マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

20代独身の家の買い方

昨日はマンション購入のご相談がありました。

ご相談者は、まだ20代の独身男性。
その年で家の購入を考えるとは、
なんとしっかりした人生設計をお持ちなのでしょう!

と、20代をチャランポランに過ごした草野は思ってしまいました。


それはともかく、もし自分が20代で独身だったらどうするか、
なんてお話しもしてしまいました。

当時は給料は安かったものの、一人暮らしでしたので
それなりにお金にも余裕がありました。

いまの暮らしと比べると、もう少し倹約していれば
もっとおカネが貯まっただろうに、と思います。

また、すぐに結婚する気も無く(←結婚相手がいなかっただけ?!)、
10年ほど気ままな独身生活を続けました。

すると、10年間に支払った家賃総額は600万円以上!
いま建築・不動産業界に身を置いていると、
安い中古マンションが買えたかも?!と思ったりします。


さすがに数百万円で買える中古マンションは、
築年数が古かったり、ワンルームや1LDKなど狭い物件ばかり。
とてもではないけれど一生住めるものではありません。

ただ、それなりに貯蓄もあったので、
仮にローンを組むにしても、毎月5万円も返済すれば
10年やそこらで返済も終わります。

低金利の今なら、700万円を借りても毎月6万円出せば
10年で完済です(変動金利0.7%の場合)。

しばらくは独身生活を続けるつもりでしたから、
ポンッと買っても結婚までは住み続けられそう。

結婚しても、子どもが生まれるまではそこに住んでも良いですし、
子どもが生まれて引越しすることになったら、
賃貸ししても良し、いっそのこと売却しても良し。

値上がりして売却益でウッホッホ!なんてことは期待できませんが、
支払った(つもりの)家賃が少しでも戻ってくれば御の字。


さすがに40を過ぎ、子ども二人を抱えて
そのような投資をするのはリスクを感じてしまいます。

でも20代の独り身だったら多少のリスクなど気にせず、
資産形成が出来たかなぁ、と今になって思うのです。


20代独身だと、仕事にしても結婚にしても、
不確定要素が多すぎます。

転勤や転職する可能性もあるでしょうし、
結婚相手によって住む場所が変わる可能性もあります。

そういう点では、まだ住む場所を確定するには
早すぎるかもしれませんし、
生活の変化に合わせた柔軟性も欲しいところ。

それでも家賃がもったいないから家が欲しいというのでしたら、
当面自分が住むためのマンションを中古で
買うというのも一つの方法でしょう。

若者特有のおカネの無駄遣いを防ぎ、
将来への選択肢が広がったかも・・・などと
四十路を越したおじさんは思うのでした。

(なんだかジジ臭いブログになっちゃった?!)


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『新婚だからこそ! ライフプランとキャッシュフロー表のご検討を!』
『中古マンションのチェックポイント』
『中古+リノベーションの注意点』


|  |-家の買い時はいつ? | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

意外と少なくない?! 消費税増税後の家づくり

このところ、たくさんのご相談をいただいています。

先週末もそうでしたが、本日も平日だというのに
午前、午後、夜と3組のご相談があり、
さらにネットを通して3組のご相談が入っています。


というと、きっと消費税増税前の駆け込み契約
(本日が税率5%の経過措置の契約期限)
の相談だと思う方も多いでしょう。

が、意外とそうではなく、契約間際のご相談は少数派。

契約にまつわるご相談も、消費税絡みというよりは、
単に住宅会社の決算時期の関係で
「今月中に契約してほしい」ということのよう。


逆に言うと、いまご相談にお越しになっているのは、
「消費税増税後には、税制優遇があると聞いているので、
 消費税増税は気にせず、じっくり家づくりをしたい」

という方々が中心。

そういう点では、国の積極的なPRもある程度成功し、
消費税増税後の反動による着工数の減少も、
思ったほどではないかもしれません。


敢えて消費税増税後に家づくりをお考えの方は、
それだけ積極的に情報を収集し、冷静に判断をしているようで、
その一環として、住宅相談センターのような第三者に相談をしているよう。

あるご相談者は、
「有料でも良いので、第三者に相談しながら家づくりをしたい」
と仰っていました。

今後は、消費税の10%増税が視野に入ってきますが、
まだ時間には余裕があります。

用意周到に先を見て動いていらっしゃいますので、
きっと素晴らしい家づくりができるでしょう。

住宅相談センターも、夢(暮らし方)と現実(おカネ)を踏まえ、
そのご家族に合った家づくりのお手伝をします!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『消費税増税前・増税後 住宅取得はどちらがトクか?』
『家づくりは夢(暮らし方)と現実(おカネ)を押さえることから』
『家づくりを丸ごとサポート! 住宅相談センターのパックメニュー』


|  |-家の買い時はいつ? | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

消費税増税前の家づくり 決断のタイムリミット

本日は、四日市市の中日ハウジングセンターにて
家づくりセミナーの講師をさせていただきましたが、
セミナー後にこんなご質問をいただきました。

「家を建てるなら、消費税増税前、
 増税後のどちらがよいのでしょう?」



消費税が現行の5%から8%に上がるのは、来年4月1日の予定。
それまでに引渡しを受けるか、9月30日までに工事請負契約
締結しないと、消費税の税率は8%となってしまいます。

設計打合せや施工の期間を考えれば、
上記スケジュールに間に合わせるのはギリギリのタイミング。

そこで、今家づくりについて迷っている方に向けて、
再度、消費税増税と家づくりの時期について整理してみます。

結論から言うと、消費税そのものはあまり意識する必要はないでしょう。


いま住宅業界の現場がどうなっているか。

消費税増税前の駆け込み需要により、
多くの住宅会社で受注が増えており、現在は設計業務で多忙。
もうじき施工現場がバタバタになるでしょう。

要は住宅会社としてはお腹いっぱいの状態のため、
値引きの必要もないですし、設計や施工が雑になる可能性もあります。

逆に、消費税増税後はその反動で受注が減少、値引き幅が拡大し、
丁寧な設計や施工を期待できると言えるでしょう。


また、国も駆け込み需要が発生することは想定済みで、
過度な駆け込み需要とその反動を抑えるために、
消費税増税後の税制優遇として住宅ローン控除の拡充などを行う予定。

増税前・増税後で、税金面ではあまり差は出ないばかりか、
所得の高い人を中心に増税後の方がトクをするケースも出てきそう。

前述の値引き分も考えれば、消費税3%の増税分など
大した影響がないとも言えます。

ただし、住宅ローン控除などの税制優遇は、
所得や借入額などによって変わりますので、
迷っている方は個別に計算してみて下さい。


なお、家づくりの時期については、消費税増税以外の要因、
特にアベノミクスによる景気・社会情勢の影響の方が大きいかもしれません。

円安株高による輸入建材価格の高騰や、景気回復で建築需要が伸び
建材不足や職人不足による建築費用の高騰もあり得ます。

また、10年モノ国債の利回り(長期金利)上昇による固定金利の上昇、
景気回復による変動金利の上昇など、
住宅ローンの金利上昇も気になるところ。

とは言え、円安株高や長期金利の上昇もひところの勢いを失い
落ち着いていますので、今後の見通しも何とも言えません。


あまり消費税増税という言葉に踊らされず、
自分達にとって必要な時期を見極めて下さい。

ただ、消費税増税前までに注文住宅を建てたいという方は、
タイムリミットが近づいているのは確かなこと。

ご決断はお早めに!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『資金計画上押さえておきたい、家づくりのスケジュール』
『平成24年度建築着工統計調査発表 ~駆け込み需要で6.2%増~』
『いつが建て時? 円安と建材価格の関係は』

|  |-家の買い時はいつ? | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

納得して決断するための、家づくりのスケジュール

昨日のご相談の中で、
家づくりのスケジュールについてのお話しが出ました。


家づくりというのは結構時間がかかるもので、早くて半年、
通常で1年、長ければ数年がかりということもあります。

この間、段階に合わせて、予算、間取、住宅会社、設備・仕様・・・
など、いろいろなことを決めていかなければいけません。


そして、この“決める”という行為。

決断のための時間が取られるだけでなく、
意外と気力・体力が求められるものなのです。

そのため、出来るだけ家づくりに集中できるように、
仕事や子育てなどの忙しい時期は外したいところ。


でも、1年間ずっと家づくりだけに
集中するというワケにもいかないでしょう。

そんな時は、最低限、重要な時期だけは
家づくりに集中できるよう、スケジュールを組みたいところ。

例えば、今のような年度末が仕事で忙しければ、
年度末は重要な決断をしなくて良いように時期を調整するとか。


家づくりにも色々な工程がありますが、
特に大きな決断は“住宅会社選び”でしょう。

ある程度の見積・プランが固まって、住宅会社も決まってしまえば、
後は仕様や設備などの楽しい打合せ。

ですので、住宅会社選びのタイミングだけは、
余裕のある時期に合わせたいところ。


忙しい時期といえば、仕事以外に、
出産、子どもの受験など、いろいろなものがあります。

家づくりのスケジュールを考えるときには
そんな点にも注意してみて下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『消費税増税前に家を建てるには、いつから動けばいい?』
『住宅会社によって工期はどれくらい変わる?』
『家づくりは選択の連続』

|  |-家の買い時はいつ? | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いつが建て時? 円安と建材価格の関係は

消費税の増税が既定路線になりつつある現在、
「いつが建て時なの?」
と、気になる方は多いと思います。

昨日のご相談でも、同様のご質問をお受けしました。


消費税の増税については、当ブログで何度もお伝えしている通り、
増税後の税制優遇案も発表されており、
駈込み需要の反動による値引きも期待できることなどから、
さほど気にすることはないでしょう。


ただ、安倍政権の積極的な金融緩和政策で円安株高が進行しており、
石油などの輸入品の価格も上昇傾向にあります。
それは、建築資材についても同様のことが当てはまります。

また、消費税増税前の駆け込み需要を見越した需給調整もあり、
建材価格が値上がりする可能性があります。

さらに、もしアベノミクスが大成功して景気が回復すれば、
建築の需要も伸び、建材不足や職人不足から
建築費用が高騰することもあり得ます・・・


って、そこまでバブリーな事態が起こる可能性は
高くないでしょうが、消費税増税と違い、円安については
どこまで下がるのか(下がらないか)は読めません。

本当に建て時がいつなのかを判断するには、
 ・消費税増税などの税制改正(税制優遇や相続税・贈与税など)
 ・住宅ローンの金利動向(景気や国債利回りの動向)
 ・建材価格の動向(円安の進行具合と建築の需要動向)

などを見通すことが必要で、そんなことができるのであれば
日本はこんなに不況で苦しんでいませんよね?!


結局は「自分達にとって必要な時期が、“建て時”」
ということになります。

まわりを気にし過ぎて、建て時を外さないようにしたいですね!
という、いつもの結論になるのでした。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『低金利の今が建て時なの?』
『東京では消費税増税の駆け込み需要が始まっている?』
『いま建てなければ損? チラシの冷静な読み方』

|  |-家の買い時はいつ? | 13:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT