マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大手ハウスメーカーは大量生産だから安い、ってホント?!

本日、これから家づくりをお考えの方とのご相談で、
住宅会社についてのお話しが出ました。

住宅会社には大きくハウスメーカー、工務店、建築家があり、
それぞれに大きく特徴が違うというご説明をしました。

大手ハウスメーカーについては、
「コストが比較的高くなる」とのお話しをしたところ、
それは意外だったとのお言葉が出ました。


大手ハウスメーカーは、それまで手づくりだった住宅を
工業化技術を駆使して大量生産化しました。

大量生産というのは、自動車や家電に代表されるように、
品質にバラツキのないものを安価に供給するための仕組み。

大手ハウスメーカーの宣伝にも、
「大量仕入れや自社工場での生産によるコストダウン」
といったウリ文句が並んでいます。

それがどうして割高になるの?とのことでした。

実は、いくら“工業化住宅”“大量生産”といっても
こと住宅については思ったほど安くならないのです。


特に大手ハウスメーカーは、そのブランド戦略上
「注文住宅」「フルオーダー」など、高級志向を出しています。

きっと、「世界で一棟の、あなたのための住宅」
という宣伝文句を見たことのある人は多いでしょう。

でも、この言葉は、工業化住宅のウリである
「大量生産」と明らかに矛盾しています。

同じものを大量に作ることでコストを下げることが出来るのに、
敢えてオーダーを受けて一品生産しているからです。


そういう点では、同じ間取・仕様の建売住宅なら、
大量仕入れ、大量生産のメリットが出やすいワケです。

場所によっては、1000万円台の建売住宅さえありますから、
本当にコスト重視なら建売住宅が良いということになります。


大手ハウスメーカーには、金額が安くない分、別の良さがあります。

例えば、至れりつくせりの営業対応、商品開発力の高さ、
保証能力の高さ、手堅い品質などなど。

もし、予算はあまり出せないけれど
大手ハウスメーカーの住宅がいいという方は、
ハウスメーカーの建売住宅を購入するか、
規格型商品を選んで下さい。

間取や仕様などパッケージそのままでよければ、
コストパフォーマンスが高い住宅を購入できるでしょう。

ただ、規格型商品に変更やオプションを追加すると、
非常に割高になることもありますので、ご注意くださいね。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『大手ハウスメーカーの家 名古屋なら次世代省エネII地域仕様で』
『ハウスメーカーとの家づくりに何を求める?』
『一番よい大手ハウスメーカーはどれ?!』


|  |-ハウスメーカー | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大手ハウスメーカーの家 名古屋なら次世代省エネII地域仕様で

本日は大手鉄骨系ハウスメーカーの施工中の現場に
ホームインスペクション(住宅診断)でお伺いしてきました。

この時期、施工中の現場は寒さが厳しく、
身体の芯まで冷え切ってしまうこともあります。

が、本日の検査では寒さを感じませんでした。


ぽかぽか陽気であり、すでにサッシや断熱材、
気密シートが施工されていたから、と言えないことはありません。

が、まだ内装はほとんど施工されていない状況で、
寒さを感じさせないというのはスゴイこと。

実はこの現場の気密・断熱性能は
次世代省エネ基準II地域仕様なのです。


“次世代省エネ基準”というのは
国が定める断熱性能や気密性能を定めた基準のこと。

南北に長い日本では求められる気密・断熱性能は
地域によって変わるため、次世代省エネ基準では
日本を6つのエリアに分けて性能が決められています。

例えば名古屋市を中心とする愛知県の大部分は
IV地域となっています(豊田市の一部がIII地域)。


でも、名古屋で家を建てる際には
IV地域仕様であれば良いかというと、そうとも言えません。

省エネ基準自体は、現在は努力規定のため、
IV地域仕様であろうが無かろうが法的には問題ありません。

が、次世代省エネ基準とは、その名前とは裏腹に
1999年、すなわち今から15年以上前に定められた基準。

現在のレベルからすれば決して高い水準とは言えず、
すでに昨年改正されているのです。


そこで今回の現場に用いられている“II地域仕様”ですが、
II地域とは青森県・岩手県・秋田県などのこと。

それだけの寒冷地向けの仕様という訳で、
IV地域仕様に比べて、気密も厳重、
より性能の高い断熱材を用いています。

施工中にも関わらず、
その性能をかなりはっきりと体感できました。


このハウスメーカーは
気密・断熱性能をウリにしている訳ではありませんが、
これなら気密・断熱性能をウリにしてもよさそうなくらい。

しかもそれだけの性能でありながら
通常のIV地域仕様に比べて、
コスト増は一般的な規模の住宅で30万円程度とのこと。

世の中にはもっと高性能の住宅もあります。

が、このコストでこれだけの性能アップが見込める訳ですから、
これからこのハウスメーカーで建築をする人には
II地域仕様をお勧めしようと思いました。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『大手ハウスメーカーの“凄さ”を感じた上棟検査』
『“グラスウールだと高気密高断熱住宅にならない”はウソ?!』
『第1種換気って何? 24時間換気システムの種類』


|  |-ハウスメーカー | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大手ハウスメーカーの“凄さ”を感じた上棟検査

本日は午前・午後と施工中の現場へ
ホームインスペクション(住宅診断)にお伺いしてきました。


検査内容はどちらも上棟後検査ですが、
1件は大手ハウスメーカー、1件は地元工務店の現場です。

と書くと、大手ハウスメーカーと地元工務店では、
施工レベルが大きく違い、地元工務店の方が指摘数も
格段に多いのでは?と思う人もいらっしゃるかと思います。

が、そんなことは無いのです。


今回拝見した現場もそうでしたが、大手ハウスメーカー、
地元工務店ともになかなか丁寧な施工がなされており、
指摘事項はほとんどありませんでした。

それは、今回の現場がたまたまそうであっただけで、
過去に同じ大手ハウスメーカーの現場を見たときには
結構重要な指摘が何箇所も出たこともありました。

結局のところ、いくら工場生産をしても
マニュアルを整備しても、一棟一棟土地も違えば設計も違い、
現場監督も違えば職人も違います。

マニュアルや図面に描ききれないことは
現場ではいくらでも出てくるもの。

結局最後は“人”であり、
“ブランド”は通用しないということになるのです。


ただ、大手ハウスメーカーは、
“さすが大手はスゴイ!”と思うこともあります。

それは、出来るだけ“人”に左右されない
仕組みを作る点にあると言えます。


今回拝見した現場でも、構造上重要な耐震壁の施工について、
『耐力壁 施工注意』という表示をつけた上、
『大工』『監督』『検査員』の3重の社内チェックを行い、
しかもそれをちゃんと記録するようになっていました。

小さな施工ミスをも逃さないという意気込みを感じます。

その積み重ねのおかげか、検査員が
「何とか指摘箇所を見つけてやろう」と意気込んで
念入りにチェックしたものの、結果として指摘ゼロ!

素晴らしい施工でした。


繰り返しになりますが、大手ハウスメーカーだから
全ての現場がこうだとは限りませんが、
大手が本気を出したときの凄さを感じた検査でもありました。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『施工中のホームインスペクション やるならどのタイミング?』
『ハウスメーカーとの家づくりに何を求める?』
『一番よい大手ハウスメーカーはどれ?!』



|  |-ハウスメーカー | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハウスメーカーとの家づくりに何を求める?

本日は、ナント4組のご相談がありました!

資金計画から土地探し、保険まで相談内容も多岐に渡りましたが、
その中にハウスメーカーについてのお話しもありました。


注文住宅で家づくりをしようと思えば、
真っ先に思い浮かぶのが大手ハウスメーカーでしょう。

ハウスメーカーはテレビCMや雑誌広告などで目にする機会が多く、
たいがいのハウジングセンターに出展しており、
住宅業界におけるブランド力は圧倒的。

ブランド力だけでなく、モデルハウスで実物を見ることができ、
ショールームやカタログ類も充実しています。

そのため、注文住宅でありがちな
「どんな家が出来るのか分からない」
と不安に思うことも少ないでしょう。


ただ、これは逆からみると、予想の範囲内のものしか出来ない、
という言い方もできなくはありません。

注文住宅といえども、
間取やデザインは規格の中でしかいじれません。

しかも、ハウスメーカーの家は決して安いとは言えず、
どちらかといえば高い部類に入ります。

「誰もが振り返るような斬新な家にしたい」
と考える人にとっては、値段が高い割には
あたり前過ぎて面白くない、ということもあるでしょう。


言い方を変えると、ハウスメーカーの家づくりというのは
リスクを犯して意外性を求めるのではなく、安くはないけれど
確実に品質の良い家を建てる、ということでしょう。

これを「安心」と捉えるのか
「つまらない」と考えるのかは建てる人次第。

結局、ハウスメーカーに限らず、
どんな住宅会社と家づくりを進めるにしても、
まずは自分が家に対して何を求めているのかを
はっきりさせることが必要というワケです。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社の見極め法 営業マンの歩合給の割合は?』
『家づくりはライフスタイルをトータルに踏まえて』
『住宅会社との打合せ回数は、相性のバロメーター』


|  |-ハウスメーカー | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

住宅会社の見極め法 営業マンの歩合給の割合は?

昨日、あるハウスメーカーさんのモデルハウスにお邪魔しました。

モデルハウスを見学しながら商品の特徴や金額、
打合せの進め方、アフターフォローなどをお聞きするのですが、
これらの話から社風や担当者の個性が見えてくるという訳です。

興味深い話が出て3時間近くも長居してしまったのですが、
その一つが営業マンの給与・雇用体系について。


ハウスメーカーに限らず、住宅会社の営業マンは
必ず「お客様のためにいい家を建てます」と言います。

でも、それが本心なのか単なる営業トークかを見極めるのは、
初めて家づくりをする施主にとっては、簡単なことではありません。

そんなときの見極め方法の一つが、給与・雇用体系という訳です。


どの業界でも同じですが、営業マンの給与体系というのは
「基本給」「歩合給」になります。

ただ、基本給と歩合給の割合は会社によって違い、

中には基本給は形ばかりで、歩合給の割合が圧倒的に高い
“営業系”の住宅会社もあります。

中には、正社員ではなく完全歩合(フルコミッション)制
契約社員というケースもあるかもしれません。

その場合、契約できるかでどうかで給与が大きく変わるため、
営業マンは施主の都合よりも自分の売上げを優先しがち。

それでは契約さえ取れれば後はどうでも良い
なんて事になってしまうことも。

逆にいうと、歩合給の割合が低い住宅会社は、
会社として施主を大切にする姿勢があると言えるかもしれません。


ただ、営業マンに対して面と向かって
「あなたの歩合給の割合は?」
「正社員ですか? 契約社員ですか?」

なんて訊きづらいかもしれません。

そんなときは、その営業マンの勤続年数や、
社員全体の平均勤続年数を訊いてみると良いでしょう。

歩合給の割合の高い営業系の住宅会社の場合、
高給目指して一匹狼の営業マンが転職してきたり、
逆に契約が取れずに退職することが頻繁にあるからです。

もし社員の勤続年数が短い場合、
“営業系”の住宅会社の可能性があり、
担当した営業マンが数年後に退職してしまうかもしれません。


昨日お伺いしたハウスメーカーは、
契約後の予算オーバーといったトラブル防止のために
細部まで詰めて納得いただいてから契約するというスタンス。

当然、歩合給の割合は低く、離職率も低いのですが、
今度の夏休みには職場の中までキャンプに行くなど、
アットホームな社風。

営業ノルマで社員がギスギスしていない。
こんなところも見分けるポイントかもしれません。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『一番よい大手ハウスメーカーはどれ?!』
『入居者宅訪問 ナマの声の聞き方』
『住宅会社の責任と、その見極め方』



|  |-ハウスメーカー | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT