マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

親が考えているほど子は同居を嫌がっていない?!

本日は、中日新聞桑名ハウジングセンターにて
セミナー講師をしてきました。

午前中は「実家の土地の活かし方」がテーマ。

4組のご参加がありましたが、皆さますごい積極的に発言なさって、
双方向での盛り上がったセミナーとなりました。


で、実家の土地の活かし方というお話ですが、
今回の参加者はどちらかというと
その実家の持ち主である親世代の方が中心。

親の立場として「子どもに世話はかけたくない」
というお話も出ました。

子どもは子ども、親は親で自立しなければということで、
子どもと同居は考えていないとのこと。


確かに嫁姑問題など親子同居のリスクはあり、
実際に同居したら二世帯の関係が悪化し、
結局喧嘩別れしてしまったというケースもあります。

そこを先回りして、子に面倒は見てもらわない、
というお気持ちもよく分かります。


でも!

子世帯の方は、意外と親との同居に
否定的でなかったりするのです。

子ども世代の方から家づくりのご相談をお受けすると、
必ずご夫妻それぞれのご実家や親御さんのことをお聞きします。

すると、すでに後継ぎや世話をする人が決まっている場合はともかく、
そうでない場合は結構な確率で親御さんのことを気にしているのです。

いざという時に親を引き取れるように
部屋を用意しておきたいというご要望は少なくありません。


もしくは、もっと積極的に親との同居を考えているケースもあります。

例えば実家の土地を使って家を建てれば、
土地代が浮くうえ親御さんや実家の面倒が見れたり、
逆に子育てを親御さんに手伝ってもらえたりという
期待をもっている子世帯もいるのです。


いまの年配の方は嫁姑問題で苦労した世代で
自分の子どもたちには同じ苦労を掛けたくない
という思いもあるかもしれません。

でも、子どもたちと話し合ってみると
まったくちがった展開になるかもしれません。

ちょうどゴールデンウィークに子どもたちと会う機会があれば、
ぜひ話をしてみることをお勧めします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『家づくりは“家族づくり”』
『終の棲家の建て時は?』
『二世帯住宅建てるなら“音”にご注意』


| ◆家づくりの知恵袋 | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LINEで、住宅会社との“言った、言わない”を防ぐ

機械音痴の草野のカミさんが、
ママ友たちとLINEで連絡を取るようになりました。

するとしょっちゅうスマホをいじってばかりで、
なんだか使いこなしている模様。

そんなカミさんを横目にし、
草野もようやくLINEを始めました。


ブログは比較的更新している草野ですが、
どちらかというとSNSにはあまり積極的ではありません。

その昔のミクシィやツイッターもやっていません。

フェイスブックはやっていますが、
FP仲間の連絡手段となっている関係上、
けっこう遅れて始めました。

一応それなりに更新はしていますが、
使っている機能はごく一部。

いまだにフェイスブックの全容がよくわかっていません。


SNSに引き気味な理由の一つが、スマホ。

草野のスマホはかれこれ5年近く使っている古豪。
スマホなのにテンキー付きで、
ちょっと変わったデザインがお気に入り。

でも、旧型機のためいかんせん非力で、
電話を掛けるにもメールを送るにも写真を撮るにも、
動きがあまりに遅すぎ!

スマホのカメラを起動しても、
30秒から下手した1分ほどウンともスンともいわず、
シャッターチャンスを逃すことなどいつものこと。

同じく、掛かってきた電話に出ようとしても
反応が遅く出そびれることも少なくありません。

いい加減機種変更しようかと思いつつ、
気に入った機種が無く、ずっとのびのび。


今回、LINEを使い始めたのは、
やはりまわりの知人たちからの“圧力”。

でも、アプリをインストールして使っているものの、
スマホの反応の悪さは相変わらずで、LINEは特に反応が悪く、
80%の確率で起動後1分以上反応しません。

正直なところ、まわりにLINEユーザーがいなければ
すぐにでも使用をやめたいところ。


とは言え、LINEのコミュニケーションツールとしての
便利さを感じているのも確か。

画像のやり取りも可能で記録も残り、
グループ間での情報共有も得意。

工務店の中には、お客様ごとにLINEのグループを作って、
連絡に使っているところもあるほど。

確かに家づくりでよく聞く
「言った、言わない」問題も防げそうですね。


草野がかつて建築家コンペのプロデュースをしていた時の
連絡手段はメーリングリストでしたから、まさに隔世の感。
(って、メーリングリストなんて死語ですね)

いまのコンサルティングでも、
LINEを使ってご相談者とやり取りする時がくるかも?

そうなったら、さすがにスマホは買い替えます。
(って、スマホのせいにしているだけだったり(^^ゞ)

まぁ、コンサルティングの現場では、
コンサルティングの込み入った資料を頻繁にメールでお送りするので、
携帯メールやLINEだけではちょっと役者不足。

やはり基本的にはパソコンのメールで
やりとりをさせていただきたいと思います。


ただ、住宅会社との日常的な連絡では、
LINEも威力を発揮するでしょう。

普段、スマホでLINEを使っている方は、
住宅会社にLINEでやりとりできないか確認してみましょう。

営業、設計、コーディネーター、現場監督まで
一つのグループに入れば、やりとりもスムーズになるでしょう。

(草野が言っても、説得力に欠けますけどネ(^^ゞ)


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『縦長テンキー付きスマホが入るスマホ・ホルダー』
『住宅会社との打合せ回数は、相性のバロメーター』
『フェイスブックやってます』


| ◆家づくりの知恵袋 | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

屋根の形と外壁のメンテナンス

先日のご相談の中でお住いのイメージをお聞きしていたら、
外観が三角屋根とビル型のどちらがよいのかとのお話になりました。

デザインの好みは人それぞれですから、
ここでの議論は建物にとってどちらがよいのか?
という点です。


屋根が平らで軒の出が無い建物は、
雨水が流れにくいので、屋根の防水の点で不利。
(実際は平らに見えても水が流れる勾配がついていたりしますが)

さらに外壁に雨水や太陽光が当たりやすくなるため、
やはりメンテナンス上不利になります。

ただし、最近は光触媒の外壁材の採用が進んでおり、
いささか事情が変わってきました。


光触媒の外壁を採用すると、汚れが付きにくく、
外壁材の持ちもよくなります。

でも、光触媒の外壁というのは、
太陽光で汚れを浮かし
雨水で汚れを流すという仕組み。

屋根の軒が出ていて雨水や太陽光が当たりにくいと、
効果が発揮されません。

わざわざ高価な光触媒を採用しても
意味が無いという訳です。


逆に言うと、軒の出の無いビル型の建物は
光触媒と相性がよいということ。

ビル型のシンプルな建物は
それだけ汚れが目立ちやすいので、
多少コストがかかっても光触媒を採用するメリットは
大きいと言えるでしょう。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『塗装のトラブル 原因と対策は?』
『外壁施工時の注意点』
『外まわりの木製部材はしっかりメンテナンスを!』



| ◆家づくりの知恵袋 | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

便利で安いホームセンター でも使い分けも必要

先日の夜、自宅でお風呂の準備をしていたら、
シャワーのホースが蛇口から取れてしまいました。

ネジが緩んで外れたのかと思い、付け直そうとしたら・・・
なぜかうまく取付できません。

よく見ると、蛇口のネジとシャワーホースのネジのサイズが違います!
こりゃ付くわけありません。

どうやらこれまではサイズ違いのネジを強引にねじ込んで
なんかの具合で固定されていた模様。

築50年にもなる貸家ですので、
以前の賃借人が適当にいじったのかもしれません。


これではシャワーは使えないので、
ホームセンターに交換用のシャワーホースを買いに行ったら・・・

すでに営業時間終了!
まだ夜の9時前なんですけど、営業時間は8時まで。

その代わり朝は6時30分から営業とのこと。

こちらのホームセンターは特に建材関係が充実しており、
プロが現場に行く前に建材を仕入れられるよう、
早朝から営業しているのです。


ということで、翌朝出直しました。

早朝のホームセンターは初めてでしたが、
7時前にもかかわらずぼちぼちお客さんの姿も見えます。

早朝サービスということで、自販機のコーヒー類がタダ。
草野も一杯もらいました。

職人さんにとっても便利な時代になりましたね!


肝心のシャワーホースですが、
ちょうどキャンペーン中の格安品が
ホースとヘッドのセットで2000円を切るお値段。

このお値段で節水機能付きです。

賃貸住まいですし、あまり複雑なものは壊れやすいと考え、
このお値打ち品を選びました。


最近のホームセンターはプロも利用するほどの品揃えで、
かつお値打ち品もあります。

一般の人でもセルフリフォームで利用したり、
新築でも建材を施主支給してしまおうという人もいるかもしれません。

ただし! 特価品を購入した草野が言うのもなんですが・・・

某住設機器メーカーの人に聞いたお話しだと、
この手の特価品。

同じような機能・性能でも、
量販店向けの廉価品と通常の製品とでは
耐久性などの品質が違うのだそう。

一般の人にはわからないところで
コストダウンしているのでしょう。

ま、安いものには安いなりの理由があるという訳で。

便利で安いホームセンターですが、
使うものや目的に合わせて使い分ける必要がありそうですね。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『台所の換気扇の交換』
『施主支給のメリット・デメリット』
『蛇口の水漏れ修理』



| ◆家づくりの知恵袋 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

設備と性能 時代遅れな家にならないためのコストのかけ方

先日のご相談で、こんなご質問がありました。
「これから買う家には、自動車用の充電設備が必要なのでしょうか?」

例えば分譲マンションを買ったものの、
プラグインハイブリッドや電気自動車に対応できないと
資産価値が落ちないか?というご心配。


日進月歩で新技術が開発されているので、
いまは最新の設備でもいずれ陳腐化する可能性はあります。

例えば、インターネットの接続。

パソコンやネットの普及で、
どこでもネットが使えるように各居室やリビング・ダイニングなどに
LANポートを設けるようになりました。

でも、最近は無線LANの普及により、設置場所に制約の出るLANポートを
設けないケースも増えています。


・・・という事例からすると、今はプラグインハイブリッドや
電気自動車が最新の自動車として脚光を浴びていますが、
今後どうなるかは分かりません。

これまでのようにガソリン自動車全盛の時代では無くなるのでしょうが、
自動車の動力源には燃料電池車やディーゼルなどいろいろあり、
どれが主流になるのかはまだ予断を許さない状況だそう。

もしかすると、いま自動車用の充電設備を設けておいても
燃料電池車が主流になっていれば、
充電設備は無用の長物になっている可能性もあります。

率直なところ、充電設備なんてものは後付けできますから、
必要になってから取り付ければよいと思います。


ただ、設備関係ではその時のトレンドを追う必要性は低いと思いますが、
建物の性能についてはそうも言ってられません。

例えば、長期優良住宅。

現在は義務付けではありませんが、
近い将来長期優良住宅が標準になる時代が来るでしょう。

そういう点では、多少コストはかかるものの
長期優良住宅の認定を取っておかないと、
新築後わずか数年で“時代遅れ”の家になってしまいかねません。

また、改正省エネ基準も同様。

2020年に最新の省エネ基準が義務化される予定ですが、
まだ義務ではないからと言って基準に満たない家を建ててしまうと、
わずか数年で時代遅れとなるのです。


設備機器は比較的、交換・新設で対応しやすいですが、
省エネ性能は断熱や気密といった
大掛かりな工事が必要になる可能性もあります。

後から多額の費用をかけて改修することを考えれば、
新築時の多少のコスト増など気にならないのではないでしょうか?
(税制優遇や補助金もありますし)

目新しい設備に飛びつくよりは、
基本となる性能にコストをかけることをお勧めします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『建築物省エネ法は住宅にどう関わる?』
『資産価値の落ちにくい中古マンション選びのポイントは?!』
『太陽光発電の後付けは、耐震性にご注意!』



| ◆家づくりの知恵袋 | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT