マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハウジング&リフォームあいち 今年もイベント企画運営します

毎年恒例の「ハウジング&リフォームあいち」
今年も3月4日~6日の3日間、
名古屋市千種区の吹上ホールにて開催されます。

公的な住関連団体やマスコミが主催する
このイベント、今年のテーマは
「新築からリフォームまで住まいの夢を協力サポート
 住まいの夢が今カナウ!


80社以上の住関連事業者が出展し、
セミナーやトークショー、体験型イベント、展示など、
例年通り盛りだくさんの内容です!

草野も、昨年同様相談コーナーのスタッフや、
セミナー講師として参加します。

昨年はリブネット・プラスとして
主催者イベントへの企画協力をしましたが、
今年は「住宅相談センター」として、
次の主催者イベントの企画・運営をします。

 ・ウエルカムコーナー展示
  「世間の建て時、あなたの建て時!」
 ・ウエルカムコーナー
  「住まいづくり入門ミニ講座」
 ・家づくり入門セミナー
  マンガ「はじめて家を建てました」



昨年は、相談コーナーで128組のお話しをお聞きし、
主催者イベントでは延べ160名の方にご参加いただきました。

今年も大勢の方とお会いしたいですね!
家づくりをお考えの方、ぜひお越し下さい!


   ハウジング&リフォームあいち 2011


 ・日 時 3月4日(金)~6日(日)
 ・会 場 吹上ホール(名古屋市中小企業振興会館)
       名古屋市千種区吹上二丁目6番3号
       地下鉄吹上駅5番出口から徒歩5分
 ・入 場 無料
 ・問合せ ハウジング&リフォームあいち2011事務局
       (中部経済新聞社内)
       電話052-561-5675

   >>>ハウジング&リフォームあいち 2011の詳細はコチラ



 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『128組の家づくりのお悩みをお聞きしました!』
『ハウジング&リフォームあいちで6つの住活セミナー開催』
『「ハウジング&リフォームあいち」に企画協力』


| ◆セミナー・相談会情報 | 10:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

基礎工事の重点インスペクション

いまインスペクション(住宅診断)
お問合せをいただいている方。
建物の基礎重点的に検査して欲しいとのご要望。

基礎は、文字通り建物の“基礎”であり、
いったん施工すると内部を見ることが出来ず、
手直しも困難になるので、
施工の内容が気になるのもごもっとも。

住宅相談センターの通常のインスペクションメニュー
 1)基礎配筋工事の確認
 2)上棟後確認
 3)断熱材確認
 4)外壁工事の確認
 5)完成現場確認

の全5回。

基礎については、配筋工事が完了し
コンクリートを打設する前に、一度検査します。

でも、このご相談者は配筋だけでなく、
コンクリートの打設や型枠解体時の検査や、
コンクリートの強度試験などをご希望されています・・・


住宅相談センターでは5回のメニューを掲げているものの、
構造・工法に合わせて検査の内容・回数を変えるなど、
柔軟に対応しています。

今回のような通常のメニューに無いご希望に対しても、
充分に対応可能。

そこで今回のご相談者には必要な検査の回数や料金をご提示、
ご判断いただくことになりました。
(事前に料金を言わず、後からぼったくるなんてことはしませんよ!)

施工ミスや手抜き工事が気になる方、
一度気軽にお問合せくださいね!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『雪降る基礎検査』
『時間との勝負! 基礎の配筋検査』
『構造・工法によって変わる検査内容』

|  |-インスペクション事例 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

建築家と建てた家の完成見学会 2箇所で開催

今週末、2月26日(土)・27日(日)に
建築家と建てた家完成見学会
2箇所で開催されます。

趣味を楽しめる家とモダン和風の家の2軒で、
それぞれに趣向が凝らされています。

建築家との家づくりに興味をお持ちの皆さま、
よろしければご覧下さいませ。



         誠和建設よりお知らせ
   ホビールーム兼車庫のあるコンパクトなハウス
        完成見学会 in 名古屋市緑区


車いじりなどの趣味を楽しむためのビルトインガレージと
LDK と一体化する広いデッキを持つコンパクトな住まいです。

敷地の高低差を利用したスキップフロアの構成になっており、
車や家庭菜園などの趣味を楽しみながら暮らすための家です。

LDK とデッキを一体化するために、全面開放の出来る木製の開口部を
備えており、外部と一体化した明るく開放感のある暮らしが出来ます。

またその開口部には障子があり、現代的な和の空間になっています。

キッチンとTV ボードは特注により一体で作り、収納力のある
パントリーを設けすっきりした暮らしが出来るようになっています。

モノトーンでまとめたユーティリティ、高い天井の寝室、小屋裏収納など、
コンパクトながらも工夫を凝らした見ごたえある住宅です。

  ・日 時 2月26日(土)・27日(日) 10:00~17:00
  ・場 所 名古屋市緑区鎌倉台1丁目730番地
  ・主 催 誠和建設株式会社
       名古屋市北区池花町 302
       http://www.seiwa-kensetu.com/
  ・設 計 生津建築設計室アーキハウス 生津康広
  ・問合せ TEL 052-902-8631(当日:森090-7860-9868)
  ・参加費 無料

   >>>見学会のご案内はコチラ

チラシ


      LIC・山本建築設計よりお知らせ
    和モダンの家 完成見学会 in 岐阜県羽島市


南北に長い敷地に、和の趣をしつらえた
落ち着きのあるモダンな住宅ができました。

塀で囲まれた内には3つの庭を配し、LDKはもちろん
和室、寝室、浴室、洗面からも庭の自然を感じられる
風と光が通り抜ける住まいです。

LDKは木製サッシで壁の中に仕舞い込めるようになっており、
リビングから2階のバルコニーへ続く巾広の外階段は
家族を楽しくつなげてくれます。

  ・日 時 2月26日(土)・27日(日) 10:00~16:00
  ・場 所 岐阜県羽島市
  ・主 催 LIC・山本建築設計事務所
       http://www.liclic.jp/
  ・問合せ TEL 058-273-2176
  ・参加費 無料

外観

LDK

| ◆セミナー・相談会情報 | 11:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自社のスタイルを持つ会社 施主の要望に合わせる会社

住宅会社と商談中のご相談者から、こんなことを言われました。

「だいたい決まった雰囲気の建物を建てている住宅会社もあれば、
 いろいろなタイプの建物を建てている会社もあるんですね」


このお言葉、ある角度から住宅会社のことを鋭くえぐっています!

住宅会社は、
 『自社のスタイルを持つ会社』
 『特定のスタイルを持たず、
  施主の要望に合わせる会社』

という分類もできます。

これは大手ハウスメーカーや地場工務店、建築家全てに当てはまり、
決してどちらが良い、悪いということでもありません


ある一定のスタイルを持っている住宅会社は、
「ウチで建てる家は、コレだ!」
というものが明確です。

それはデザイン性であったり、工法・構造であったり、
使っている素材であったり。

スタイルが明確な分、施主側も
「この住宅会社に頼んだら、こんな家が建つんだな」
と分かりやすく、あとはそのスタイルを
気に入るかどうかになります。

ただし、スタイルが合えばテンポ良く進む反面、
合わなければかなりのストレスになることもあり得ます。


逆に、いろいろなスタイルの住宅を手がける会社は、
まずは施主の要望から全てがスタートします。

打合せにじっくり時間をかけ一つずつ要望を汲み取って
プランニングを進めていくため、
施主のこだわりに柔軟に対応してもらえます。

ただし、さまざまな可能性を検証しながら
進めたい方には向いていますが、
施主自身がある程度リードしていかないと、
なかなか先に進まないという事態も起こりえます。


ある程度イメージが固まっている人、
もしくは家づくりに手間をかけたくなかったり、
住宅会社にリードして欲しい人は、
前者のタイプの住宅会社が向いているでしょう。

ある程度自身でこだわって家づくりをしたい方、
もしくはまだイメージが固まっていない方は、
後者のタイプの住宅会社が向いているでしょう。

こんな視点で住宅会社を見るのも、一つの方法です。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社にも得手・不得手がある 工務店との雑談から』
『住宅会社との適度な距離感のとり方は』
『住宅会社選びには感覚も大事』

| ◆住宅会社選び | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

建築家の言葉に見る、建築家との家づくり

本日は、ご相談中のお施主さまと
建築家との初めての顔合わせ
初回面談に同席しました。

ご紹介した“仲人役”の草野としては、
果たしてどんな展開になるのかドキドキ。
でも、お施主さま自身が家づくりを楽しんでいらっしゃるので、
話しも大いに盛り上がりました!

ご要望に対して即座に返ってくるアイディアや
過去の事例に見られるセンスや工夫に、お施主様からは
 「素晴らしい!」
 「良かった~ 注文住宅にして」
 「このアイディア、いいですね!」

といったお言葉を頂戴しました。

そんな中で出た、建築家自身の言葉に
『建築家との家づくりとは何なのか?』が見て取れました。
草野もナルホドと思ったそれらの言葉をご紹介します。


『設計とは、施主本人が
 “どのように住みたいのか”を探る作業』


建築家というと、とかく「作品」を押し付けられる
というイメージがつきまといますが、
決してそんなことはありません。

あくまでそこで暮らすお施主さまが、
実際に暮らして満足できる家を建てるのが建築家の役割。

そのために、お施主さまと一緒にさまざまな可能性を検証し、
納得いくまでとことん繰り返すので、
時には竣工まで何年もかかることもあります。

ビジネスとして見れば儲からないかもしれませんが、
損得だけで動かないのが建築家と言えるかもしれません。


『建築家の設計した家は、
 ある一部の人にはピンポイントで絶賛されるが、
 ある一部の人には酷評されたりする』


建築家は、そこで暮らすお施主さまのために
ゼロからオーダーメイドで設計するので、
万人受けする住宅にはなりにくいもの。

それは間取であったり、デザイン性であったり、使う素材であったり様々。

ハタから見ると「なんでこんな間取りなの?」と思えても、
お施主さまにとっては、世界で1軒だけの理想の我が家なのです。

“特殊”な要望にも建築家は正面から取り組んでくれますし、
条件が難しいほど、逆に燃えてきたりします。


このような家づくりをする「建築家」。

まさに“万人受け”するものとは言えませんが、
家づくりをとことん楽しみたいという方には、
またとないパートナーになり得る存在です。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『建築家との初回面談』
『建築家だから出来る?! 変形・狭小敷地での家づくり』
『建築家から提案を受ける際の心得』

|  |-建築家 | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT