マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“設計の標準化” 建築家・伊礼智さんのお話し聞きました

昨日は、住宅事業者向けの勉強会に参加してきました。

講師は伊礼智さん
雑誌などのメディアにも頻繁に掲載されている建築家です。

テーマは「プレタポルタの家づくり
~設計の標準化から生まれる住まい~」


伊礼さんは、自身の設計事務所で設計を標準化し、
どの所員が担当しても一定の水準の設計ができるように仕組み化し、
そのノウハウや手法を工務店にも提供しています。

本来一品生産である建築家の家づくりを
“標準化”してしまうとはどういうことなのか?
そのメリットは?といったお話をお聞きしました。

なかなか興味深いお話しでしたが、ここでは標準化についてではなく、
伊礼さんの建築に対する言葉をいくつかご紹介します。


「あかりの重心を下げると、空間が広く見える」
 →できるだけ天井に照明をつけないのだそうです

「家具を浮かせることで、部屋が広く見える」
 →床が見えることで広く感じるそうです

「洗濯物を南面に干すことが、日本の景観を悪くした」
 →確かにその通りです

「陰影が雰囲気をつくる」
 →明るければ良いという訳では無く、光の取り方が重要ということです

「心地よさは開口部に宿る」
 →光、風、匂い、暖かさ等、いいものは全て外部から入ってきます

こういった設計思想があるからこそ、
“標準化”しても上質な住宅を設計できるのでしょう。


また、伊礼さんはご自身の設計思想・手法を
雑誌などのメディアでもオープンにしていますが、
そのことについてこんなコメントも。

「ネットが普及し、隠していてもマネされる。
 だったら先費発表する」
「良いものは受け継がれる」
「同じことを繰り返し、改善することで進化する」
「もともと日本の住宅は“標準化”されていた」


標準化というのは“洗練された様式”と言い換えても良いのでしょう。

ハウスメーカーの行っている“規格化”と“標準化”の違いなど、
興味深いお話をお聞きできました。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『提案力とコストのいいとこどり?! 建築家と連携している工務店』
『建築家は長期優良住宅や低炭素住宅を建てられる?』
『功罪両面 建築家の出演するテレビ番組』



|  |-建築家 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

建築家は気難しくない?!

昨日は、建築家の方々と勉強会&懇親会でした。

勉強会では、草野も講師となって
住宅ローン減税やすまい給付金のお話しをしましたが、
その後の懇親会が大盛り上がり!

“建築家”というと、気難しくて何を考えているのか
良く分からないなんてイメージがあるかもしれませんが、
そんなことは全くありません。

気さくにお話しができ、
しかも建築という創造的な仕事をしているからか、
楽しい話題が次から次へと出てきます。


建築に絡んだ話題としては、
東海大地震や液状化などが出ましたが、
「すでに東海大地震は起こっていた?!」とか
「東日本地震を予測していた?!」
など、学会の定説を覆すお話しが?!

また、「恋愛することがよい設計につながる」という、
ちょっと“アダルト”な話題から、
STAP細胞や常温核融合など、科学の最先端の話題も。

少しまじめに、建築家という存在を
いかに世に知らしめるか何ていうお話しも出て、
話題は尽きず。

皆さま知的好奇心旺盛で、夜の7時前から始まった宴会は、
気付いたら11時を過ぎていました。

これだけ刺激的な人たちと家づくりをしたら、
それはもう楽しくないワケありません?!


今回ご参加いただいた建築家の皆さまとは
数年来のお付き合いをさせていただいており、
気心の知れた方々ばかり。

居心地良く、かつ刺激いっぱいのお酒となりました!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『建築家はランドローバー、ハウスメーカーはミニバン?!』
『功罪両面 建築家の出演するテレビ番組』
『建築家住宅はコストが上がる?』




|  |-建築家 | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

建築家はランドローバー、ハウスメーカーはミニバン?!

本日は2組のご相談がありましたが、その中で、
ハウスメーカーと建築家の家づくりの違いについての話題が出ました。

実は、つい先日も、別のご相談者からハウスメーカーと建築家の
どちらがよいの?とのご相談がありました。


ハウスメーカーと建築家というと、
見方によっては“対極”にあると言ってもよいもの。

逆に言うと、それぞれを見てしまうと、
それぞれの良いところが気になってしまうのもやむを得ないところ。

でも、同じ土俵で比べられない分、
この両者で悩み出すとなかなか答えが出にくくなるものなのです。


ハウスメーカーの家は、工場による大量生産、
つまり工業製品と言ってよく、特徴はマーケティングに
裏打ちされた万人受けするバランスの良さにあります。

デザイン性や性能はもとより、長期保証も完備。
モデルハウスやショールーム、そして充実したカタログ類で、
誰が見ても分かりやすく家づくりを進めることができます。

安心・確実さがハウスメーカーのウリと言ってもよいでしょう。


ただ、至れり尽くせりの分、若干コストが高めであるのと同時に、
安心・確実の裏には自由度が低いというデメリットもあります。

大量生産をするためには、ある程度ラインナップを絞る必要があり、
そのため規格から外れるとコストが跳ね上がったり、
そもそも対応できないことも起こりえます。

そのようなハウスメーカーの家づくりが窮屈だと感じる人にとって、
既成の概念に縛られない建築家との家づくりは、
魅力的に映ることでしょう。


建築家との家づくりでは、構造・工法から使用する建材・設備まで、
何の制約も無く、間取りやデザインの提案も一味違います
“ありきたりの家”にしたくない人にとっては、個性や意外性から、
建築家との家づくりはワクワク楽しいものになるでしょう。

ただ、建築家は正式に設計監理契約を締結してから設計図を作ります。
そのため、見積はおろか、確定した図面さえない段階、
つまり、何ができるか分からないという状態で契約せざるを得ません。

そのため、設計してみたらコストや工期が
大幅にオーバーするというリスクがないとは言えないのです。


・・・こんなお話しをしていたら、
先日のご相談者は、こんなことを仰っていました。

「建築家の家づくりはランドローバーで、
 ハウスメーカーの家づくりは国産のミニバンですね」


ご自身の好みの遍歴を例に挙げられましたが、まさに言い得て妙! 
思わず草野は素晴らしい例えですね!と唸ってしまいました。

結局、すべてに完璧なものはなく、
何ごともメリットとデメリットがあるということ。

安心・確実さを重視するのか、楽しさ・個性を取るのかは人それぞれ。
何を求めているのかを見極めて、自分に合った選択をしたいものですね。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社を決めるということは、希望の家づくりを再確認すること』
『建築家は長期優良住宅や低炭素住宅を建てられる?』
『最近のハウスメーカーは、新築とリフォーム、どちらもOK?!』


|  |-建築家 | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

建築家は長期優良住宅や低炭素住宅を建てられる?

昨日、建築家との家づくりをご検討の方から、
“長期優良住宅”“低炭素住宅”について
こんなご質問がありました。

「建築家に、長期優良住宅や低炭素住宅の設計を
 してもらえうことはできるのでしょうか?」



家を建てるにあたり、長期優良住宅や低炭素住宅の認定を取ると、
住宅ローン控除や登録免許税などで、
一般住宅よりも大きな優遇を受けることができます。

それは、国が2020年までに新築住宅の省エネ基準への適合を
段階的に義務付けようとしているからです。

言ってみれば、低炭素住宅などの認定住宅が
こらからのスタンダードになるということになります。


ただ、長期優良住宅や低炭素住宅というのは、
税制優遇という“特典”を受けられる分、
一定の基準をクリアしなければいけません。

さらに、通常よりも図面や書類も必要で、手続きも手間がかかります。
そのため、住宅会社によって取組み姿勢に温度差が見られます。


では、建築家の場合はどうなのでしょうか?

高気密高断熱や省エネ住宅を得意とする建築家などは、
真っ先に研究し、取り入れていたりします。


ただ、建築家といっても色々な方がいます。
特に、建築家の大きなウリである“提案力”の高さから、
性能よりもデザイン性プランニングを重視する人もいます。

そういう建築家は、“快適な暮らし”を実現するために、
性能を上げるよりも、カッコよいデザインや
工夫を凝らした空間を作ることに重きを置くこともあります。

そういう建築家にとって、認定住宅の性能(基準)は
余計な“縛り”に感じることさえあります。

そこまでいかなくても、新しい制度に対して
「何だかよく分からない・・・」
と、及び腰の建築家もいることでしょう。


これは、建築家に限らず、工務店にも言えること。

認定住宅に否定的な会社や、そこまでいかなくても
これまで認定住宅の実績が無い住宅会社の場合、
ムリにお願いしてもスムーズに進まないことがあります。

もし、長期優良住宅や低炭素住宅で建てたいという方は、
無用なトラブルを避けるために、住宅会社を選ぶ際に
各社の取り組み姿勢を確認することをお勧めします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『木材利用ポイントが4月1日スタート』
『低炭素住宅の認定制度がスタート』
『建築家との家づくり ~こだわりが無い人ほど、実はこだわる?!』


|  |-建築家 | 14:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

功罪両面 建築家の出演するテレビ番組

建築家との家づくり。
以前は、一般的な人にとって縁遠い印象があったと思います。

でも、最近は建築家との家づくりが
日常的にテレビで放映されるようになり、
敷居も低くなってきました。

「匠(たくみ)」とか「まあ、なんということでしょう!」
というフレーズは、ちょっとした流行語にもなりました。


建築家との家づくりを世に広めた、これらのテレビ番組。

でも、功罪の“罪”を感じてしまうご相談が
ここ数日間で、立て続けに2件ありました。


1件目は、先週末のご相談から。

これから家づくりを進めようということで、
ご要望の整理と住宅会社の選定についてお話しをしていたところ。

ハウスメーカー・工務店・建築家と3つある
住宅会社の“業態”の違いをご説明しましたが、
それに対してご相談者からこんな趣旨のお言葉が。

「テレビ番組を見ていて、建築家というと
 アッと驚く仕掛けを考える人というイメージがあり、
 自分たちの家づくりとは違う気がする」



テレビ番組は視聴者の受けを狙うため、
どうしても“劇的”な演出をしがち。

人を驚かせるような仕掛けを付けるのは日常茶飯事。
例えば、流しそうめんの道具がベランダに付いているとか。
いかに仕掛けを組込むかに思慮している印象になってしまいます。

また、より演出効果を高めるためなのか、
施主と建築家との設計打合せもあまりせず、
施主に施工中の現場を見せないよう。

確かに完成時のお披露目で感激する様子は“絵”になりますが、
単にビックリしているだけかもしれません。


本来、建築家との家づくりというのは
じっくり時間をかけて施主の要望をカタチにするものであり、
その中で常識に囚われないアイディアやデザインが出てくるのです。

視聴率を気にするテレビ番組ではやむを得ないかもしれませんが、
「意外性」「ドラマ性」ばかりを追求してしまうと、
建築家本来の良さが見えにくくなってしまい、
ヘンな先入観を植え付けてしうこともあるでしょう。


でも、テレビの影響力というのは凄いものがあり、
「匠」として出演した建築家には、
設計の依頼がひっきりなしに来るのだとか。

それが、本日いただいた
2件目のご相談のようなトラブルを引き起こすことも。

簡単にまとめると、次のような内容。

「テレビに何度も出演している建築家に設計を依頼し、
 新居も完成したが、入居後数年で雨漏りがした。
 施工した工務店が倒産していたので、
 建築家に何とかしてほしいと言っても
 木で鼻をくくったような態度で困っている」



設計を依頼する側は、テレビに何度も出ているから安心だろう、
と思うかもしれませが、テレビ局がその建築家の設計に対して
保証するわけではありませんし、そもそも出演にあたって
審査をするなど、何らかの基準がある訳ではありません。

むしろ、テレビ局側は出演する建築家を探しているようで、
草野のまわりでも何人かの建築家から
出演のオファーがあったと聞いたことがあります。

でも、一回でもテレビに出ると、業務の質に影響がでるほど
問い合わせが殺到することがあるため、
敢えてオファーを断る建築家も少なくありません。

何度もテレビに出ている建築家というのは、
仕事が多すぎて丁寧さに欠けるとか、
対応がぞんざいになることもあるのかもしれません。

テレビや雑誌に多数出演している有名建築家だと、
選ぶ時に他の建築家と比較検討しにくい
という面もあるでしょうから、そういう建築家ほど、
慎重に選ばないといけないのですね。


建築家との家づくりを世に広めるという点では
一定の役割を果たしているテレビ番組ですが、
功罪両面併せ持つことを知っておいて下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『そのデザインには理由がある! 建築家の設計した家』
『デザイナーズ風住宅と建築家住宅は違う?!』
『施主から見た建築家との家づくり ~入居3週間のご感想より』

|  |-建築家 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT