マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

二世帯いっしょに、あんな暮らしこんな暮らし

こんにちは、草野です。

本日はリブネット・住まいづくり講座「建築家の発想
二世帯いっしょに、あんな暮らしこんな暮らし」として、
二世帯住宅についてお話ししました。

一緒に暮らすといっても、各世帯の家族構成もいろいろなら、二世帯の関係もいろいろ、
分離の仕方もいろいろです。(元総理の「人生いろいろ」みたいですね)
さらに、何をどこまで共用するのかまで考えると、バリエーションは無限大。
単独の世帯なら「平均値」に納まっても、「×2」になったとたんに
「平均値」では納得いかない世帯も多いのではないでしょうか?

そんなときこそ建築家の出番、ということで、
建築家といっしょに、最適な2世帯の関係を築いた実例をご紹介しました。
セミナー風景

一般的な、1階に親世帯・2階に子世帯の「上下分離」や、
隣りあった敷地に、共用庭でコミュニケーションを取れるよう2棟を配した「隣居」、
3階に84歳のお母様のスペースを配した「上下逆転分離」
14坪の敷地に8人家族、それでも2世帯住宅を実現した例など、
それぞれにあった二世帯の『間』を実現した7つのお住まいご紹介をしました。

二世帯住宅には、互いに助け合って暮らせるというメリットもあれば、
生活リズムのズレやプライバシーの確保など、解決しなければいけない点もあります。
まずは両世帯でよくコミュニケーションをとる必要がありますが、
親子だけに照れくさくて話がしづらい、ということもよく聞きます。
そんなときはリブネットにご相談いただければ、
両世帯の橋渡しをさせていただきますよ!

P.S.
 事例としてご紹介した隣居の例が、ただいま発売中の雑誌
 「プレジデントFamily 11月号」に掲載されています。
 よろしければご覧下さいませ。
プレジデントFamily

| ◆セミナー・相談会情報 | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

建築基準法改正から3ヶ月

こんにちは、草野です。

6月20日に建築基準法が改正されてから3ヶ月が過ぎました。
今回の改正は、姉歯事件の影響もあり、これまでの性善説から性悪説へと方針を転換。
確認申請時に提出する書類が増えたり、設計図書の差替えが厳しくなるとともに、
違反したときの罰則も強化されました。

改正にあたって事前の周知期間が取れず、
関連する告示や指針が施行直前に出されたこともあり、
改正当初、建築確認申請がなかなかおりないなどの混乱がありましたが、
今でもあまり状況は変わっていないようです。

建築業界の人たちからは、
  「確認申請がいつおりるのか見当がつかない」
  「以前は民間の確認検査機関の方が早く申請がおりたが、
   今は役所の方が早くおりるようだ」
  「しばらく様子を見ている」
といった話を聞きます。

国土交通省も8月15日にHPで公表した「建築主の皆さまへ」という文書のなかで、
  「設計者と事前に綿密に打合せを行い、意匠・構造・設備の
  整合性のとれた設計図書により確認申請を行って下さい」
  「できるだけ余裕のあるスケジュールを設定して下さい」
  「設計内容の変更を検討する場合は、
   工事のスケジュールへの影響について十分に留意して下さい」

との呼びかけをしています。

以前よりも審査期間や工期の長期化は必至の状況ですので、
いま設計中・工事中の方はもとより、これから家づくりをお考えの皆さまも、
期間に余裕を見て家づくりをお考えになった方が良さそうです。

|  |-住宅の税金と法制度 | 15:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

建築家によるヒアリング

こんにちは、草野です。
本日は指名建築家コンペの幕開けとなる、
建築家によるご要望のヒアリングを開催しました。

お施主さまは、岐阜県大垣市で家づくりを計画中のSさま
明るい空間が好きというご主人と、穴蔵のような空間がお好きという奥さま、
そして元気なお嬢さまの3人ご家族です。

対する建築家は4組(五十音順)。
  ・池田金夫さん(ココー設計)
  ・河野太郎さん+村西弘至さん(空間工房 用舎行蔵)
  ・寺下浩さん(smilo)
  ・山本敏彦さん(シーエスデザインオフィス)

建築家コンペで歴戦の面々が、一つのテーブルを囲んで自由にヒアリングをします。
建築家ヒアリング風景

まず話題に上ったのが、「穴蔵のような空間とは?」。
「明と暗が混在しても良い?」「明るいところから暗いところを覗く感じは?」など、
さまざまな角度からの質問でイメージを探り出します。
「奥に“何か”あるかもしれないし、無いかもしれない感じ」
「天井を低くして落ち着きたい」「暗いところから明るいところを眺めるのが好き」
などのコメントを、建築家たちはどう捉えるのでしょうか?
ご主人のご要望の「明るいリビング」といかに同居させるかが、
今回のコンペのポイントになりそうです。

また、Sさまには切抜きをファイルした自家製「イメージ写真集」をお持ちいただき、
「図書館のような本棚」や「露天風呂感覚」のお風呂、温室の中のような庭など、
具体的な雰囲気をお伝えいただきました。
特に、「色はこんなイメージです」と見せられた「ウサギちゃん」の写真には、
一同「なるほど~」と深く納得でした。

他にも話題は、収納や照明、キッチンや子供室などハード面から、
隣地のご実家との行き来、来客の頻度、休日の過ごし方、
さらにはドラゴンズ戦のTV中継の話などなど、ここにはとても書ききれません。

ヒアリング前には「ちょっと緊張しています」との建築主さまでしたが、
90分に及んだヒアリングは、和やかに終了しました。
本日のヒアリングの内容を踏まえて、4組の建築家たちがプランを提案します。
2週間後にどんなプランが届くのか、実に楽しみです!

|  |-相談事例 | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小さな子供と寝床

こんにちは、草野です。

私事で恐縮ですが草野家の長男も1歳を迎え、
よちよち歩きをするようになりました。
運動量が増えたせいか、これまでは夜中に起き出すことも
あったのですが、いまは朝までぐっすり寝ています。

それにしても、子供の寝相はものすごいですね。
ごろごろごろごろ一晩中あちこち転がりまわり、
寝ている姿といえば、行き倒れたようなヘンテコな格好。
一緒に寝ているカミさんも、よくぶつかってこられて逃げながら寝ています。

そんな草野家でいま問題になっているのが「どこで誰と寝るか」ということ。
これまでは、カミさんと息子がリビングで、草野が主寝室で寝ていました。
息子がベビーベッドで寝ていたころは、
常に目が届くということでリビングで寝かせていましたが、
草野が夜遅く帰宅してゴソゴソしていると、起きてしまうこともたびたび。
カミさん曰く「もうちょっとで寝そうだったのに、
パパが帰ってくると興奮して眠れなくなる」とのこと。

ということで、カミさんと息子もリビングを引き払って、
これまで草野が占拠していた主寝室で
親子3人仲良く川の字で寝ることになりました。
3人分の寝床プラスごろごろスペースの確保に向けて、
家具の配置などを考えているところです。。。

小さなお子さまをお持ちの皆さまは、どのように寝ているのでしょうか?
川の字派も多いでしょうが、草野が携わったケースでは、
ご主人が一人で、奥さまとお子さまが別室でというご家族も結構いらっしゃいます。
子供の寝床というのは想像以上に場所をとるので、
そんなことも踏まえて子供部屋の計画をした方が良いかもしれませんね。

|  |-間取りとデザイン | 09:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

建築家によるスペシャル討論開催!

こんにちは、草野です。

人前に出ることのあまりない建築家。
どのような仕事をするのか、そもそもどういう人たちなのか。。。
その素顔をご覧いただこうと、
当ブログでも建築家の声を何度かお届けしています。
でも、活字で読むより、実際にその姿を見て聞いてもらうのがイチバン。
ということで、建築家のナマの声をお聞きいただくセミナーを開催します。

このセミナー、リブネットと提携しているウィークエンドホームズ多治見の主催で、
題して「良くわかる! 建築家で建てる家」。
メインイベントは、建築家コンペで数々の当選歴を誇る建築家、
河野太郎さん(空間工房 用舎行蔵)奥田喜弘さん(奥田建築設計事務所)
を迎えてのスペシャル討論!
建築家から見た家づくりのコツや業界のウラ事情などなど、
何が飛び出すかは当日のお楽しみ。

建築家と建てる家の良さを体感していただけますので、
この秋家づくりをお考えの方、お気軽にお越し下さいませ。

        ~スペシャル討論~
  人気実力建築家と語る『いい家って何だ?』
   <日 時> 9/30(日) 13:00~15:00
   <場 所> 中部電力多治見営業所(多治見市上野町5-1)
   <主 催> ウィークエンドホームズ多治見
   <協 賛> リブネット<ウィークエンドホームズ中部>
   <お申込> こちらからどうぞ

| ◆セミナー・相談会情報 | 11:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT