マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

細かな単価の値引き交渉は有効か?

昨日・今日と、住まいづくりアカデミーを開講しています。

夏休みもまもなく終わりということでか、
受講者数はこれまでのアカデミーの中では最少レベルですが、
少人数のよさで講義中にもたくさんのご質問をいただいています。


昨日の講座は「資金計画」と「コストダウン」ということで、
こんなご質問がありました。

「見積の中の項目で、ネットや量販店よりも高いものがあれば、
 それを引き合いに値引き交渉は出来るのでしょうか?」


値引き交渉の常套手段ですよね。

建売住宅やマンションで、追加オプションなどの金額については、
そのような交渉方法も有効かもしれません。

でも、注文住宅においてこのような交渉方法は
基本的にお勧めしません。


というのも、確かにその建材については他社の方が安かったとしても、
すべての建材がそうとは言えないからです。

住宅会社は建材の取引量によって仕入れの掛け率が変わるため、
建材、もしくは建材メーカーによって得意・不得意があります。

そのため、不得意な分野の価格だけを見て交渉されても、
住宅会社としてはあまり良い気分はしませんし、
仮に、その建材については値引きしてもらったとしても、
他の建材で上乗せされてしまっては、意味がありません。


また、注文住宅の見積と言うのは、決まった書式があるわけではなく、
住宅会社ごとに独自の書式で作られています。

建材の仕入れ価格も、定価で記載されていることもあれば、
実際の掛け率を反映させた仕入れ価格で記載されていることもあります。

さらに、建材価格に手間賃を含む場合もあれば、
建材と施工手間を別に計上している場合もあり、
さらに建材価格や施工手間に利益を乗せていることもあれば、
利益は諸経費として別に計上されていることもあります。


建築家に設計を依頼して、住宅会社を見積競争で選ぶ場合などは、
建築家がすべての単価を査定して、高ければ交渉したりしますが、
一般の方にはそこまで精査することは難しいでしょう。

ですので、著しく高いと思われる場合は別として、
多少の金額の差であれば目くじらを立てず、
トータルでいくらになるかを中心に見るのが現実的でしょう。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社の見極め法 都合の悪いことを教えてくれるか』
『“決算値引き”駆込み契約のチェックポイント』
『建築工事の支払条件は、資金計画に合わせて交渉できる』


| ◆住宅会社選び | 12:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

消費税増税前の駆け込み契約でも、安心して契約するために

今朝は何だか涼しいなと思ったら、8月も終わり、もうすぐ秋ですね。

今週は、まもなく月末だからか、
この週末に契約や重要な打合せを控えた方からのご相談が重なりました。

本日の住まいづくりアカデミー終了後の個別相談でもそうでしたし、
昨日・一昨日と二日続けて、夜、お仕事帰りにご来社いただきました。
緊急ということで平日夜間のご相談になることが多いのですよね。

ちなみに、住宅相談センターの営業時間は夜18時までですが、
あらかじめお電話いただき、コンサルタントの予定が空いていれば、
18時以降のご相談でも大歓迎です!


契約直前のご相談というと、たいがい
 ・図面などの内容に問題ないか?
 ・金額は妥当か? もっと値引きできないか?
 ・契約上の不備や注意点はないか?
 ・そもそもこの住宅会社と契約してよいものか?

といったご質問が中心となります。

皆さま、それまでに住宅会社から提出された資料をお持ちいただきますが、
資料が多いほど、詳しくアドバイスすることができます。

逆に言うと、資料が少ない場合は、詳しいアドバイスが
出来ないだけでなく、契約を判断するための材料が足りず、
そもそも契約自体が時期尚早という場合もあります。

そのような場合は、何が不足しているかを具体的にお伝えし、
その資料を契約前に住宅会社に提出してもらうように
アドバイスすることになります。


実は、これから9月末にかけて、消費税増税前の駆け込み契約が
増えるだろうと考え、明日の住まいづくりアカデミーでは
「これで安心! 契約時のチェックポイント!」を開講するのですが、
時期がよくないのか、思いのほか参加者が少人数になっています。

そこで、ただいま契約に向けて大詰めの方に向けて、
どんな資料が揃えば契約に臨んで良いのかを、ご紹介しておきます。


1)図面
 当然ですが、まずは建物の図面です。
 これは、平面図(間取)だけではなく、最低でも立面(外観)
 配置図(外構)も必要。さらにできれば、断面図(矩計図)や
 各部屋の展開図などもあれば言うことなしです。

 また、図面に付随して、仕上表も必ず用意してもらって下さい。
 仕上表には、使用する仕上材のグレードや、住設機器の型番などが
 記載されています。仕上表がないと、具体的にどのような
 グレードの建物ができるかが分かりません。


2)見積
 建物本体の見積だけでなく、オプションや付帯工事、
 さらには諸費用も含めた資金計画書も必須です。

 資金計画書がないと、総額でいくらかかるかが分からず、
 契約後に増額して予算オーバーになることがあります。


3)契約書
 金額や工期、支払い条件が記載された契約書と、
 契約内容を詳細に記載した契約約款がセットになっています。

 約款は非常に細かくて全てを見るのは難しいかもしれませんが、
 施工不良への対応や契約内容の変更、工期の遅れ、
 解約時の取扱いといったトラブル時の取り決めは、
 特にしっかりチェックしてみて下さい。


詳しくは明日の住まいづくりアカデミーにてお話ししますが、
いきなり明日といわれても参加できないヨ!
という方は、個別にご相談下さい。

初回、1時間程度のご相談なら無料で、
詳細な内容チェックをご希望なら52,500円で
資料を拝見いたします。


土地などの売買契約と違って、注文住宅の工事請負契約は、
契約までの打合せや期間をたっぷりとることが出来ます。

契約後のトラブルを避けるためにも、
出来るだけ上記の資料を揃え、内容を確認し、
時には内容を修正してもらった上で、契約に臨むようにして下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社を決めるということは、希望の家づくりを再確認すること』
『よい住宅会社選びのために、まずやるべきこと』
『工事請負契約約款 参考雛形の入手方法』


| ◆住宅会社選び | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

設計と施工を受ける工務店 施工のみを受ける工務店

昨日は、住宅会社選びについてのご相談があり、
その中で工務店についてのお話しが出ました。

工務店とひと口に行ってもその中身は千差万別ですが、
大きなくくり方として、設計と施工をどのようにやるか
というものがあります。

実は、ここを見誤ってしまうと、
工務店だから家を建ててくれるだろうと思って門を叩いてみたら
門前払いにあう、何てことも起こり得るのです。


通常、工務店だけでなくハウスメーカーも含めて、
設計と施工を一社で行うのが一般的。

でも、中には自社では設計をせず、
もっぱら外部の建築家が設計した物件を競争見積で受注し、
施工のみを行うという工務店もあります。

そういう工務店は自社で設計を行なわないだけでなく、
一般の消費者向けに営業をする訳でもありません。

ですので、直接家づくりの相談に行っても、
門前払いということはないでしょうが、
知合いの建築家を紹介されたりするかもしれません。


このような施工専門の工務店は、
普段、建築家が設計する難易度の高い住宅に慣れているため、
施工能力も高いのが一般的。

ただ、その分、ローコスト住宅はあまり得意とは言えないので、
「工務店だからハウスメーカーより安く建てられるだろう」
と思って話をしても、ちぐはぐなことになりかねません。


ちなみに、施工専門の工務店という点では、
ハウスメーカーなどの下請け専門という工務店もあります。

こういう工務店は、値段も比較的安いことが多いですが、
顧客対応は元請けがを全てやってくれるため、設計力だけでなく、
資金や土地など、施工以外のフォローも弱い可能性があります。


実際のところは、施工専門の工務店に
一般の人が家づくりを頼むということはほとんどないでしょうが、
そのような工務店が親戚や知人にいるということはあるでしょう。

話の成り行きで、そのような工務店に頼むこともになりそうなときは、
少し冷静に考えた方が良いかもしれませんよ。


(中には、自社での設計施工と、外部の建築家の物件の施工の
 両方を行う工務店もあります)


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社を決めるということは、希望の家づくりを再確認すること』
『社員建築士と外部建築士 どちらに設計して欲しい?』
『建築家住宅の施工会社の選び方』


|  |-工務店 | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生がもっと楽しくなる 男の秘密基地!

本日、書店で本を眺めていて目に留まったのが、コチラの本。
雑誌「Goods Press」の9月号です。

▼▼Goods Press▼▼
表紙
※Goods Pressさんのホームページはコチラ


表紙の写真は、レトロな旧車と壁一面の工具。
そして「人生がもっと楽しくなる 男の秘密基地」の文字!
「道楽ライフを極めよう」というテーマで、特集されています。

思わず手にとってパラパラめくってみると、
「どうだッ!」と言わんばかりの男たちと、
自慢の秘密基地の数々が紹介されています。

皆さん、実にいい表情。

男にとって、家族が喜ぶ姿が第一ですが、家を建てたら
自分だけの秘密基地が欲しい!というのも偽らざる本心。

それを実現してしまった彼ら、実に羨ましい!

という憧れだけでなく、草野にとっては
“理想のマイホームを手に入れた実例集”として
仕事上の参考にもなるということで、
そのままレジへ直行、購入してしまいました。


こだわり満載の秘密基地も魅力的ですが、
そのキャプションも男心をくすぐります!


『手を伸ばすだけでカメラを手に取れる
     あえて小さくつくった“男の城”』


カメラ

「撮るよりも、眺めたり触っているのが好きなんです」
「常に手の届くところにカメラを置く」
「見て楽しめるように飾って収納」

う~ん! その気持ち、良く分かります!
小さな部屋に籠もってこそ、秘密基地”


『クルマのレストアとともに変化する
     自室と隣り合わせの“遊び場”』


ガレージ

「ガレージはあくまで箱。育てていくものなんです」
「工具や道具は“ホンモノ”を選ぶ」
「自分の部屋からクルマを眺められる設計」

お気に入りの道具やメカに囲まれた自分だけの空間!
いいですね~!


他にも、
『仲間と集まり、愛車をいじる
    “土間”感覚でつくった隠れ家』
『音を作る愉しさが高じて出来上がった
      週末の“リビングスタジオ”』
『仕事部屋で眺める 箱の生態系』

などなど・・・。ヨダレが垂れてきそうです?!


特集記事では、実例紹介に続いて
実際のつくり方まで解説されています。

ここで紹介されている男たちほどこだわるかは別として、
せっかく家を建てるなら、自分だけの秘密基地が欲しいですよね!

ぜひ皆さまも、夢(妄想?!)を広げて下さい!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『“新居で一番やりたいこと”から家のイメージを広げるという方法』
『家づくりは暮らしのリセット! いかに新しい暮らしをイメージするか』
『キーワードは何? あなたの家づくりにタイトルを!』


|  |-間取りとデザイン | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

契約時のチェックポイント他 家づくりのセミナー4講座開講します

今週末の土日、住宅相談センター主催の
住まいづくりアカデミーを開講します。

今回は、資金計画、コストダウン、
契約時のチェック、施工時のチェックの4講座。
草野も3講座の講師を担当します。

基礎から、今すぐ使える裏ワザまでお話ししますので、
いま家づくりをお考えの方から、すでに進行中の方まで
お気軽にお越しください。



        8月の住まいづくりアカデミー
     8月24日に八事、8月25日に栄にて開講!



◆8月24日(土) 八事会場(メ~テレ八事ハウジング主催)◆
【第1講】10:30~11:30
『家づくりの“見えない費用”にご用心!
        ~失敗しない資金計画術~』

 講師:住宅相談センター 主席コンサルタント・草野芳史
  家づくりでは思わぬ追加費用が発生し、その額が数十万円になって
  しまうことも。見落としがちな諸費用や別途工事、税金がいくらに
  なるかを把握し、それらの費用を賢く抑える方法をお話しします。

【第2講】13:00~14:00
『家づくりのコストダウン法』
 講師:住宅相談センター 主席コンサルタント・草野芳史
  夢が膨らみ、予算オーバーしがちな家づくり・・・ プランニング
  や建材の選び方、施工方法など、品質を落とさず、予算内で希望通
  りの家を建てるポイントをご紹介します。

  ・会 場 メ~テレ八事ハウジング センターハウス2階
        名古屋市昭和区八事本町16(無料駐車場あり)
  ・参加費 無料(予約制)
  ・問合せ 住宅相談センター
        0120-756-365(なごむ 365日)

◆8月25日(日) 栄会場(住宅相談センター主催)◆
【第3講】10:30~12:00
『これから住宅の工事が始まる方へ。
      建築中のチェックポイント』

 講師:住宅相談センター 代表取締役・吉田貴彦
  来年3月末までに消費税増税を避けて完成を目指す方も多いと思い
  ます。工事が立て込んだときこそ、住宅の品質性能にかかわる箇所
  をチェックしておく必要があります。どんな点をチェックするか、
  わかりやすく解説します。

【第4講】13:30~15:00
『これで安心! 契約時のチェックポイント』
 講師:住宅相談センター 主席コンサルタント・草野芳史
  工事請負契約書には、お金や工期のこと等、トラブル時の取り決め
  が書かれており、住宅会社のホンネも見え隠れします。契約書の見
  方など、後で困らない契約時のチェックポイントをお伝えします。

  ・会 場 名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル6階
        【第3講】中日ビル 第1会議室
        【第4講】中日コンサルティングプラザ セミナールーム
  ・参加費 無料(予約制)
  ・問合せ 住宅相談センター
        TEL 0120-756-365(なごむ 365日)


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『3Dのウォークスルーは効果絶大! 注文住宅研究会のイベントにて』
『住宅金融支援機構さんのセミナーにてローンのお話ししました』
『住宅ローンの選び方&展示場の歩き方 セミナー開講』


| ◆セミナー・相談会情報 | 10:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT