昨日・今日と、施工中の新築現場の第三者検査
(ホームインスペクション)
にお伺いしてきました。

どちらの現場もこれまで軽微な指摘はいくつかありますが、
ちゃんと手直ししていただくなど大きな問題はなく、
順調に進んでいます。


このホームインスペクション。

大手ハウスメーカーから地場の中小工務店まで、
たいがいの住宅会社は快く受け入れてくれています。

中には、よりよい建物を作るためと、
前向きに捉えてくれる住宅会社もあります。


でも、ごく稀に「検査お断り」という住宅会社があります。

そんな検査お断りの住宅会社の中に、頭文字を出すだけでも
わかるほど名古屋では有名な会社があります。
(なので、頭文字も出せません)

その住宅会社について、二組のコンサルティング中の方から
立て続けにお問い合わせがありました。


その住宅会社。
ちょっとオシャレなデザイナーズハウス系の建物がお得意。

しかも建築条件付き土地や建売分譲住宅として
よい土地を押さえるので、草野のご相談者からもよく社名が挙がり、
以前はよくホームインスペクションにお伺いしたものです。

ただ、数年前に会社の方針が変わったとかで、
それまでは普通にインスペクションをさせてもらっていましたが、
それ以降は施工中や引渡し前の検査は一切不可。

それまでの検査結果はとりたてて問題はなかったのですが・・・

住宅相談センターにご相談を依頼なさる方は、
建物の品質も気になさるので、
たいがいホームインスペクションもご依頼なさいます。

なのでここ最近、この住宅会社の建物を購入する方は
草野のご相談者にはいなくなりました。

(決して営業妨害をしている訳ではありませんよ。
 過去に検査を拒絶されたという事実をご相談者に伝えていますが)


ただ、検査をご無沙汰して数年。
この住宅会社の最近の方針は分かりません。

もしかしたら今はまた引渡し前の
ホームインスペクションがOKになっているかもしれません。

そこで、いまお問い合わせいただいている方には、
施工中(引渡し前)の第三者検査が可能か
確認いただくようにお伝えしました。

そして、その結果がご相談者から届きました。
果たしてどうなったか?!



・・・

・・・・・・。

「施工中や引渡し前の検査オーケー」とのことでした。


昨今、中古住宅の売買を中心に、
第三者によるホームインスペクションが普及してきましたので、
そんなことも会社方針の変更につながったのかもしれません。

まだ、実際に検査をした訳ではありませんが、
今後実際に検査ができれば、以降ご相談いただいたお客様には
「ちゃんと検査をさせてくれる住宅会社」とご紹介することにします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『モデルハウスでは分からない住宅会社の実態』
『施工中のホームインスペクションの必要性』
『口は災いのもと?! ホームインスペクション時のものの言い方』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
昨日は午前・午後と注文住宅
ホームインスペクションにお伺いしてきました。

そのうち一軒は完成検査でした。


いまの時期は、新年度の入居に合わせて完成ラッシュ!
施工現場も工事が重なり、施工が粗くなりがち。

とくに今回の現場は事情があって着工が遅れたため、
施工期間が実質3か月程度とかなりタイト。

果たしてどんな出来になるか、少々心配でした。

着工が遅れたとき、草野は
「できれば3月竣工にこだわらない方がよいですよ」
とお施主様にアドバイスしたほど。

が、その心配も杞憂で、完成検査を含め5回検査を行いましたが、
しっかり施工していただき、大きな指摘はありませんでした。


施工途中の検査の折り、現場監督さんとこんなお話をしました。

草野「結構工期がタイトですよね」

監督「確かに他の現場より余裕はないのですが、
   混み合う時期より少し遅れて着工しているので、
   意外と職人の手が空いているんですよね」

なので、意外と短工期で施工ができるというお話です。

実際の出来具合を見れば、ナルホド、
敢えて着工をずらすことで、
効率よく短工期で施工するという手もあるのだな、と思いました。


ただ、やはり年度末の込み合う時期に
短工期で施工するのはリスクがあります。

例えば雪などが降ってしまうと、
予備日が足りずに工期がずれることもあります。

また、今回の現場は監督さんがしっかりしていたので良かったのですが、
監督さん次第でぐちゃぐちゃになることもあり得ます。

ですので、基本的に短工期での施工はお勧めしません。

が、建替で仮住まい期間を短くしたい時など、
繁忙期をズラすことで工期を短くするという方法もあるということです。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『注文住宅のホームインスペクション 完成検査の所要時間は?』
『新築住宅のホームインスペクションが重なっているのはなぜ?』
『確認しておきたい、モノ決めの時期』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
昨日のご相談で、施工中の検査(ホームインスペクション)に
ついてのお話が出ました。

ホームインスペクションとは、
住宅会社ではない第三者の専門家が、
図面通りに施工されているかを検査するというもの。

・・・というご説明をしたところご相談者から出たのが、
「それって住宅会社がやるべきことではないのですか?」
とのお言葉。

まさに仰る通り!

本来、住宅会社による社内検査があるので、
第三者によるホームインスペクションを行わなくてもよいのです。

でも、実際にホームインスペクションを行うと
指摘個所がいくつも出ているのです。


それはなぜか?

もともと建築士法では施工と監理は分離しており、
建築士が監理者として施工状況をチェックし、
監理報告書を施主に提出します。

でも、実際にはこの建築士による“監理”という仕事が有名無実化しており
現場に監理しにくる建築士は珍しいとさえ言えるのです。

その代わりに、現場監督が施工状況をチェックしているのです。


「現場監督がチェックしてくれるなら大丈夫では?」
という人もいるでしょう。

たしかに、中には建築士や施工管理技士といった資格を持ち、
経験豊富でしっかりした監督もいるでしょう。

ただ、経験不足だったり、建築士の資格を持たない監督も少なくありませんし、
建築士法の主旨にも合いません。


また、そんな時のために、確認申請や住宅瑕疵担保、
住宅性能表示制度等による公的検査もあります。

ただ、これらの検査はあくまで
法的に決められた点をチェックするためのもの。

実際にこれら公的検査と同じタイミングで
インスペクションを行うことも少なくありませんが、
同時に始まれば必ず公的検査の方が先に終わります。

そして、公的検査では指摘がなくても、
ホームインスペクションでは何個所も指摘が出ているのです。

繰り返しになりますが、本来の建築士法の通りに監理が行われれば、
ホームインスペクションという任意の検査は不要になるかもしれません。

でも、実際には今のところ任意のホームインスペクションには
充分な存在意義があるのです。


建築士は簡単な資格でないにもかかわらず、
独立した建築士事務所を構えていても、
なかなか仕事が多くないのが現実。

住宅会社の下請けとして、代願などで食べている人も少なくありません。

建築法の本来の主旨通り、設計監理をきっちりやるようにすれば、
きっと建築士の活躍の場が増えるハズなのですが・・・

まぁ、新築ではなく中古住宅の売買においては、
建築士などによるホームインスペクションが
宅建業法に位置付けれましたので、建築士の仕事は増えていくのでしょう。


って、話がそれてしまいましたね。

ホームインスペクションが気になるという方は、
お気軽に住宅相談センターまでお知らせ下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『注文住宅のホームインスペクション 完成検査の所要時間は?』
『テレビ・新聞からの取材続々! 中古住宅のホームインスペクション』
『ホームインスペクションで検査できなければ、ちゃんと返金します』



テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
昨日は住宅相談センターの仕事納め。

午前中は社内で事務作業を行い、
夕方は新築のホームインスペクション(住宅診断)で
名古屋市内の現場に行ってきました。


基礎検査は通常60分から90分程度かかります。

お施主さんも立ち会って頂けるとのことでしたが、
寒い中現場でお待ちいただくのも大変。

「検査開始から1時間くらいずらしてお越しいただければ、
 ちょうどよいタイミングだと思います」
とお伝えしておきました。


が!

鉄筋の間隔はいうに呼ばず、かぶり厚ヤ配管回りの補強など、
とても丁寧に施工されています。

何個所か指摘は出ましたが、部材の無い一カ所を除き
全てその場で手直しいただきました。

で、時計を見たら、まだ検査開始予定時刻から
30分しか経っていません。うれしい誤算です。

10分ほど現場監督さんと雑談していたら、
お施主様の登場!

バッチリ検査&手直してもらった旨、ご報告しました。

今年最後の現場でこの出来、
終わり良ければすべて良し、ですね!

帰社後、検査の報告書をとりまとめ、
メールでお送りし、無事検査業務も完了しました。


そして今年最後の業務は、年賀状の発送です。

これまでコンサルティングをご依頼いただいた方や、
現在コンサルティング中のかた、約150名にお送りしました。

基本はパソコンで作成し、プリンターで印刷しましたが、
ひと言メッセージをお書きします。

ひと言とは言え、お名前を見ると
ご相談当時のことが思い出されます。

結局、全ての年賀状を書いて会社を出たのは
夜の11時を過ぎていました。

これにて本年の業務も完了となりました!


本日12月28日から1月4日まで
住宅相談センターは年末年始のお休みをいただきます。

と言いつつ、お急ぎの電話やメール連絡はお受けしており、
本日も数件お電話をしました。

当ブログもボチボチ更新する予定です。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『注文住宅のホームインスペクション 完成検査の所要時間は?』
『インスペクションご利用の豊田市K様のコメント』
『惜しい! あと釘一本!! 大手ハウスメーカーの上棟検査にて』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
本日は午前、午後とホームインスペクションの
ダブルヘッダーでした。

偶然ですが、2件とも大手ハウスメーカーの新築工事で、
本日は完成検査。

住宅相談センターでは新築中の検査は
 ・基礎配筋検査
 ・上棟検査
 ・断熱検査
 ・外壁検査
 ・完成検査
と標準で5回行いますが、これらの中で完成検査が
一番時間がかかります。

今回も午前中の検査は9時から始めましたが、
建築士と二人で検査を行いお昼近くまでかかってしまいました。

検査中も時間が気になるものの、
かといって検査を省略する訳にはいきません。


午後の検査が1時からのお約束でしたが、
移動・昼食時間を考えると遅刻しそう?!

午後の現場の監督さんに「遅れそう」と電話したところ
「検査時間はどれくらいかかりますか?」
とのご質問。夕方に別の現場で予定が入っているのだそう。

通常2時間半から3時間くらいかかるとお返事したところ、
「エッ、そんなにかかるのですか?」
と驚かれてしまいました。

役所の検査と比較して、
せいぜい数十分程度と思われることもあるのですが、
スミマセン、ホントにそれぐらいかかるのですよね。

結局、車を飛ばし、ランチはラーメン屋さんで手早く済ませ、
(食べ放題のライスとデザートはお代わりしちゃいましたが(^^;)
午後の現場にはお約束の時間ジャストに到着!

午後の検査はやっぱり
いつも通り2時間半ほどかかりました。


本日は何とか間に合いましたが、
現場によってはもっと検査に時間がかかることがあります。

特に、建売住宅などで施工中の現場を検査していないと、
完成検査時の検査項目が増え、さらに指摘個所が多いと
3時間をはるかに超えることさえあるのです。

本日は2つの現場とも
 ・施工中にも検査を行っていた
 ・仕上がりが良く、指摘個所が少なかった
ため、検査時間は3時間かかりませんでした。


午前・午後と検査を終えて帰社し、
1件住宅ローンのご相談をお受けしたら、もうこんな時間。

報告書はできるだけ検査当日に作成して
メールでお送りするのですが、本日はさすがにヘトヘト。

申し訳ありませんが、報告書は明日取りまとめます。
今夜はビールが旨そう?!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『口は災いのもと?! ホームインスペクション時のものの言い方』
『混乱気味の“ホームインスペクション”?!』
『施工中の建物の上棟検査 1日2軒』



テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ