいち住まいるフェア」閉幕!  リフォームは怖い?!』


| ◆セミナー・相談会情報 | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT