マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一つの部屋で色々な用途を兼用するという考え方

本日は、ご要望のとりまとめのご相談がありました。

ただ、これまでのご要望をもとに「ボリュームプラン」を
作成してみたものの、ご希望の部屋数は取れそうにありません。

そこでお話ししたのが、一つの部屋を
いくつかの用途で兼用するということ。


例えば、リビング・ダイニング。

リビングはテレビを見るなどくつろぐところ、
ダイニングは食事を取るところ。

それぞれ用途が違えば部屋のつくりも変わってきます。

敷地や予算に余裕があれば、
別々の部屋を作っても良いでしょうが、
時にはそれだけの広さが確保できないこともあります。

そんな時は、ダイニングテーブルを大きめにし、
食事後にそこでくつろげるようにすることで、
リビングのスペースを節約するという考え方もあります。

もしくは、家族揃って食事をする機会があまりなければ、
普段の食事はキッチンに設けたカウンターでとり、人数が揃ったときだけ
リビングにテーブルを出すという考え方もあります。

リビングを畳敷きにすれば、まさに昔の茶の間のように
ちゃぶ台を出せば食事が取れるスペースに早変わりとなります。


リビング・ダイニング・キッチンなどという既成概念から離れ、
いらないモノはないか、一緒にできるものはないかと考えてみると、
自分たちの暮らしに合ったカタチが見えてくるかもしれませんよ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『平面図だけで間取りは分かりません。展開図も確認を』
『“新居で一番やりたいこと”から家のイメージを広げるという方法』
『楽しい楽しい、ボリュームプランづくり?!』


|  |-間取りとデザイン | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無用なトラブル防止には“議事録”を!

本日は、岐阜県可児市のハウジングセンターで
家づくりセミナーの講師をしました。

テーマは『コンサルタントが見た!
家づくりに成功する人、失敗する人』


これまでにご相談で見聞きした事例をもとに、
どうすれば家づくりが成功するかの傾向と対策をお話ししました。


大きく10のポイントに分けてお話しをしたのですが、
ハウジングセンターの事務局の方からは
「とても参考になりました」と言っていただきました。

また、参加者の方からは、途中や終了後に
いくつかご質問をいただき、盛り上がりました。

その一つが、住宅会社との打合せの「議事録」を残すということ。


家づくりでは、決めることが多岐にわたります。

検討するのに期間もかかるため、一度決めても
後から変更するということが珍しくありません。

その間、打合せで変更したことが、図面や見積に
反映されていなくてトラブルになるということもあります。

記録が残っていなければ、「言った、言わない」
不毛な争いになってしまうことも・・・


そんな時に議事録があれば、白黒がハッキリします。

草野が見聞きした中でも、議事録が残っていたおかげで
住宅会社が施工をやり直してくれた事例もあります。

実は、今回のセミナーの参加者の中に、
住宅会社と「言った、言わない」のトラブルになった方がいて、
議事録の必要性をお話ししたら、強く同意なさっていました。


大手ハウスメーカーなら、カーボン複写式の議事録を
その場で渡してくれたりします。

中小の工務店の場合は、会社によって対応が全く違います。
どうしても住宅会社の対応が心許ないときは、
自分たちで議事録を作った方が良いかもしれません。


セミナーの中では、議事録にはどんなことを書けば良いのでしょうか?
とのご質問がありましたが、そんなに難しく考える必要はありません。

 ・日時
 ・参加者
 ・議題
 ・決まったこと
 ・要検討として持ち越されたこと
 ・今後の予定


などで、参加者の署名と押印があれば申し分ありません。

議事録は“自己防衛”の意味も当然ありますが、
自分たちにとっての備忘録の意味もありますし、
家づくりの思い出にもなります。

ぜひ議事録などの記録を残すことをお勧めします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『急がばまわれ! 家づくりには時間を空けることも必要』
『“聞いていなかった”“知らなかった”とならないために』
『家づくりの資料や図面はファイリングしましょう!』


| ◆住宅会社選び | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

隣家への配慮 ~窓~

昨日は、住宅会社と商談中の方からのご相談で、
図面を拝見しながら、間取についてのお話しをしました。

図面を見る際は、色々なポイントがあります。
例えば、昨日のお話しに挙がったのは“窓”


部屋の位置や用途によって窓の位置や大きさ、
形は変わりますが、それだけではありません。

窓からは外が見えますが、その先にあるもの、
隣家との関係でも窓の位置や形は変わってきます。


もし、ダイニングテーブルから見える先に、
隣家のダイニングの窓があったら。

ダイニングテーブルに座ったもの同士、
目が合ってしまうかもしれません。

寝室の窓から外を眺めたら、隣家の寝室が丸見えだったら。
隣家からすれば、気持ちの良いものではありません。


民法にも次のような規定があります(民法 第235条)。

 1.境界線から一メートル未満の距離において他人の宅地を
   見通すことのできる窓又は縁側(ベランダを含む。次項に
   おいて同じ。)を設ける者は、目隠しを付けなければならない。
 2.前項の距離は、窓又は縁側の最も隣地に近い点から垂直線に
   よって境界線に至るまでを測定して算出する。


法律を持ち出すまでも無く、マナーとして
後から家を建てる側が配慮する必要があるということです。


そのためには、まず隣家のことを知る必要があります。

そして、もし予定する位置の目の前に隣家の窓があるようなら、
下記の様な対策を立てることになります。

 ・位置を左右にずらす
 ・位置を上下にずらす
 ・窓を設けない
 ・ガラスを半透明のすりガラスにしたり、目隠しをつける
 ・窓の形状を変える



隣家とは長いお付き合いになりますし、
工事中は音や振動、臭い、人の出入りなどで迷惑をかけます。

無用なトラブルを避け、良好なお付き合いが出来るよう、
プランの検討段階から気をつけるようにしましょう。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『平面図だけで間取りは分かりません。展開図も確認を』
『契約前に忘れずに確認しておきたい“雨戸(シャッター)”』
『内から外、外から内・・・ 部屋と庭のつなげ方』

|  |-間取りとデザイン | 16:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

楽天銀行が住宅ローンを新規取扱開始

楽天銀行といえば、ソニー銀行や
住信SBIネット銀行と並ぶ代表的なネット銀行。

住宅ローンの分野では、フラット35で業界最低金利
かつ低料金の手数料を誇っています。


その楽天銀行が、11月21日から
フラット35以外の住宅ローンの取り扱いをスタートしました。
その名も「楽天銀行住宅ローン(金利選択型)」

“金利選択型”というのは「返済期間中、固定金利と変動金利を
何度でも選択できる」
ということで、「ライフステージや
返済計画に合わせて金利タイプを選択可能」ということを
前面に押し出したネーミングとなっています。

ネットバンクの住宅ローンは、
全般的に金利の低さや手数料の安さを謳っていますが、
楽天銀行の場合はどうなのでしょうか?


まず、金利タイプは変動金利と、期間固定選択タイプの
2年、3年、5年、7年、10年となっており、長期固定については
従来通りフラット35で対応ということのようですね。

金利は、変動金利で1.018%、10年固定で2.011%ですが、
これは返済口座を他行にした場合で、楽天銀行を返済口座に指定すると
0.3%の優遇となり、変動金利だと0.718%になります。

団体信用生命保険(団信)は無料で事務手数料は
定額の31.5万円(消費税込み)ですので、変動金利タイプで
楽天銀行を返済口座に指定すれば、魅力ある商品と言えます。


返済方法は元利均等返済と元金均等返済から選べ、
繰り上げ返済手数料は100万円以上からで無料となっています。

面白いところでは、連帯債務者も団信に加入できる
「夫婦連生型団体信用生命保険」が、
金利に0.2%上乗せで利用できます。

また、諸費用や中古住宅購入+リフォーム資金も
融資の対象になる点も、融通が利きやすいと言えます。


では、商品名にもなっている「金利選択型」はどうか。

「返済期間中、固定金利と変動金利を何度でも選択できる」
と謳っていますが、自由に選べるのは変動金利で返済中
固定期間が終了したときだけ。

当然ながら固定金利期間中は
金利タイプを変更することはできませんので、
特にとりたてて強調するほどのものではありません。


楽天銀行を選ぶのであれば変動金利タイプになりそうですが、
他のネットバンクと比べてみるとどうでしょう?
気になるので比較してみました。
(11月の金利、各行団信と保証料は無料)

 楽天銀行   金利0.718% 手数料31.5万円
 住信SBI  金利0.698% 手数料 融資額の2.1%
          ※団信は8大疾病付
 ソニー銀行  金利0.899% 手数料4.2万円
        金利0.599% 手数料 融資額の2.1%


楽天銀行は手数料が31.5万円とはいえ定額なので、
借入額が多い場合はより有利になりそうです。


来年3月31日までに新規で借り入れると、
1か月分の利息相当額の楽天スーパーポイントを
プレゼントするというキャンペーンも実施中。

普段、楽天をよく利用する人にとっても、
なかなか面白い商品と言えるかもしれません。

特に、変動金利タイプでは有力な候補に挙げられ、
金利を含めて銀行間の競争も激しくなりそう。
借りる側からすれば、歓迎すべきことと言えますね。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『これから注目の住宅ローンは長期固定金利と中古住宅向け?!』
『住宅ローンの金利優遇と給与振込み先の変更』
『長期金利上昇による住宅ローンへの影響は?』


|  |-住宅ローン選び | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週末は岐阜県内2箇所のハウジングセンターでセミナー開催

今週末は、岐阜県内のハウジングセンターにて、
住宅相談センターのコンサルタントが講師となって、
家づくりのセミナーを開催します。

会場は可児市と大垣市の2箇所。
下記の通り、他にも楽しいイベントが盛りだくさん!

 ◆中日ハウジングセンター可児会場
  ・仮面ライダー鎧武ショー
  ・大阪名物イカ焼き 移動販売
  ・クイズラリー抽選会

 ◆中日ハウジングセンター大垣会場
  ・ふれあい動物園
    ポニーの花馬車
    ケヅメリクガメの背中に乗って記念撮影
    ヤギ・ヒツジのエサやり体験

普段、名古屋・栄までお越しになれないという方は、
ぜひ、この機会にご参加下さいませ。



  『コンサルタントが見た! 家づくりに成功する人、失敗する人』
    11月24日に中日ハウジングセンター可児会場にて開講



 家づくりの進め方は人それぞれ。満足の家が建った人もいれば、トラ
 ブル続きだったり、中には欠陥住宅になってしまった人もいます。そ
 の違いはどこにあったのか、実例をもとにお話しします。

 ・日 時 11月24日(日)10:30~12:00
 ・会 場 中日ハウジングセンター可児会場 事務局
       可児市下恵土字針田4100
 ・講 師 住宅相談センター 主席コンサルタント 草野芳史
 ・その他 参加無料、予約制

   >>>セミナーの申込みはコチラから



 『基礎からわかる住宅ローン ~住宅ローン減税とすまい給付金~』
    11月24日に中日ハウジングセンター大垣会場にて開講



 マイホームの購入・新築を検討の方にとって、住宅ローンの知識は不
 可欠。今回は、消費税増税に伴う負担軽減措置について、その内容や
 効果、活かし方を中心にお話しします。

 ・日 時 11月24日(日)10:30~12:00
 ・会 場 中日ハウジングセンター大垣会場 事務局
       大垣市鶴見町435-1
 ・講 師 住宅相談センター 代表取締役 吉田貴彦
 ・その他 参加無料、予約制

   >>>セミナーの申込みはコチラから


| ◆セミナー・相談会情報 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT