マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オリジナルのステーショナリー収納棚

こんにちは、草野です。

「モノが増えて収納に困る」という方も多いことと思います。
たくさんのモノもすっきり整理整頓して、快適に過ごしたいですよね。
それは日常の暮らしでも、「仕事」でも同じこと。

草野も家づくりのコンサルタントという仕事柄、お客さまの資料や
建築関係の参考図書、サンプルなどがどんどん増えてしまいます。
ほかにも2台のPCはじめ、ペンなどの筆記用具、
計算機やホチキス、ハサミなどのステーショナリー、巻尺や軍手、
いざという時の食料(←おやつですね(^^))なんてモノまで、
「ビジネス」に欠かせないものがたくさんあります。

これらのモノたちを納める机は、幅120cm×奥70cmというコンパクトサイズ。
とてもじゃないけれど納まりきらない! 何とかひと工夫をということで、
組立式のパーツでオリジナルのステーショナリー収納棚を作っています。
が、その棚も容量オーバー気味のため、本日バージョンアップをしました。

もとの状態がこちら(←草野のデスク、本邦初公開?!)。
ビフォー
机の上の奥に高さ8cmほどの棚を作り、その上にパソコンのモニターを、
下にはキーボードを収納できるようにしています。
パソコンが2台も鎮座していると相当なスペースをとりますが、
これならパソコンを使わないときはキーボードを収納して、机を広く使えます。

今回はこの棚の右側にもう1段棚をつけ、上段に参考資料を置くスペースを、
中段にちょこっと一時的にモノを置くスペースを作りました。
アフター

このパーツは「ウッドポール」
ウッドポール
さまざまなサイズの「足」と「棚板」、
それらを取り付ける「金物類」を自由に組み合わせ、
お好みの棚が作れるというもの。
ねじ止めの穴あけ器具もあるので、棚板は普通の板でも構いません。
草野は机の上だけでなく机の下にもウッドポールで棚を作り、
ファイル類を収納しています。

よりすっきり機能的になったデスク回りで、
家づくりのお手伝いも一段とパワーアップします?!
草野机の上

|  |-管理人のひとりごと | 14:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リビングアクセスと年月の経過

こんにちは、草野です。

最近、間取りの考え方でよく聞く言葉に「リビングアクセス」があります。
「子供部屋や寝室などのプライベートな居室に行く際、
リビングというパブリックなスペースを必ず通るようにする」という考え方で、
子育て中のご家族にとっては、一度は話題に出るといっても過言ではありません。

本日、工務店さんと初回面談をしていただいたYさんご家族も、
小学1年生のお姉ちゃんを筆頭に、3人のお子さんを抱える子育て世帯。
ご要望のヒアリングの際にも「リビングアクセス」の話題が出ました。

リビングアクセスの良い点は、なんといっても
子供がいつ外から帰ってきたか分かるなど、
家族間のコミュニケーションが取れるということ。
「お母さんが大根を刻む音が家じゅうに響き渡る家なんていいですよね」
とは、工務店の設計担当者さんの弁。

逆にデメリットとしては、こんな話しが出ました。
「お嬢さんが年頃になって友達を家に連れてきたとき、
 お父さんがパンツ姿でリビングにいると困ってしまう」

同じ家族構成でも、年月の経過によって
暮らし方、使い勝手が変わってしまいます。
そんなデメリットも踏まえて、「いつ」の「どのような暮らし方」を
重視するのかよく考えた方がいい
、とのお話になりました。

設計担当者さんはこんなことも仰っていました。
「家というのは、お引渡しのときは不完全なほうが良いのかもしれない」
そういう家は、家族の成長に合った住まい方ができ、
長い年月に耐えることが出来るのかもしれません。
年月の経過というのも、家づくりの重要な要素なのですね。

|  |-間取りとデザイン | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

建築家との「初回面談」

こんにちは、草野です。

リブネット「家づくりコンサルティング」では、
お客さまにピッタリの建築依頼先をご紹介した後、
「初回面談」と称して実際に依頼先とお会いいただきますが、
本日はMさまの「初回面談」に同席しました。

Mさまの依頼先候補は3組の建築家。
「建築家」の場合、ハウスメーカーや工務店以上に、プランの提案力だけでなく、
人柄なども含めたトータルの「相性」が重要になります。
建築家は「設計のプロ」ですので、どなたに頼んでも
プラン自体は最終的にはそれなりに満足のいくものになりますが、
もし建築家との「相性」が合わなかったら、
ゴールに辿り着くまでに相当な苦労をすることも考えられます。

ですので、初回面談ではお互いの自己紹介や
プラン作成にあたってのヒアリングをしてもらいますが、
その際スムーズに会話ができたかも重要なチェックポイント。
フィーリングが合えば、その後の家づくりもスムーズに進むことでしょう。

本日面談していただいた3組の建築家は、面白いほどカラーが全く違い、
自己紹介やヒアリングのスタンスも全く違いましたが、
建築へのこだわりから趣味の話題まで、さまざまな話題で盛り上がっていました。
Mさまにも「なかなか建築家と話しをする機会が無いので
ワクワクしていた通り、とても楽しい一日だった」
と言っていただきました。

充実した初回面談となり、ご紹介したコンサルタントとしても、
ホッとひと安心の草野でした(^^)

|  |-相談事例 | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土地探しからリフォームまで

こんにちは、草野です。

本日は春分の日、祝日ということで
リブネットには4組のお客さまがお越しになりました。

皆さま、状況もご要望もさまざま。
土地のご契約をされる直前の方もいれば、
工務店のご紹介をし、次回初回面談をしていただく方、
すでにご紹介した工務店さんとまもなくご契約の予定で、
本日はご契約に向けて内容の確認をした方もいて、
それぞれの方に合わせてコンサルティングをしました。

そのうちのお一組は、長年お住まいになっている
マンションのリフォームをお考えとのこと。
今回は、単なる設備の入れ替えだけでは無いので、
センスや提案力のある工務店さんをご紹介することになりそうです。

リブネットでは新築の住宅だけでなく、
リフォームのサポートもしています。
建て替えようかリフォームにしようか迷っている方など、
お気軽にご相談下さいませ。

|  |-相談事例 | 19:03 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

春本番、冬物はいつ片付ける?

こんにちは、草野です。

本日も午睡にピッタリのぽかぽか陽気、
(↑仕事中に昼寝しているわけではありませんよ)
冬は過ぎ去り、春本番ですね!
リブネットでも、女性コンサルタントたちの
ピンク色の服やアクセサリーに、春の気分も盛り上がります。
春気分のコンサルタント

草野も、外出するときはコートを脱ぎ捨て身軽になりましたが、
そうなると問題になるのが「いつ冬物をしまうか」ということ。
真冬の寒さはもう来なくても、肌寒い日はまだまだありそうですよね。
・・・と考えると、なかなか片付けることも出来ません。

ストーブなどの暖房器具も同じこと。
「まだ使うかも」と思っているうちに春も過ぎ、
片付けるのが面倒くさくなって、気がついたら秋が来て、
「これ幸い」と再び使うなんていうことにもなりかねません。

そんな時には暦のチカラをかりて、季節の変わり目として
「春分の日」に冬物を片付けてもよいかもしれませんね!

| ◆家づくりの知恵袋 | 14:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT