マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

草野登場?!『ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記』

昨日、家づくり関係のブログをぶらっと見ていたら・・・

ナント、思わぬところで当ブログ
『家づくりコンサルタントの雑記帳』の文字を発見!
さらに草野のことも書かれています!!

12月14日付の『優秀な営業マンを選ぶ』という記事の一節で、
営業マン選びのコツがひと通り述べられた後、
締めの文章で、次のように紹介されています。


 さて、ビルダー自体はかなり気に入っても、
 これはという営業さんがいない場合、どうしましょう?

 施主とビルダーの橋渡しをしてくれる
 コンサルタントみたいな方がいると助かるんですが、

 例えば名古屋を中心に活躍されている
 草野さんみたいなコンサルタントが、

  → 家づくりコンサルタントの雑記帳

 これから、家づくりを始められる皆さんには、
 優秀な営業マンとの出会いのあることを祈ります。



このブログは
『ガンにも負けず
  高気密・高断熱の家づくり日記』

 (コチラからどうぞ)

著者は鹿児島で家づくりをなさったkokkoさん
いわゆる“施主ブロガー”です。
タイトルの通り5年前に甲状腺ガンの手術を受けたものの、
ガンを乗り越え、待望の家づくりをされました。

「ガンの発症から、業者選定、新築工事の進捗状況、
 入居してからの住み心地などをブログに綴っています。
 設計・設備の選定などで検討した事項、それに、
 住宅関連の税金、その他タイムリーな話題など、
 これから家づくりに取り組まれる皆さん、
 入居間もない皆さんに役立つ情報を提供していきたい」

 (プロフィールより)

とのことで、内容は家づくり全般に及びます。

「建築はド素人の中年男性」と仰るものの、
そこに書かれているものは、
プロから見てもナルホドと思うもの。

最近の記事も
「高気密高断熱住宅が過乾燥になる理由」12/21
「住宅設備の発注・施工ミスを防ぐ5箇条」12/19
「平成23年度税制改正大綱、個人所得税関係」12/16
と玄人はだし。

上記の記事『優秀な営業マンを選ぶ』の中でも、

『同じハウスメーカーに依頼しても、担当の営業マンによっては、
 楽しい家づくりになることもあるし、
 ストレスばかり抱える家づくりになることもあります』

『モデルハウスや完成見学会は、家を見るだけでなく、
 営業マンの能力を見極める絶好の機会なんです』


と鋭いことが書いてあり、営業マンを見極めるための
絶妙な質問方法が紹介されています。(続きはコチラから)

「ド素人」が書いたなんてとんでもない、
一見の価値ありですよ!

でも、このようにご紹介されているおかげで、
最近ネットからのお問合せが増えているのでしょうね!
ありがたいことです。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『検索キーワード 月間トップ5発表!』
『ブログで家づくりの情報収集 「ブログランキング」に参加!』
『無視できない施主ブロガーの影響力』

| ◆家づくりの知恵袋 | 11:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家族のあり方を見える化する 家づくりのチェックシート

先週末から今週明けにかけて、
立て続けに3組のご相談者から
住宅会社の紹介依頼をいただきました。

住宅会社をご紹介すると言っても、
当てずっぽうではなく、ご相談者にピッタリ合った
住宅会社でなければ意味がありません。

そこで、ご相談者の要望を見える化するため、
「コンサルティング チェックシート」
にご記入いただいており、昨日も1通届きました。

このチェックシート。
基本データとして敷地や資金、時期、ご家族のことを始め、
建物外部や内部のデザイン・イメージ、
間取や各部屋の要望、こだわりなどをお答えいただきます。

その数100項目以上!
早い人でも20分はかかります。

これから家づくりを考えようという方にとっては
大変な作業かもしれませんが、
いい家づくりのステップには必要不可欠!

 ※ちなみに、家づくりの3ステップは次の通り
   1 自分たちのことを知る
   2 住宅会社のことを知る
   3 比較検討

チェックシートを記入することで、
これまで意識しなかった
ご家族の家に対するご要望が見えてきます。

ご記入いただく際には、こんなことをお伝えしています。
それは「無理に全ての項目を記入する必要は無い」ということ。

まじめな人の中には「全ての項目を埋めないといけない」
と思ってしまうこともありますが、
その場しのぎで無理に埋めても、
本心でなければ意味が無いどころか、
それがヘンな先入観になりかねません。

これから検討しなければいけない項目が
判明するだけでも、大きな成果です。

もう一点。
記入に当たっては、そこで暮らす
「家族全員で考える」ということ。

家づくりというのは「暮らしの場」をつくること。

普段なかなか出来ませんが、
家づくりをきっかけに、そこで暮らす家族全員で
「家族のあり方」をお話しいただきたいところ。

ちなみに、今回ご記入いただいたご相談者から、
こんなコメントをいただきました。

『家造り、資産造りは、自分を見直すことなのだと、
 あらためて感じた次第です』


まったく、その通りですね!
ご自身やご家族を見直すことが、
いい家族、いい家づくりにつながることでしょう!

もし、ご家族でのご要望とりまとめが大変な方。
チェックシートを元にとりまとめのお手伝いをしますので、
お気軽にご相談くださいませ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『家づくり計画のヒアリング』
『アバウトでいい こだわりの優先順位付け』
『家づくりの3ステップ(ブログ注文住宅入門 その6)』

|  |-相談のご案内 | 15:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011年に向けて・・・「不動産日記 2011」

2010年も残すところ10日。
皆様方も年末でお忙しいことと思います。

草野もすっきり新年を迎えられるよう、
(ちなみに、住宅相談センターでは12月29日から
 1月5日までお休みとさせていただきます)
身のまわりの整理に精を出しています。

特に大きいのが、金山の
リブネット・プラス事務所の片付け

住宅相談センターの金山オフィスとして使ってきましたが、
栄の中日ビル「家計の総合相談センター」内の
住宅相談センターが本格稼動してきたので、
金山の事務所は年内で閉じ、
中日ビルへ完全移転することになりました。

12月に入って整理をしてきましたが、あともう少しです。

また、新年のご挨拶用にと、年賀状も制作しました。
デザイン・印刷も済み、ひと言ご挨拶を書いています。
(ヘタな字ですが、ご容赦のほどを

どんなデザインかは、新年のお楽しみということで!
これまで家づくりのご相談いただいた方を中心に、
お送りいたします。

あと、こんなものも揃えました。

2011年のカレンダー
デスク正面のパーテーションに吊り下げています。
カレンダー

こちらは手帳
住宅・不動産業界関係者用のスケジュール帳で、
その名も「不動産日記 2011」
不動産日記

住宅新報社製で、通常のダイアリーだけでなく、
不動産や建築法規、税制など
家づくりに必要なデータが巻末についています。

ダイアリーには、六曜だけでなく
建築関係の大凶日「三隣亡(さんりんぼう)」
も記載されています。(三隣亡についてはコチラ

こんなツールも使いながら、
2011年も皆さまの家づくりの相談をお受けします!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『本日から師走』
『ローン電卓 買い換えました』
『建築関係の大凶日「三隣亡」』

|  |-管理人のひとりごと | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名古屋のホームインスペクターなら・・・?!

昨日は、2組のご相談がありました。

1件はお電話にて、
「いま住んでいるマンションの音が気になる」
という方。

もう1件はご来社になり、
「住宅会社を紹介して欲しい」というご夫妻。

それぞれ、住宅相談センターのことを
どうやって見つけたかお聞きしたところ、
お二組とも「ホームインスペクター」と
ネットで検索したとのこと。

嬉しいですね!

これまではあまり多くなかったのですが、最近、
ネット検索で見つけたという方が増えてきました。

先日も、当ブログの「間口5mの建築家住宅」を見て
ご相談にお越しいただいた方もいましたね!
(詳しくはコチラ

どんなキーワードで検索しているかお聞きすると、
一番多いのは「ホームインスペクター」
「ホームインスペクション」という回答。

試しに「ホームインスペクター 名古屋」
Googlで検索してみると、
「住宅相談センター」のホームページがトップに・・・

え・・・ トップに・・・

え? えっ?! えェ~?!
トップにない!

ダメですねェ~。

スクロールし、ページを進めていくと・・・
あっ、出てきました。14番目に表示されました。

まったくSEO対策がなっていませんね~。
って、実際、全く対策していませんから。

でも!

住宅相談センターのコンサルタント
吉田貴彦のブログが2番目
そして当ブログ『家づくりコンサルタントの雑記帳』が
3番目に表示されます!

さらにッ!

「ホームインスペクション 名古屋」で検索してみると、
何とか住宅相談センターが3番目に表示されました!

「名古屋のホームインスペクターなら
 “住宅相談センター”」と言われるように、
もう少しSEO対策しないといけませんね!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『検索キーワード 月間トップ5発表!』
『家づくりを相談したいときのキーワードって?』
『「屋根裏へ、床下へ ホームインスペクター」TV放映されました!』

|  |-相談のご案内 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ローコスト住宅って、どう?!

先週末のご相談の中で、こんなご質問がありました。

「最近、500万円の家なんて聞きますが、
 こういうのってどうなんでしょう?」


オッ! 直球のご質問!
いわゆる「ローコスト住宅」についてです。

不況が続く中、ローコスト系住宅会社が伸びるにつれ、
このテのご質問はよく聞きます。

きっと、
「パッと見て安そうだけど、それでも数百万の買い物。
 “安かろう、悪かろう”だったら嫌だなぁ」

ということなのでしょう。

では、実際のところどうなのでしょう?
草野がいつも申し上げるのは、こんな内容。

「安いからといって手抜きがあったり、
 構造が弱いといったことはないでしょう」


ただし、注意が必要。
ローコスト住宅の場合、あの手この手の
より価格を低く見せるための仕掛けがあります。

例えば坪単価

法定延床面積より大きい「施工床面積」を使うことで、
「工事価格÷床面積」で算出される坪単価を下げるなどあたり前。
また、設備や造作家具などが別途扱いになっていることも。
(坪単価の詳細はコチラ

また、使われている仕上げ・設備は
必要最低限のグレード
だと思った方が正解です。

昨日、別のご相談者からも、
「ローコストとは言うものの、準防火地域だから、
 坪単価が5万円上がります”
と言われました。
 そんなものなのでしょうか?

なんてご質問がありました。

準防火仕様なら多少のコストアップは
しょうがないですが、5万円は高いですね。
標準仕様を通常よりも安価に設定している分、
オプションを高めに設定して帳尻合わせをしているのかも?

仕様や設備をグレードアップしていったら、
「とてもローコストとは言えない値段になった」
との話しも良く聞きます。

もう一つ、基本的な注意点が。

「坪単価○○万円」「500万円台の家」の宣伝通り、
建物本体はその値段でつくることができたとしても、
実際にはそれだけでは住めません

例えば、某ローコスト系メーカーのホームページにも
建物本体価格に含まないものとして
以下の項目が記載されていますが、
実際にはこれだけの工事が必要なのです。
(別途工事・諸費用の詳細はコチラ

「地盤調査や地盤補強工事、門塀工事、屋外電気配線工事、
 屋外給排水工事、下水道接続工事、雨水排水工事、家具、
 電化製品、その他諸費用等」

・・・結局「パッと見で安そう」というのは、
「客寄せパンダ」と同じようなもの?!

そこのところを充分理解しておかないと、
「安物買いの銭失い」になりかねないかも?!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『「坪単価」の注意ポイント(ブログ注文住宅入門 その15)』
『家づくりにはいくら必要?(ブログ注文住宅入門 その14)』
『建築家のコストコントロール術』

| ◆家づくりの知恵袋 | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT