マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

建築家コンペの家 地鎮祭!

こんにちは、草野です。

本日は、岐阜県大垣市までSさまの地鎮祭にお伺いしてきました。
昨年秋に建築家コンペを開催してから8ヶ月、
空間工房 用舎行蔵の村西さん・河野さんをパートナーに、
ついにここまで到達しました!

建築家コンペ時に、お施主さまからは
「外観・間取り・動線など、一番シンプルな提案でしたが、
 こちらがどう考えても殆どいじる所がない、
 収まるべき場所にすべて収まる美しい家を考えて頂きました」

とのコメントがあったとおり、
ほとんどプランに変更も無く設計が完了しました。

澄みきった夏空のもと、地面に張られた地縄を眺めていると、
建築家コンペ時にSさまがおっしゃっていた
「すこーんと青空が切り取られたかのような明るく開放感のある空間」のなかに
「薄暗くて奥に何が潜んでいるのか分からない穴蔵のような空間」
がどのように現実のものとなっていくのか、実に楽しみになってきます!
地鎮祭風景

P.S.
 それにしても、本日もいい天気!
 大垣市の最高気温は38.7度!!だったそうで、
 ここまでくると、実に気持ちの良い「夏っ!!!」ですね!
 草野は2時間ほど屋外にいただけでしたが、陽に焼けました(^^ゞ
 地鎮祭後にSさまからいただいたカキ氷が、体に心地よかったです。

|  |-相談事例 | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「あさひうけの家」完成見学会のご案内

こんにちは、草野です。

先日ご紹介した愛知県岡崎市の「あさひうけの家」
「完成見学会の日程が決まりました」とのお知らせが
リブネットの提携建築家、アトリエTeN・長井俊典さんから届きました。

ビタミンカラーのオレンジ色を配した黒い箱型の外観、
南北に風が抜けトンネルのような空間のリビングダイニング、
「あさひうけ」と題した光のギミックを持つ、
コストパフォーマンス住宅です。
外観

アトリエTeN・長井さんのご協力とお施主さまのご厚意により、
リブネットのお客さまにもご覧いただけることになりましたので、
ぜひこの機会に、こだわりの建築家住宅に触れてみて下さい。
階段

    ~ 建築家と建てた家・完成見学会のご案内 ~

 <日 時> 平成20年8月 9日(土) 15:00~19:00
               8月10日(日) 15:00~19:00
 <場 所> 愛知県岡崎市
         愛知環状鉄道「大門駅」より車約2分・徒歩約20分
 <主 催> アトリエTeN一級建築士事務所
 <問合せ> 株式会社リブネット
 <備 考>
   ・予約制となりますので、事前にお申込み下さい。
   ・リブネットのコンサルタントが、一緒にご案内いたします。
   ・お申込いただいた方に、詳しいご案内をお知らせいたします。
   ・現地に駐車場はございません。お車の方はお問合せ下さい。
 <データ>
   ・設計監理  アトリエTeN一級建築士事務所 長井俊典
   ・構造    木造2階
   ・延床面積  約33坪

       >>>完成見学会の詳細はこちらから

| ◆セミナー・相談会情報 | 13:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

建築家と行く「建築スポット」

こんにちは、草野です。

昨日はリブネットの提携建築家、アトリエTeN・長井俊典さんと一緒に、
長井さん設計監理の「あさひうけの家」の見学に行ってきました
行きと帰りと長井さんの車に同乗させていただいたのですが、
さすが建築家、その帰り道にいろいろな
「建築スポット」にご案内いただきました。

例えば、郊外の新興住宅地を通っていると、
「この一角、なかなか粒揃いの住宅が並んでいるんですよ」
見ると、通り沿いに建築家が設計したと思しき住宅が
10軒ほどでしょうか、建ち並んでいます。
これだけ勢揃いしていると圧巻、街なみもここだけ違って見えます。

また、某住宅会社の名古屋初のモデルハウスの建築現場も通ります。
来月オープン予定のこのモデルハウス、
(『ブランド名が無い』というような意の会社です・・・分かる人には分かる?!)
草野も興味があって一度覗いてみたいなと思っていたところ、
思いがけず見ることが出来ました。

また、道中こんな建物を見つけ、思わず車を降りてカメラでパシャ!
看板を見ると美容院でした。なかなか「建築」している美容院ですね!
「建築」している美容院

・・・と、建築家と町を歩くと、いつもと違った発見があるのでした。

|  |-建築家 | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「あさひうけ」って?!

こんにちは、草野です。

東海地方も梅雨が明け、連日いいお天気ですね。
本日はそんな真夏の太陽のした、
愛知県岡崎市まで現場見学に行ってきました。

この住宅、リブネットの提携建築家
アトリエTeN・長井俊典さんの設計監理で、
来月の竣工目指してただいま工事も大詰め。
ちょうど長井さんが現場まで監理に行くので、
「ご一緒にどうですか」とお誘いいただいたのでした。

長井さんの車に乗せていただいて到着すると、
目の前には田んぼが残る新興住宅地の一角。
三角屋根の家並みのなか、黒いボックスに
オレンジがピリッと効いたその住宅はありました。
遠景

外壁やサッシなどの外回りはあらかた出来上がり、
現場ではちょうど建具が搬入されたところ。
このあとクロスなどの内装仕上げに入ります。
外観

この住宅、建築家の長井さんはデザイン性や使い勝手、
そしてコストとのバランスに気を配ったそうで、
コストパフォーマンスの良い規格品を使いながらも、
そうは見せないセンス・アイディアで全体をコーディネート。

南北に光と風が抜けるトンネルのようなリビングダイニング、
縦の拡がりを生むスキップ状のフロアにダイニングの吹抜階段など、
延床33坪とコンパクトななかで、
敷地を最大限に活かす工夫が凝らされています。
造り付けの棚

そして、この住宅のタイトルにもなっている仕掛け「あさひうけ」。
何だと思いますか?
敢えて漢字で書くと「朝日受け」でしょうか。
建築家らしい遊びごころ溢れる、ちょっとした仕掛けです・・・

実はこの「あさひうけの家」、
アトリエTeN・長井さんのご協力とお施主さまのご厚意により、
リブネットのお客さまにもご覧いただく機会をいただきました。
日時など詳しいご案内はあらためていたしますが、
「あさひうけ」とは何なのか、正解は実地にご覧下さいませ。

|  |-建築家 | 16:45 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AUAU建築研究所 鵜飼さん

こんにちは、草野です。

昨日は、名古屋市北区で開催された「町に開いたゲートのような住宅」
完成見学会のレポートをお届けしましたが、その中で書ききれなかったお話が
設計監理をなさったAUAU建築研究所の鵜飼昭年さんからありました。
鵜飼さんの設計に対する考え方やお人柄の一端が分かりますので、
ここでいくつかご紹介します。
鵜飼昭年さん1

 「図面作成に入るまで、いろいろ話しをしたり一緒に
  ショップに行ったりなど、コミュニケーションをじっくりとる」  
 「やりとりの中で、お施主さまに感化される
  『イタコ』のようなところがある」
 「打合せの過程でいろいろな作用が起こるけれど、
  一番大きいのは住まい手のキャラクター、あとは敷地の条件」
 「『最高の空間をお施主さまにプレゼントしたい』『子育てを応援したい』
  とか、フィーリングが合えば『一緒に作品を創りたい』など
  お施主さまに合わせていろいろな思いで、お手伝いしてきた」
 「面白いデザインのものは、流行があるので1年くらいで飽きてしまう。
  そういうものは飽きた時に変えられるように、
  建物に使うのではなく、小物でアクセント程度に使う」
 などなど

鵜飼さんの設計した建物というのは、ひとつの作風に限定されて
いるのではなく、デザイン性や機能性・コストなど、
さまざまな傾向のものが見受けられますが、それはお施主さまとの
こういったやり取りの中から生まれているのでしょう。
きっとお施主さまにとって鵜飼さんとつくり上げた住まいは、
「鵜飼さんの作品」ではなく、自分自身の持っているこだわりが、
鵜飼さんという触媒を通して実現されたという感覚なのではないでしょうか。
鵜飼昭年さん2

昨日の完成見学会会場のお施主さまは、
「鵜飼さんには本当にお世話になった。
少しでも鵜飼さんの役に立てれば嬉しい」
と仰って、
貴重な機会をご提供下さいました。
お施主さまにこのように言わせしめるだけの信頼関係は、
濃密なコミュニケーションから生まれるのでしょう。

|  |-建築家 | 15:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT