マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ゆるりずむ de ふたり」完成見学会初日

こんにちは、草野です。

本日は、愛知県日進市にて建築家と建てた家
「ゆるりずむ de ふたり」完成見学会初日でした。

前日のお天気とはうって変わって、本日は青空が広がるいい天気。
まさに見学会日和のなか、17組のお客さまがいらっしゃり、
建築家のナイトウタカシさんの解説のもと、
数々のこだわりをご覧いただきました。

まずはテーマである「ゆるりずむ」と、「トジタ ハコ」「三つのニワ」
「アップダウン」
といったコンセプトの説明からスタート。

「ゆるりずむ」のココロは、
「時がゆるく流れていく、offな空間」で、
コンパクトながらも趣味を楽しみ、
手間なくふたり暮らしのできる家を目指しています。

「トジタ ハコ」の通りシンプルで閉じた外観ですが、
シンプルな外観.
これは角地という立地だけに、防犯やプライバシーの確保を意図した結果です。
縦や横に長いスリムな窓がアクセントになっています。
窓ガラスは場所に応じてフィルムを張り、
プライバシーを確保できる「見通せない」ようにしています。

「三つのニワ」のメインになるのがコチラ。
ガレージ ガレージから続く庭
玄関脇を過ぎ、ガレージが続いています。
実はここ、LDKの真正面。愛車をLDKから楽しめるという趣向。
リビングから望む庭

そのLDKが3つ目のキーワード「アップダウン」
玄関ホールを抜け引戸を開けると、思わず「オッ」と言ってしまう高低差。
アップダウンのLDK
現れたのは建物の奥行きをフルに活かしたLDKプラス和コーナー。
床のアップダウンやウッドデッキへのつながりによって、
「タテヨコオク」への広がりが生まれています。

鮮やかなレッドが目を引くキッチンも、こだわり満載。
壁面収納はスライド扉でスッキリ&収納量タップリ。
IHクッキングヒーターは、エッジのきれいなAEG製で、
レンジフードは極薄のアリアフィーナ製です。
キッチン キッチンと壁面収納

キッチンでひときわ目に付くオブジェのような物体、
じつはこれ、シンクの水栓金物なのです。
大きなのがスタルクの水栓、小さいのがトリムの電解還元水装置です。
スタルクの蛇口 スタルクの水栓金物 トリムの電解還元水装置

あまりに個性的なため、ご主人と奥さまで意見が割れたそうですが、
最後はデザインで選んだご主人のご意見が通ったそう。
でも、この水栓金物、存在感があって草野的にGoodです。

キッチンの一角にあるのが奥さまコーナー
コンパクトながらかわいい窓付きで、
作業に集中できそうです!
奥さまコーナー.

・・・とこだわり満載のため、まだまだ長くなりそうです。
続きはあらためてお届けします。

|  |-相談事例 | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無視できない施主ブロガーの影響力

こんにちは、草野です。

このブログ「家づくりコンサルタントの雑記帳」、
先週は家づくりセミナーなどのイベントがあったため
更新頻度が少々下がってしまいましたが、
今週はなかなかの絶好調、毎日更新しています。

先週のブログで「イベントが重なっていてブログの更新が滞っている」
と言い訳めいたことを書いていましたが、
今週の快進撃で、少しは名誉を挽回できていると思います?!

これだけブログを更新していると、結構気になるのが他人のブログ。
草野も住宅や不動産業界関係者のブログはじめ、
いくつかのブログを愛読しています。
特に、実際に家づくりをなさっている施主のブログというのは、
施主の立場での本音が見えてくるので、
家づくりのコンサルタントとしても参考になることが多々あります。

いまは何でもインターネットで調べる時代だけに、
きっと、家づくりをお考えの皆さまも、施主ブロガーのブログを
参考になさっているのではないかと思います。
それだけに人気のあるブログの影響力というのは
計り知れないものがありそうです・・・

では、いったいどれくらいの影響力があるの?
ということを調べたのが、リブネット・プラスの代表・馬渕なのでした。

「家づくりブログの意識及び影響力等に関する調査」と題し、
ブログランキング上位の101のブロガーに直接アンケートを送り、
ブログを始めてからの期間や更新頻度をはじめ、
家づくりブログを始めたきっかけ、先輩施主ブログから受けた影響、
ブログによる効果や影響力などなど14の項目を聞いています。

その回答からはいろいろと興味深いことが分かります。

たとえば「他の家づくりブログから与えられた影響」を聞いたところ、
「特になし」という回答はわずか6%で、
残り94%のブロガーが何らかの影響を受けています。

具体的な影響としては、「建築の専門知識の理解」や
「家づくりにおけるモチベーションの維持や心の支え」と
回答したブロガーが6割以上、「プランの決定」や
「事業者とのコミュニケーションの円滑化」と回答したブロガーも
3割程度いるなど、家づくりそのものや建築そのものについても
かなり影響を受けていることが分かります。

そこから得た馬渕の分析は
「同じ経験をしてきたからこそ互いの気持ちが理解でき、
 心の面でも支えあっているというブロガー像が見られる。
 また、こうして自身の家づくりによって得られた知識などを、
 後輩施主ブロガーにつないでいっている」
というもの。

ブログの影響力、なかなか侮れませんね!

ほかにも、アクセス数の多いブログの特徴を統計的に分析するなど、
アクセス数が伸び悩んでいる方に参考になる調査結果もあります。

この調査、日本で初ということもあり、
5月20日発行の業界紙「新建ハウジング」さんはじめ、
各種メディアでも取り上げられています。
施主ブロガー調査の記事

ブロガーはじめ住宅業界の皆さまのご参考になると思います。
概要版や詳細なレポートは、馬渕が代表を務めるもうひとつの会社
「株式会社SDI」のHPからダウンロードできますので(概要版は無料)、
ご興味のある方はHPからお問合せくださいませ。

   >>>調査結果のお問合せはコチラから


馬渕はこうも言います。
「アクティブな施主ブロガーは、よーく勉強していて、
 かなり突っ込んだ質問にも答えて、
 相手の役に立つことに喜びを感じているブロガーも多いんです」

(レポート購入特典の対談より)

草野も初心に帰って、相手の役に立つことに喜びを感じながら、
ブログを綴っていきたいと思います。

| ◆家づくりの知恵袋 | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子どもの誕生祝いと親のねぎらい

こんにちは、草野です。

草野家の長女も1歳を迎えました。
これまで大きな病気もせず、
よろよろながらも一人で歩けるまでになりました。

二人目の子どものため、
上の子の時のようにいたれり尽くせりという訳にはいかず、
泣いていても放っておかれることもしばしば。

離乳食ひとつとっても、
上の子の時はかなり神経質になっていましたが、
下の子が食べるの大好きで、なんでも良く食べるので、
早々に親と同じものを食べることになりました。
(柔らかく煮たり細かくするなどの手は加えますが)

こういった扱いが、あまり細かいことを気にせず、
大らかに育ってくれている原因かもしれません。

なんて、親の自己正当化のように聞こえますが、
二人目の子供だからって、ちゃんと上の子と同じように
気にかけるときは気にかけています。

先日の誕生日には、一生食うのに困らないようにと祈って、
紅白の「一升餅」を背負ってもらいました。
(写真を見ると、人間の「肺」のようですが・・・)
お餅

そして、こちらが誕生プレゼント、
羊さんのロッキングチェアです!
羊のロッキングチェア

このロッキングチェア、バルト三国のエストニア製で、
スカンジナビアパインと天然羊毛100%の本体は、
手彫りのような細工で、素朴な仕上げになっています。
北欧テイストいっぱいで、北欧好きの草野家にピッタリ!
無塗装ですので、キズや汚れが付くでしょうが、
それも子供たちの成長の証しになるでしょう?!
羊さんのアップ

この羊さん、お腹に押される刻印を見ると「puu ja puu」という文字が。
英語にすると「tree & tree」を意味する、木製家具のオリジナルブランドで、
子供から大人まで安らげる「ホッ」とする空間づくりを目指しているそうです。
puu ja puu

購入したのは行きつけの家具屋、名古屋市中川区の「Vigore」さん
以前見つけてずっと気になっていて、長女の誕生プレゼントにかこつけて、
ようやく手に入れることができました。

この「Vigore」さん、草野家の琴線に触れるグッズが多数あり、
これまでもソファクリスマスプレゼントを購入しています。
今回もその例に漏れず、親のためのグッズも購入してしまいました(^^)

こちらがゴミ箱
ゴミ箱 フタをとったゴミ箱
やはり木製で、アクセントカラーのグリーンは
カミさんのイメージカラーでもあります。
フタがあるので、ゴミ箱の中にビニール袋を入れても目立ちません。
福井県のヤマト工芸さんの製品です。

こちらがウォールステッカー
ウォールステッカー
「Nouvelles Images」社の製品でフランス製、
デザインは Nathalie PINEAU という方のようです。
ちょっとレトロモダンチックな色合いで、
一枚ずつはがして、好きな所にペタペタ貼ることができます。
草野家では楽器部屋の入口扉に貼るつもりです。

前述のゴミ箱も、実は楽器部屋用。
結局は親のための買い物になってしまいましたが(^^ゞ
子どものお祝いと親のねぎらいということで、
お許しいただきましょう!?


|  |-管理人の家づくりと暮らし | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ゆるりずむ de ふたり」まもなく見学会開催!

こんにちは、草野です。

「百聞は一見にしかず」ということわざがあります。
どんなことにも当てはまることわざだと思いますが、
このことわざ、「建築家住宅」のことを指して
言っているのではないかと思うことがしばしばあります。

住宅というのは、かっちりとした形があるので、
言葉で説明するのは容易なように思われるかもしれません。
確かに、そういう住宅もあるでしょうが、
建築家と建てた住宅の場合は、まさに「百聞は一見にしかず」。

それは、個性的なデザイン、徹底的に配慮された使い勝手、
計算しつくされた光の動きや風の流れ、
内と外、さらには敷地周辺との関係、
そういった要素が複雑に絡まりあって、言葉で言い尽くせない
豊かな空間になっているからなのでしょう。

・・・と書いておいて何ですが、
今度の週末に開催する完成見学会の住宅
「ゆるりずむ de ふたり」を設計したナイトウタカシさんから、
このお住まいの見どころをまとめた「こだわり説明書」が届きました。
文字だけでは十分に伝わり切らないとは思いますが、
読んでいて草野も楽しくなりましたので、ここでご紹介します。

A4を四つ折りにした表紙に書かれたのは
「トジタ ハコ」+「三つのニワ」+「アップダウン」→「ゆるりずむ」
というコンセプト。
こだわり説明書

表紙をめくると平面図と、40にものぼる「こだわり」
全部はご紹介できないので、その中からいくつかピックアップすると・・・

 ・「隠された」インターホン
 ・正面には「青空」
 ・「タテヨコオク」へと広がるLDK+α
 ・連続する「建築化」照明
 ・大きな窓と「スリムな」窓
 ・「スタルク」と「トリム」
 ・集中できちゃう(かも)「奥様コーナー」
 ・「グリーン」と「信楽」
 ・フロ → シマトネリコ → 夜空
 ・適度な「距離感」+「光・風」
 ・「見通せない」ガラス
 ・手入れしやすい「枕木」と「TM9」


いかがでしょう?
楽しそうなこだわりが、多少なりとも伝わりませんか?

「なんとなく分かるけど、もっと詳しく教えてよ」という方。
本日は敢えて補足も写真掲載もしません。
見学会に行って、「百聞は一見にしかず」を体験しませんか?

   ~ 建築家と建てた家 完成見学会のお知らせ ~

 <日 時> 平成21年5月23日(土)・24日(日)
         10:30~、13:00~、15:00~
 <場 所> 愛知県日進市藤塚地内
 <主 催> 株式会社リブネット・プラス
 <参加費> 無料
 <備 考>
   ・予約制となりますので、事前にお申込み下さい。
   ・お申込いただいた方に、詳しいご案内をお知らせいたします。
   ・駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用下さい。
 <データ>
   ・設計監理  ナイトウタカシ建築設計事務所
   ・施  工  大村技建
 <申込み・問合せ>
   ・TEL    052-485-6620
   ・FAX    052-485-6621

       >>>完成見学会のご案内はコチラ


| ◆セミナー・相談会情報 | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

工務店いろいろ

こんにちは、草野です。

昨日・今日とカラッと爽やかな風がふき、
青空が広がって、実にいいお天気でしたね!

こういう気候だと、建築現場の職人さんも作業がはかどるのでしょう。
昨日お伺いした愛知県稲沢市のKさま邸の上棟現場も、
まだ午後3時過ぎだというのに、2階の屋根まで組みあがり、
職人さんたちは、3時のお茶をのんびりと飲んでいるところでした。
まさに上棟日和で、効率よく作業が進んでいたようです。
上棟風景

現場を拝見しながらKさまとお話しをしましたが、
ここまで何のトラブルもなく進んでいるそう。

担当している工務店、新和建設さんのことも、
「打合せをしていても、決して急かしたりしない。
 じっくり納得しながら進めることができた。
 いろんな工務店があるけれど、
 とても良い会社を紹介してくれた」
とのお言葉をいただきました。

たしかに、工務店というのは星の数ほどあるので、
大手ハウスメーカーさん以上に各社のカラーに違いがあります・・・

今日は一日かけて愛知県から岐阜県まで
4社の工務店さんを訪問してきましたが、
会社の規模もそれぞれなら、
得意な構造・工法やデザイン志向、
社長さんの個性もそれぞれ。

たとえば、省エネ性能にとことんこだわるという工務店もあれば、
建築家との家づくりをしている工務店、
徹底的に仕入れを見直し、
安価に設備や建材を仕入れいている工務店もありました。

まもなく施行される「長期優良住宅」についても、
取り組み方、考え方は各社それぞれでした。

工務店とひと口に言っても、住宅以外に店舗やビル、
土木工事まで行なう会社、リフォーム専業の会社、
設計施工で受ける会社、施工のみしかやらない会社など、
施工分野だけでも様々。
ほかにもデザイン性や個性の違い、考え方の違いなどなど、
経営状態や技術力の良し悪し以外に
各工務店によって千差万別といえます。

ですので、工務店と家づくりをする際には、
「合う」か「合わないか」、つまり施主と工務店の「相性」
をよくよく見極めたいところですね。

|  |-工務店 | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT