マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チキンキッチン&とり焼肉ダイニング トリニティ

こんにちは、草野です。

昨夜は、名古屋から岐阜まで、電車を乗り継いで
鶏料理&一杯呑みに出かけました。

なぜ、わざわざ岐阜なのか?
というと、このお店が新規オープンの工事にあたり、
リブネット・プラスのコンサルティングをご利用下さったから、
そのお礼とお祝いを兼ねて・・・というだけではありません。

このお店のシェフは、某王国の宮廷料理人として、
和から洋までさまざまな料理をこなします。
草野も何度か賞味し、その腕前の程はよく知っています。
きっと美味しい料理を食べさせてくれることでしょう!

・・・という訳で、正式なオープンを控えた
プレオープンにお伺いしたのでした。

お店の名前は、
チキンキッチン&とり焼肉ダイニング
トリニティ


外観はコチラ。
外観

交通量もかなりある、交差点の角という抜群の立地。
岐阜市の東南部にあり、草野は名鉄各務原線の切通駅から歩きました。

店内は黒を基調とした落着いたモダン和風。
テーブル席と座敷があります。
店内

昼間は創作鶏料理のイタリアンレストラン
夜は家族で楽しめる鶏肉をメインとしたとり焼肉と、
昼と夜で全く趣の異なるお店というコンセプトだそう。

「焼肉」と言えば牛や豚のイメージが強いですが、
トリニティでは「奥美濃古地鶏」など
岐阜県ならではの食材をふんだんに用意し、
岐阜の良さをもっと多くの方に知ってもらい、
岐阜を元気にしたいと考えているそう。

ランチメニューを見ると、
「選べるソース やわらか若鶏チキングリル」
「ロッソチキンコンフィ(トマトソース)」
「チキンカツレツミネラーゼ トマトソース」
「チキンエスカベッシュ タルタルソース添え」

等々、日替わりスープとご飯がセットになって、全て980円!

お米に岐阜産の特別栽培米「ハツシモ」、
鶏肉に奥美濃古地鶏、奥三河鶏、名古屋コーチンなど、
素材にもこだわっています。

さてさて、待望の本日のメニューはコース料理で、
 1.沖縄産ミネラルたっぷりもずく
 2.きゅうりのピリ辛漬け
 3.シーザーサラダ
 4.謹製!!鶏ユッケ
 5.特性スパイス!!ももから揚げ
 (焼肉メニュー)
  6.奥三河地鶏もも
  7.キモ
  8.ハツ
  9.砂ずり
  10.豚バラ
  11.焼き野菜
 12.ユッケジャンクッパ
 13.岐阜産ハツシモ!!減農薬米
 14.アイス


プレオープンということで、上記すべてプラス呑み放題付きで
ナント1人1,000円!!!

こちらが「特性スパイス!!ももから揚げ」。
優に20センチはあろうかという特大サイズです!
特大とり唐揚

奥に写るのが、鶏ユッケです。
コチラも美味!

そして鶏焼肉。
とり焼肉
あんまり美味しそうに写っていませんが、
新鮮な鶏がとても美味しかったですよ!

正式オープンは6月26日(土)!
26日~28日には特別サービスで、
ランチはチキンカツサンドのお持ち帰り、
夜は特製スパイスモモの唐揚げが無料になります!

お近くの方、ぜひお越し下さい!


   ~ チキンキッチン&とり焼肉ダイニング ~
      トリニティ のご案内



 ・住 所   岐阜市前一色西町10-4
 ・電 話   058-242-9832
 ・営業時間 昼11:30~15:00
         夜17:00~24:00


オープンチラシ

|  |-相談事例 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インテリアコーディネーターとリフォーム

こんにちは、草野です。

本日は梅雨の晴れ間の爽やかなお天気の中、
名古屋市昭和区までお伺いしてきました。

このお宅ではリフォームをお考え。

和室が「物置状態」になっているため何とかしたい、
さらに、LDKが暗いので明るくしたいというご要望。

また、施工するのは、新築時も担当した
お知り合いの建築会社に決めていらっしゃいます。
ただ、施工中心の会社のため、
あまり提案には期待できそうにないそう。

そんな中でのご相談は、誰に設計を頼めばよいの?というもの。

設計を専門にする人というと、
真っ先に思い浮かぶのは「建築家」です。

でも、今回のリフォームは構造躯体をいじるほど大規模ではなく、
収納や動線など日常の使い勝手の改善や、クロスや床、
カーテンや家具といったインテリアの手直しが中心になります。

そこでお薦めしたのが、
「インテリアコーディネーター」

インテリアコーディネーターは、
積極的に空間を考えるための「建築技術」はじめ、
色彩の特性や調和理論、心理的効果をふまえた「色彩提案」
ビジュアルでプランを伝える基本技法である「パース」
機能的で快適な空間をつくるための「コーディネーション」
実際の打合せで効果的なスケッチを描くための「スケッチング」
床・壁やファブリック・家具・照明などの「商品知識」
といった幅広い専門知識を習得した人たち。

収納や間取りといった建築的な要素だけでなく、
カーテンや家具、照明、小物、観葉植物といったインテリアの要素、
そしてそこに住む方のライフスタイルを踏まえて、
居心地の良い空間を演出します。

今回のお宅のように、最小限のリフォームで、
いま抱えている使い勝手の不満を解消し、
さらにちょっとしたインテリアの心遣いで
「ガラッと雰囲気を変えてしまいたい」という方にピッタリです。

また、インテリアコーディネーターは、
家具やカーテン、インテリア小物の配置や選定など、
建築工事を伴わなくても、アドバイスしてもらえます。

リフォームからお部屋のちょっとしたイメージチェンジまで、
インテリアコーディネーターなら気軽に相談に乗ってもらえます。
忙しくてインテリアを考えている暇がない方、
自分のセンスに自信がないという方、いかがでしょう?


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『リフォームお役立ちサイト「見積りチェックシステム」』
『ちょっと難しいリフォーム会社選び』
『センスと理論でインテリアコーディネート!』


| ◆住宅会社選び | 17:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土地購入時のローン「つなぎ融資」

こんにちは、草野です。

全額自己資金で家づくりをする方というのは、ごく稀。
たいていは住宅ローンのお世話になりますが、
土地の購入からという方は、土地の支払いも
ローンを利用するというケースは多いです。

先日も、土地の購入でローンをご検討中の方から、
メールでご相談がありました。

建物だけでなく、土地でもローンを利用する場合、
特にフラット35や財形住宅融資を利用しようという場合は、
少々手間がかかります。

というのも、これらのローンは建物完成後に融資が実行されるため、
土地の購入時には別の手段で資金を確保する必要があるからです。

その手段が「つなぎ融資」です。

つなぎ融資は、土地の購入や工事中の建築費用の支払いなど、
住宅ローンが実行されるまでの間だけ行なわれる融資ですので、
建物が完成し、住宅ローンが実行された時点でつなぎ融資は完済し、
それ以降は住宅ローンの返済をするという流れになります。

ご質問いただいた方の場合は、
土地の購入費用は自己資金で賄うこともできるため、
土地を自己資金、建物は住宅ローンとするか、
土地の購入時もローンを利用するかでお悩みでした。

つなぎ融資は、住宅ローンに比べて金利が割高ですし、
つなぎ融資期間中の団体信用生命保険料や金利もかかるなど、
賃貸住まいの場合、家賃と二重の支払いになってしまいます。

そして、つなぎ融資を利用する場合、
つなぎ融資と住宅ローンの2回手続きを行なうため、
事務手数料や契約書の印紙代が2回必要になります。

さらに、つなぎ融資の手続きにあたっては
建物の図面や見積・契約書が求められることもあり、
住宅会社の選定やプランの打合せを急ぐことになったり、
住宅ローンを選ぶ自由度も低くなります。

ですので、つなぎ融資を利用しなくて済むのなら、
それに越したことはありません。

ちなみに、この方の場合は、土地の購入費用にプラスして
工事の着工時・中間時の支払いまで自己資金で賄えそうでしたので、
あえてつなぎ融資を利用する必要は無いでしょう、とお返事しました。

ここまで自己資金が用意できれば言うこと無しですね!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『土地と建物の資金バランス』
『自己資金と借入金(ブログ注文住宅入門 その12)』
『ローンで土地を買うなら「融資特約」』


|  |-住宅ローン選び | 20:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家づくりに合わせて生命保険の見直しを

こんにちは、草野です。

たいていの人が万一の備えとして
「生命保険」に入っています。

万一のための保障ですので、
結婚や子どもが生まれて必要な保障額が変わるのに合わせて、
生命保険を見直す方も多いと思います。

そんな生命保険を見直す機会の一つが、家づくりです。
昨日、個別相談にお越しいただいたお客さまも、
ご相談内容は生命保険の見直しでした。

なぜ家づくりに合わせて生命保険を見直すのか?
それは、必要な住居費が変わってくるからなのです。

もし賃貸住まいであれば、月々の支出は家賃や共益費、
さらに2年毎の更新料がかかってきます。

それが持家になると、家賃がなくなる代わりに
毎年の固定資産税や都市計画税がかかり、
さらにメンテナンスのための費用、
そして住宅ローンの返済が始まります。

全額自己資金であれば住宅ローンの返済は発生しませんが、
そのようなケースは多くありません。
そして、家を建てた後の住居費で
いちばん大きな割合を占めるのが住宅ローンなのです。

でも、万一のときには住宅ローンを返せるだけの保障が必要か?
というと、ほとんどのケースでそんなことはありません。

どうしてかというと、この住宅ローンを利用する際には、
「団体信用生命保険(団信)」
に入ることが一般的だからです。

団信とは、住宅ローンの借り手が死亡や高度障害になったとき、
ローンの残金が金融機関に支払われる生命保険
のこと。
この団信に入っていれば、住宅ローンについては
万一の保障を考えておかなくて良いということになります。

これは、いま入っている生命保険の保障額も、
住宅ローンの分は減額しても問題ないという訳です。
むしろ、余計な保障は保険料に直結しますので、
積極的に見直すことで、家づくりの資金計画もラクになってきます。

(ちなみに住宅金融支援機構のフラット35の場合、
 団信への加入は任意なので、忘れずに団信に入るか、
 「就業不能所得保障保険」などに入ることをお薦めします)

これから家づくりをお考えの方や、
すでに家を建てたけれど生命保険を見直していないという方、
ぜひ一度お手元の保険証券を引っ張り出してみるとよいですよ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『ここには書けない住宅ローンのマル秘テク』
『比較して選びたい 住宅ローン』
『住宅ローンいろいろ(ブログ注文住宅入門 その13)』

| ◆マイホームの資金計画 | 16:27 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土地と建物の資金バランス

こんにちは、草野です。

本日は無料・個別相談会です!
午前中に1組のご相談をお受けし、
このあと夕方にもう1組のご相談です。

先ほどのご相談は、土地購入を目前に控えたお客さま。

土地のことはとても気に入っているものの若干予算オーバーで、
 「売主との価格交渉はどうすればいいの?」
 「この土地を購入して、資金的に大丈夫なの?」
 「土地を購入したものの、希望する建物が建つの?」
 「契約の流れは?」
 「住宅ローンのタイミングや、土地と建物の資金の割り振りは?」

などなど、土地にまつわるご不安をお持ち。

土地そのものについては、周辺の他物件と比較しながら、
多少割高感がなくは無いものの、敷地形状や駅までの距離等を考えれば、
決して悪くないとお伝えしました。

ただ、家づくりというのは土地だけで判断することは出来ません。
そこで、土地の話しから離れて、
どのようなお住まいを建てたいのかをお聞きしました。

そのご要望からすると、
現在のご予算で建たないことはありませんが、
ご要望をかなり割り切っていただかないといけません。

もしくは、コストと建物を重視するのであれば、
もう少し安価な土地を選ぶ必要があります。

でも、あと500万ほど上乗せしていただければかなり余裕が出て、
住宅会社選びはじめ、設備や仕様などの選択肢も広がります。
自己資金や年収を考えると、借り入れも返済も問題ありませんよ、
とお伝えしました。

・・・って、このコトバ、まるで昨日のブログで書いた
「銀行が○○万円まで貸してくれるのですから、
 もっと予算を上げましょう」

というセールストークにソックリ!?(昨日の記事はコチラ

いえいえ、このお客さまの場合は事情が違うのです。

とても堅実な方で、自己資金も充分お持ち(3000万以上!)、
それでいて借り入れは最小限(1000万)に抑えたいとお考え。
土地も、立地は重視するものの大きさにはあまりこだわらず、
建物もこじんまりとしたもので構わないという堅実さ。

この堅実さはとても好ましいものであるものの、
予算を抑えすぎて、納得のいく建物にならなければ、
あとで後悔することも・・・

ということで、この土地をご購入すること自体は
資金的に全く問題ないので、あとはご要望に合わせて予算を決め、
住宅会社を選びましょうということになりました。

と、ここまで堅実な資金計画が出来る方はそうそういないでしょうが、
これだけ慎重な姿勢なら、そうそう間違いも起きないでしょう。

特に、土地購入の際、建物との資金バランスを考えておけば、
「土地は気に入ったけれど、満足のいく建物が建たなかった」
という失敗は避けられるでしょう。
ぜひ参考にしていただきたいところですね。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『比較して選びたい 住宅ローン』
『土地の値段のつき方』
『借りられる額? 返せる額?(ブログ注文住宅入門 その11)』


| ◆マイホームの資金計画 | 14:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT