本日は住宅会社選びのご相談をお受けしましたが、
その中で、木造・鉄骨造・コンクリート(RC)造で、
どれくらいコストが変わるのか?
とのご質問をお受けしました。


住宅会社を選ぶ際には、あらかじめどのような家に住みたいかの条件、
すなわち“住宅会社の基準”を固めておく必要があります。

そこで、いろいろと新居のご要望をお聞きしていくのですが、
必ず出てくるのが構造・工法のお話です。

よくご質問が出るのが、木造・鉄骨造・RC造の中で
どれが一番耐震性が高いですか?ということ。

このご質問には、「どの構造工法でも、耐震性に問題ありません」
お答えしています。

材料そのもの強度で見れば、木と鉄、コンクリートでは違いがありますが、
一定の耐震性が確保できるように設計しているので、
理論上は木造だから地震に弱いということにはなりません。


ただ、材料そのものの強度が違うが故に、
木造では作れない大空間・大開口が、
鉄骨造・RC造では作れるということはあります。

例えば、本日のご相談でもできればビルトインガレージが欲しい
とのご要望がありました。そうすると、ガレージの規模によっては
木造よりも鉄骨造などの方が有利になる可能性があります。

では、その際のコストはどうなるの?というのが
冒頭に挙げたご質問です。


端的に答えると、コストは
 木造 < 鉄骨造 < RC造
となります。

どれくらい金額に差が出るかというと、
これはなかなか答えが難しいところ。

坪単価自体が非常にアバウトですし、
建物の建て方によっても単価は変わります。

例えば、木造で大空間・大開口を設けようとしたら、
補強が必要な分、鉄骨造並みのコストになる可能性も否定できません。


ただ、敢えて構造別のコストを坪単価で比較してみると。
(とても乱暴な議論であるのは承知のうえで)

あくまで建物の大きさや設備・仕上げ等のグレードは同等とし、
構造的に特殊なことはしないと想定した場合・・・

鉄骨造は木造の坪単価にプラス10万、
RC造はさらにプラス10万円
といったところでしょうか。

つまり、木造で坪50万円の建物であれば、
鉄骨造で坪60万円、RC造で坪70万円。

延床面積40坪の一般的な規模の住宅であれば、
建物本体価格は木造2000万円、鉄骨造2400万円、
RC造で2800万円となります。


この坪単価は、あくまで同じグレードの建物としていますが、
鉄骨やRCで家を建てる方は設備や仕様をハイグレードにする方も
少なくないため、実際の価格差はもっと出るでしょう。

また、建てる住宅会社によっても坪単価は当然変わってきます。
鉄骨造に不慣れな工務店ならもっと価格は上がるでしょうし、
大手ハウスメーカーならやはりそれなりの経費もかかります。

こんな事情がありますので、構造にあまりこだわりがなく、
コストを抑えたいという方(大多数だと思います)は
必然的に木造で建てることになるという訳です。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『“木造は弱い?!” 地震に強い構造・工法は?』
『注文住宅で予算オーバーしてしまったら』
『建物本体工事には何が含まれる?』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
昨日に続き、吹上ホール・あいち住まいるフェアにて見つけた
面白い建材をご紹介します。

本日はコチラです。

網戸

ご覧の通り網戸、です。

が、ただの網戸ではアリマセン。
破れない網戸です。

カッターで突いてもトンカチで叩いても破れません。

網戸_カッター


いったいどういう事か?

写真では分かりにくいのですが、
この網はステンレス・ワイヤー製

そりゃ簡単には破れませんネ。

網戸_アップ



さらに、サッシと組み合わせることで
網戸を施錠することができます。

網戸_錠

簡単には開けられず、破られず、外されずですから、
夏に窓を開けて寝ても泥棒に侵入されにくいという訳です。


防犯性能の認定である“CPマーク”は取っていませんので、
第三者的な防犯性能は確認されていません。

でも、通常の網戸や格子戸に比べれば
十分に防犯性能があるように思われます。

この手の商品としてはブラインドシャッターがありますが、
それよりも簡単で安価。

犬や猫などのペットを飼っている人にもおススメできます。


製造しているのは、北名古屋市に本社がある長尾木鋼さん。
商品名は“ソリッドフロー”です。

ご興味のある方は、コチラのホームページからご覧ください。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『吹上ホール・あいち住まいるフェア2016二日目点描』
『縦すべり出し窓に危険な弱点が?!』
『マジックかんたんアミ戸』




テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
3日間にわたって開催された
吹上ホール・あいち住まいるフェアも昨日閉幕しました。

今回は、建築事業者向けの「建築総合展」との共催とのことで、
プロ向けの商材の出展も多数あり、情報収集させていただきました。

そんな中で特に気になったものを、
本日と明日の2回に分けてご紹介します。


まず一つ目がコチラ。

プレート


照明のスイッチやコンセントのプレートです。

一般的な製品は、いかにも工業製品然としていたり
プラスチック感丸出しだったりしますが、こちらは違います!

ナチュラルな木製や・・・

プレート_木


少しラブリーなホーロー製・・・

プレート_ホーロー


ゴージャスだったりシックだったり・・・

プレート_ヴィンテージ


高級感あふれる漆・・・

プレート_漆


シャープなステンレス製に・・・

プレート_メタル


トグルスイッチも。

プレート_トグル

メタリックなプレートは、建築家の建物にも合いそうですね!


照明やコンセントのプレートは
これまでほとんど選択の余地がありませんでした。

こんなにバリエーションがあると、
インテリアに合わせて選ぶ楽しみができますね!


メーカーは、建築用のレバーハンドルや
金具などを製造・販売しているスガツネ工業さん

プレートも最近取り扱いを始めたそう。
名古屋にも大曽根駅前にショールームがあり、
実物をご覧いただけます。


照明のスイッチは毎日手に触れるもの。

腕時計や携帯電話、筆記用具などと同様、
自分の好みに合えば愛着が湧き
満足感も高まるのではないでしょうか?

これから家づくりをお考えの方だけでなく、
すでに家を建てた方もいかがですか?


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『大名古屋ビルヂングに166の無垢フローリング材が大集合!』
『枕元で携帯電話を充電するなら、コンセントはどうする?』
『味のあるガラス』


テーマ:家具・インテリア
ジャンル:ライフ
昨日、ある住宅事業者さんとの打合せで
名古屋駅前の大名古屋ビルヂングに行ってきました。

大名古屋ビルヂングの10階・11階には
「ハウジング・デザイン・センター」が入っているのですが、
訪問先はその中に出店している1社。

ハウジング・デザイン・センターは、
新築・リフォーム・家具・インテリアなど
全37社が出店する一大ショールーム。

春のオープン以降半年経ってようやく訪問することができましたので、
用件が終わった後、ぐるっと見学してきました。


いろいろなお店がありましたが、
特に目を引いたのがコチラ「muku plus(ムクプラス)」さん。

正面入口

運営するのはフローリング材の輸入・販売を手掛ける興亜通商さん

“体験型フローリングショールーム”と銘打ち、
世界各地から取り寄せたフローリング材など
40樹種・166アイテムを展示。

“森の小路”をイメージする店内に入っていくと、
床はもちろん、床から生える切り株のようなインテリアも
全て無垢のフローリング材。

店内

カットサンプルも多数取り揃えてあり、
無料で持ち帰ることができます。

サンプル


床材だけでなく、無垢材を使った小モノや・・・

小モノ-1

小モノ-2

家具なども展示販売しています。

家具-1

家具-2


場所は名駅から地下街直結の大名古屋ビルヂング11階。

これだけの床材が揃う場所はなかなかありません。
家づくりをお考えの方は一度覗いてみると良いですよ!

営業時間は11時から19時、水曜定休です。

   >>>muku plusさんのHP


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『建材を見るだけではない、ハウスメーカーのショールーム』
『ピアノ入れ替えに合わせて、床を補強&張り替えました!(前編)』
『畳は奥が深い!』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
本日はリフォームのご相談がありました。
その中で子供部屋勉強机のお話が出ました。


一昔前、例えばアラフォー世代の草野の場合、
実家の自分の部屋は8畳間でした。

草野の友達も、しっかりした自分の部屋を
持っていた覚えがあります。

ただ、その後“引きこもり”が社会問題となり、
広くて快適な子供部屋は良くないという考え方が出てきました。

そして「東大生は小さいころからダイニングや
リビングで勉強していた」
という調査結果が発表されました。

その結果、いまは子供部屋は寝て着替えるなどの最小限に抑え、
それとは別に家族共用のスタディコーナーを設けるという
ケースが増えています。


ただ、勉強の仕方は子どもによって違います。

どうしても個室の方が落ち着くという子もいるでしょうし、
逆にダイニングテーブルの方が勉強がはかどるという子もいるでしょう。

大事なことは子どもに合った環境が何なのかということ。
あまり「こうあるべき」と親が決めすぎるのもどうでしょうか。

逆にいうと、子どもに合った選択肢を
どれだけ用意できるかが大事と言えるかもしれません。


選択肢の一つとして、子どもが自分の気分に合わせて
勉強スタイルを変えらるようにする、という考え方もあります。

そんな時には、こんなツールはいかがでしょう?

どこでも自習室-1

これは通販のベルメゾンが出している「どこでも自習室」
(写真はサイトから借用)

こんな風に、折りたたんで移動・収納できます。

どこでも自習室-2

文房具ごと、どこでも自分だけの空間が作れるというもの。


他にも、山善から「ぼくととわたしの学習室」という
同様のコンセプトの商品が出ています。

ぼくとわたしの学習室
(写真はこちらのサイトから借用)


移動できる秘密基地みたいで、ワクワクします。
なんだか大人でも楽しく使えそうですね!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『小上がり畳ダイニングのゼロエネルギーハウス! 見学しました』
『ポップでナチュラルな勉強部屋の壁時計”』
『家族の成長に合った子ども部屋の考え方』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ