マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“施主本位”はどのように表れる?

本日は、これから住宅会社選びをするご相談者と一緒に、
1日かけて工務店を訪問してきました。

初めての顔合わせですので、
互いの自己紹介からはじまり様々な話題が出ますが、
ある工務店の担当者からこんな言葉が。

『注文住宅は、建売住宅やマンションと違い、
 どうにでもなるのが厄介なんですよね』


どういうことかというと、注文住宅の場合は
形が出来上がっているものを購入する訳ではなく、
形が無い段階で契約しなければならず、しかも定価がありません。
施主は、何を基準に決めれば良いのか難しいところです。

が、これは住宅会社の側にも言えること。
形あるものを売るのと違った難しさがあります。


そこで、営業段階における各社のカラーが如実に出るのですが、
今回訪問した工務店の担当者は、一様にこんなことを言っていました。

『今回話しをする工務店は、住宅相談センターがしっかり見ているので、
 どの工務店に頼んでも最終的にプランはそれなりのものが出来る』
『プランや金額よりも、まずはその会社が信用できるのか、
 担当者と楽しく家づくりが出来るのかを見た方がいい』
『腹の探り合い無しに予算を言ってもらえれば、
 その金額の中で最上の提案を差し上げる』
『せっかく何十年も暮らす家をつくるのだから、
 急がずじっくりプランの打合わせに時間をかけて欲しい』



普通なら、お客様がきたら夜討ち朝駆けの営業を
かけまくるのかもしれませんが、各社ともそうではなく

『自社のことをよく知ってください。
 そのために施工現場やOB施主宅など、
 存分にご覧いただけます。
 それで気に入っていただけたら、
 全力で家づくりのお手伝いをします』


という、施主の考えありきのスタンス。

ガンガン営業してくれたほうが嬉しい、
とか、とにかくコストが第一!
という方には物足りないかもしれませんが、
じっくりこだわって家づくりをしたい方には
ピッタリの住宅会社と言えるでしょう。

今後の進め方を聞くと、

『何回でも、良いというまでプランをご提案します』
『いつまでに契約や着工しなければいけないという縛りはありません』


とのこと。


よく「施主本位」と言う住宅会社は多いですが、
その施主本位がどのような形で実践されているかは、
営業時の対応にも如実に表れます。

商談中に住宅会社から「施主本位」と言われたら、
具体的にどこが施主本位なのか、ぜひご確認下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社選び 何社からプラン提案を受ける?』
『話しが弾むって大事なこと!』
『建築会社の選び方「提案」「コミュニケーション」「安心感」』

| ◆住宅会社選び | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地震による液状化対策はどうする?

本日は、建売住宅購入にあたって、
液状化対策が不安というご相談がありました。

東日本大震災での液状化被害の記憶も新しいところ、
役所がつくったハザードマップに
液状化の可能性アリと出ているとのこと。

いずれ起こるといわれる東海地震のことを考えると、
不安なのもムリの無いことかと思います。


まずは、お持ちいただいた地盤調査報告書を拝見します。
それによると、地盤はさほど悪くはありません。
今回は1.2mほど表層改良を行うことになっていますので、
通常であればそれで問題なさそうです。

実は、“通常であれば”というのが、少々厄介なのです。

“通常”というのは、
「軟弱地盤を原因とする地盤沈下(不同沈下)への対策」
の場合で、地震による“液状化”となると、
ハナシが変わってきます。

地震による液状化というのは、埋立地や海・川のそばなど、
1)水気の多い、2)砂地に、3)大きな揺れが加わった場合に発生します。
そのため、これらの3条件が揃ってしまえば、
いくら地盤改良をしても液状化が発生してしまう可能性があります。

例えば、今回の場合でも、表層改良したその下で
液状化が発生することもあり得ます。


では、どうすればよいのか?

根本的には、液状化を防止する地盤改良工事をすれば良いのですが、
これはかなりコストがかかり、戸建住宅ではまだ一般的ではありません。
ましてや、今回は建売住宅です。


そうすると、もはや購入するかしないかの判断になりますが、
その材料となる「液状化が起こり得るか」は、
今回の地盤調査では分かりません。

というのも、今回の調査は“表面波探査法”と呼ばれ、
地表で発生させた振動の伝わり具合で地盤状況を調べるため、
土質や地下水位までは分かりません。
(一般的なスウェーデン式サウンディング調査でも同様です)

実際に土を採取する“ボーリング調査”のデータが無いか
ご確認するようお伝えしました。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『耐震補強改修のための要望整理』
『土地の現地での確認ポイント』
『ハザードマップで心構え』

|  |-間取りとデザイン | 17:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

築100年の古民家をどうインスペクションする?

先日、月1回のホームインスペクター
(住宅診断士)の勉強会がありました。

今回は、2つの実例をもとに
インスペクションの実務がレクチャーされましたが、
その実例の一つが推定築100年の古民家


これだけ築年数が経っていると、不具合があってあたり前。

例えば、今回の事例では、柱の傾きが
床から天井で5cmあります。
新築住宅の常識では、不具合どころか“欠陥”?!

ほかにも挙げだせばキリがありません。
依頼者自身もそれは承知していますし、
小さな不具合を全部挙げても意味がありません。

ですので、インスペクターとしては、
どの程度の不具合を報告するのか悩ましいところです。


また、中古住宅の場合、
機器を使うとは言っても限界があり、
基本的に見えている部分しか分かりません。

そうすると、どうしても原因が特定できず、
推測で報告せざるを得ないことも出てきます。

とはいえ、依頼者にとってみれば、
インスペクターの報告書の内容いかんで
購入するかしないかの判断も変わってきます。


どこまで報告するのか、どのように報告するのか。
依頼者の求めているものや
建物のコンディションによって変わってきます。

インスペクションの現場では一件ずつ判断しないといけませんので、
インスペクターにとっては、普段から勉強会などの場で
様々な事例に接していることも重要ですね。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『建物調査に入るときの心得』
『ホームインスペクターの勉強会始動!』
『名古屋のホームインスペクターなら・・・?!』

|  |-新築 vs 中古 | 16:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライフプラン通信 2011夏号発行!

保険や家計、年金、住宅、税金、相続などの知識が学べる季刊誌
ライフプラン通信の2011夏号が完成しました!

表紙


今号の住宅分野は不肖・草野の担当で
『家づくりのコストダウン法』

住宅

「プランニングや建材の選び方、施工方法を工夫することで
 コストをさげることも考えましょう」
ということで、具体的なコストダウン法をご紹介しています。


住宅以外にも、「家計の総合相談センター」の
専門家たちによる記事が盛りだくさん。

『○○を味方につける積立投資』
『サラリーマンと自営業
      老齢年金の額を比べてみると』


家計・年金


『「配偶者の税額軽減制度」を正しく理解しよう』
『あなたのお宅は大丈夫? 相続税が危ない!』


税金・相続


ほかに『夏のライフプランセミナー』のご案内や
『ひとくち健康メモ』『季節のレシピ』も載っています。


ライフプラン通信は、
家計の総合相談センター店頭配布にてお配りしているほか、
東海3県在住の方に無料でお送りしています。
郵送ご希望のかたは住宅相談センターまでお知らせ下さい。

   >>>ライフプラン通信のお問合せはコチラ

 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『ライフプラン通信 2011春号完成!』
『ライフプラン通信 冬号完成!』
『ライフプラン通信秋号発行!』

|  |-家づくりメルマガ | 09:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月末~7月の家づくりイベントのお知らせ

梅雨で雨の日が多いですが、
そんな季節でも家づくりのイベントは開催されています。

これから家づくりをお考えの方は、
見学会で情報収集などいかがでしょうか?



           ハイトス三河よりお知らせ
      定期借地権住宅 建物見学会 in 岡崎市
       6月25・26日 7月2・3日 2箇所で同時開催!


【ハイトスタウン 岡崎真伝VI】 岡崎市真伝町字魂場54-9

面積80坪超の広々敷地に、27坪大の平屋住宅。

定期借地ならではの魅力ある住まいを実現。
小屋裏収納もあり、収納力はたっぷり。

ぜひ、平屋住宅の魅力を体感してください。
ご来場、お待ちしております。


【ハイトスタウン 岡崎中園】 岡崎市中園町字前川原13-1

面積80坪大の広々敷地には、ラクラクの駐車スペース3台分。
さらに、もう一軒建ってしまいそうな広々とした庭もあります。

4LDK納戸付の住宅は、全室南面向きで、明るさいっぱいです。
ぜひ、定期借地ならではの魅力ある住まい方を体感してください。


 ・日 時 6月25日(土)・26日(日) 7月2日(土)・3日(日)
      各日10時~18時
 ・主 催 (株)ハイトス三河
       岡崎市稲熊町字後田29-1
 ・参加費 無料
 ・お申込 TEL 0120-86-8104



         建築家による家づくり個別相談会
       7月7日(日)・17日(木) 栄・中日ビルにて開催


建築家が家づくりのご相談を承ります。
間取り、施工のことなど、何でもご相談ください。
「建築家」とはどんな人たちなのか?どんな仕事をしているのか?
といったご質問も大歓迎です。

  ・日 時 2011年7月 7日(木) 18:30~20:00
          7月17日(日) 13:00~18:00
  ・会 場 中日コンサルティングプラザ
        名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル6階
  ・主 催 住宅相談センター
  ・参加費 無料(予約制・1組60分)
  ・問合せ TEL 052-238-0082

   >>>相談会のご案内はコチラ



            平成建設よりお知らせ
    自然素材と外断熱の家『日々木』見学会 in 清須市
            7月9日・10日開催!


自然素材と外断熱の家「日々木」。
体に優しくて、夏涼しく冬暖かい快適空間をぜひご体験下さい。

110709_見学会画像

  ・日 時 7月9日(土)・10日(日) 10:00~17:00
  ・場 所 清須市桃栄
  ・参加費 無料
  ・主 催 平成建設(株)
  ・問合せ 052-471-9541(担当:岡庭)

   >>>見学会のご案内はコチラ



            平成建設よりお知らせ
 バリアフリーで3階建て エレベーターのある家 見学会 in 新栄
            7月16日・17日開催!


名古屋の都心・中区新栄に、エレベーター付きの3階建てという
バリアフリー住宅が完成しました。

110716_見学会画像

  ・日 時 7月16日(土)・17日(日) 10:00~17:00
  ・場 所 名古屋市中区新栄(案内地図をお送りいたします)
  ・参加費 無料
  ・主 催 平成建設(株)
  ・問合せ 052-471-9541(担当:岡庭)

   >>>見学会のご案内はコチラ

| ◆セミナー・相談会情報 | 13:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT