マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.96発行

本日、住宅相談センターのメールマガジン
『家づくりナビゲーション』のVol.96を発行しました。


巻頭の“家づくり豆知識”は、住宅相談センター代表・吉田貴彦の
新築中の注意点(その14)「完成時1」

『いよいよ住宅が完成となると「施主検査」といって、工事を発注
 した施主さんが建物を検査する時間が設けられます。最終確認の
 意味がありますので、現場担当者も指摘された項目をしっかり控
 え、引き渡しのときまでにきちんと補修します』

『一般的にこのとき施主さんが注意するのはキズや汚れになります
 が、ホームインスペクター(住宅診断士)に検査を依頼した場合
 は、見えているところより隠れている部分を中心にチェックしま
 す・・・』


ということで、専門のインスペクターが
チェックするポイントをご紹介しています。


次が、住宅相談センターの一級建築士・川島勝久の
「住宅の省エネ基準の推移と今後」


『寒い日が続きますが、みなさんの家は暖かいでしょうか? 最近
 はゼロエネルギーとかCMで聞きますけど、まだピンときていな
 い方も多いかと思います』

『省エネ基準は年代に依って住宅政策も変わり、建てた年代に依っ
 て住宅のエネルギー燃費も変わっています。変遷としては昭和
 55年(旧省エネ基準)、平成4年(新省エネ基準)、平成11年
 (次世代省エネ基準)、そして、平成25年10月に施行され
 たのが平成25年基準です・・・』


ということで、具体的にどの程度変わってきたのかを解説しています。


他にも、
 ・太陽光発電電力等の固定価格買取制度の 見直し内容が発表
 ・総選挙終了! 住宅の優遇税制・補助制度はどうなる?!
 ・1月の住まいづくりアカデミーのご案内
 ・ライフプラン通信2014年冬号 発行しました
 ・東海地方の家づくりイベント情報
 ・住宅相談センターのブログ 最近の記事から

といった記事があります。

メルマガ『家づくりナビゲーション』を購読希望の方は、
下記問合せフォームからお申込み下さい。

   >>>メルマガ申込フォームはコチラ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.95発行』
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.94発行』
『住宅相談センターのホームページが全面リニューアル!』


|  |-家づくりメルマガ | 17:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嬉しいクリスマスプレゼント! ご相談者からのお言葉

メリークリスマス!
皆さまは、どんなプレゼントをもらいましたか?

今朝、草野家の子どもたちには
サンタさんからプレゼントがありました。


草野には、サンタさんからもらった以上に嬉しいプレゼントが。
先日ご初回相談にお越しいただいた方からのメッセージです!

『草野さんに相談させていただいたことで
 自分の頭の中がすっきりして、気持ちよく家づくりを
 進めて行けそうです。無料相談ですのでおこがましいですが、
 お伺いして本当に良かったと思っています』


嬉しいですね! お役に立てて光栄です!


また、住宅ローンのコンサルティング中の別のご相談者からも、
お電話にてこんなお言葉をいただきました。

『ハウスメーカーの担当者が、住宅相談センターは
 情報収集をしていてスゴイと言っていました』


ハウスメーカーの提案していた住宅ローンよりも
より条件のよい住宅ローンにお申込みいただいたので、
担当者さんからすれば本来面倒なことをしやがって!
と思いたくなるでしょうが、これも嬉しいお言葉でした。


さらに、先日の住まいづくりアカデミーの参加者が
本日ご相談にお越しになり、
『とても参考になりました。職場に来て住宅ローンの話をして欲しい』
とおっしゃっていただきました!


この仕事をしていると、良いことばかりではなく
色々なことがありますが、こういったお言葉をご相談者からいただくと
イヤなことも吹き飛びますね! ありがとうございます!

          * * *

草野家では、昨日は家族で北欧クリスマスストリートに行ったあと、
昨夜は自宅でクリスマス・ディナーでした。

カミさんお手製のフォカッチャはじめ、美味しい料理の数々!
家族揃ってクリスマス・ソングを歌って、ケーキを食べる。

ささやかながら幸せなひとときでした。

▼▼クリスマス・ディナー▼▼
ごちそう

フォカッチャ

ケーキ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅相談センターに相談するのはどんな人?』
『ご相談者宅訪問 桑名市Oさま邸』
『愛知県KK様からコンサルティングのアンケートいただきました』



|  |-相談事例 | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

“TRAVELLERS in 北欧クリスマスストリート”に行ってきました

本日、水曜日は住宅相談センターの定休日、
そして子どもたちも冬休み。

ということで、家族揃って名古屋市中区で開催中の
“TRAVELLERS in 北欧クリスマスストリート”に行ってきました。

草野夫婦は、新婚旅行で北欧に行ったという、北欧好き
と言っても、北欧に行ったのは後にも先にもその一度だけ。

北欧が日本、それも名古屋にやってきてくれたということで、
しかもクリスマス・イブに家族の都合が合ったということで、
さらにムーミンまでやってくるとあっては、行かないワケにいきません!


会場は、ナディアパークのお膝元・矢場公園。

“TRAVELLERS”という企画は、
「日本で世界を疑似体験するイベント」で、
北欧クリスマスストリートはその第一弾。

「いつもの公園に、本物の北欧がやってくる」がコンセプトでです。

▼▼場内案内版▼▼
案内板


東西と南北に貫くメインストリートを中心に、
小モノ・雑貨ショップや、飲食店のテントが立ち並びます。
ちなみに右手にそびえるビルがナディアパーク。

▼▼メインストリート▼▼
メインストリート


さすが“本物の北欧”と謳うだけあって、
単なるテントもムーミンの家のようなとんがり屋根で、
壁面の絵も北欧チック!

▼▼Cafe Aalt▼▼
テント_Cafe Aalt

▼▼Lisa Larson`s Fatastiskt Market▼▼
テント_Lisa Larson


ちなみに、二つ目のテントはリサ・ラーソンのショップ。
他にも10ほどのショップで、雑貨や小物などが販売されています。

こちらはテキスタイルが並ぶ、kauniste(カウニステ)。
北欧テイストがムンムンです!

▼▼kauniste▼▼
kauniste


こちらはcost(コスト)の帽子。
とっても可愛らしい!

▼▼cost▼▼
cost


色遣いがはっきりしているのに、
オシャレで可愛らしいのは、やっぱり北欧センス!

見ているだけで楽しくなります!

鍋

メラミンのお皿

小モノ


見るだけでなく、食べ物のいろいろ。

こちらはFiskeriet(フィスケリエ)のフィッシュ&チップス。
タラのフライがとっても美味しかった!
このボリュームで嬉しい600円。

▼▼フィッシュ&チップス▼▼
フィッシュ&チップス


こちらはKahvira Suomi(カハヴィラスオミ)のシナモンロール。
草野もDVDを持っている、映画かもめ食堂の舞台として有名です。

▼▼シナモンロール▼▼
シナモンロール


こちらはSanna`s Christmas Cafe(サンナズクリスマスカフェ)の
ハートワッフル。1皿2枚にクリームとジャムがついて300円です。

▼▼ハートワッフル▼▼
ワッフル


そして! 子どもたち待望のムーミン!

こちらはちょっと小さなムーミンの家。

▼▼ムーミンの家▼▼
ムーミンの家


そして、ムーミン・ファミリー登場!
記念撮影には行列が並んでいました。

▼▼ムーミン・ファミリー▼▼
ムーミン


と、2時間近く滞在した北欧クリスマスストリート。

家族それぞれ楽しみましたが、
特に満足だったのはカミさんだった模様。

歩きつかれて、帰りの電車の中で一同居眠りしました。


ちなみに、この北欧クリスマスストリートは、今月28日までの開催。
北欧好きだけでなく、カップルや子ども連れでも楽しめますよ!

   >>>TRAVELLERSのHPはコチラ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『アートな温泉! アクアイグニス』
『アンティークなイス、椅子、いす! 津島駅前くらっせさんにて』
『オシャレな雑貨と家づくりのイベント開催中!』


|  |-管理人のひとりごと | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フラット35借りるなら、やっぱり“S”でしょ!

昨日は、住宅金融支援機構さん主催の
ファイナンシャルプランナー向けの勉強会に参加しました。

テーマはフラット35の技術基準について。

フラット35は昔の公庫融資の流れを汲むため、
融資対象の建物には一定の仕様であることを求められており、
その内容の解説でした。


その内容を端的にいうと、フラット35の技術基準は、
最低レベルである建築基準法に
“耐久性”に関する規定を追加した程度。

そういう点で、フラット35の融資を受けるためには
何か特殊なことをする必要があるというワケではありません。

0.3%の金利引下げを5~10年間受けられるフラット35Sにしても、
長期優良住宅や低炭素住宅の認定を受ければ対象になりますし、
認定住宅でなくても耐震等級3を取ればOK。

住宅会社は認定を取る手間やコストがもったいないので
住宅ローンフラット35でと言うと嫌がることがあるかもしれませんが、
思ったほど手間もコストもかかりません。

(大手ハウスメーカーなら、標準仕様で
 10年間0.3%引下げのフラット35SのAプランでいけます)

実際に、フラット35の利用者の内、
8割以上がフラット35Sを利用しているとのこと。


まもなく国の緊急経済対策の一環として、
フラット35Sの金利引下げ幅が0.3%から0.6%に拡大される見込み。

そうすると、当初5~10年間の金利は、
12月の水準だと返済期間35年でが0.96%、
返済期間20年ならナント0.69%になります。

別途、団体信用生命保険の特約料がかかるとは言え、
ヘタな銀行の変動金利や10年固定金利並みの水準。

記録的な低金利で、フラット35は過去最低金利を更新中で、
いまの日本の10年モノ国債の利回りを見ていると、
新年にかけてさらに金利が下がりそうな情勢。

2015年はフラット35がアツい年になりそうですが、
同じフラット35を借りるなら、やっぱり“S”でしょ!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『選択肢が増えた分、選ぶのが大変になった住宅ローン』
『2014年12月の住宅ローン金利 ~銀行によって対応分かれる~』
『緊急経済対策でフラット35Sの引下げ幅が拡大?!』



|  |-住宅ローン選び | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

20代独身の家の買い方

昨日はマンション購入のご相談がありました。

ご相談者は、まだ20代の独身男性。
その年で家の購入を考えるとは、
なんとしっかりした人生設計をお持ちなのでしょう!

と、20代をチャランポランに過ごした草野は思ってしまいました。


それはともかく、もし自分が20代で独身だったらどうするか、
なんてお話しもしてしまいました。

当時は給料は安かったものの、一人暮らしでしたので
それなりにお金にも余裕がありました。

いまの暮らしと比べると、もう少し倹約していれば
もっとおカネが貯まっただろうに、と思います。

また、すぐに結婚する気も無く(←結婚相手がいなかっただけ?!)、
10年ほど気ままな独身生活を続けました。

すると、10年間に支払った家賃総額は600万円以上!
いま建築・不動産業界に身を置いていると、
安い中古マンションが買えたかも?!と思ったりします。


さすがに数百万円で買える中古マンションは、
築年数が古かったり、ワンルームや1LDKなど狭い物件ばかり。
とてもではないけれど一生住めるものではありません。

ただ、それなりに貯蓄もあったので、
仮にローンを組むにしても、毎月5万円も返済すれば
10年やそこらで返済も終わります。

低金利の今なら、700万円を借りても毎月6万円出せば
10年で完済です(変動金利0.7%の場合)。

しばらくは独身生活を続けるつもりでしたから、
ポンッと買っても結婚までは住み続けられそう。

結婚しても、子どもが生まれるまではそこに住んでも良いですし、
子どもが生まれて引越しすることになったら、
賃貸ししても良し、いっそのこと売却しても良し。

値上がりして売却益でウッホッホ!なんてことは期待できませんが、
支払った(つもりの)家賃が少しでも戻ってくれば御の字。


さすがに40を過ぎ、子ども二人を抱えて
そのような投資をするのはリスクを感じてしまいます。

でも20代の独り身だったら多少のリスクなど気にせず、
資産形成が出来たかなぁ、と今になって思うのです。


20代独身だと、仕事にしても結婚にしても、
不確定要素が多すぎます。

転勤や転職する可能性もあるでしょうし、
結婚相手によって住む場所が変わる可能性もあります。

そういう点では、まだ住む場所を確定するには
早すぎるかもしれませんし、
生活の変化に合わせた柔軟性も欲しいところ。

それでも家賃がもったいないから家が欲しいというのでしたら、
当面自分が住むためのマンションを中古で
買うというのも一つの方法でしょう。

若者特有のおカネの無駄遣いを防ぎ、
将来への選択肢が広がったかも・・・などと
四十路を越したおじさんは思うのでした。

(なんだかジジ臭いブログになっちゃった?!)


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『新婚だからこそ! ライフプランとキャッシュフロー表のご検討を!』
『中古マンションのチェックポイント』
『中古+リノベーションの注意点』


|  |-家の買い時はいつ? | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT