先日あったご相談。

土地選びで候補の物件があったものの、
この土地に決めて良いの?というもの。

土地を選ぶ際には、皆さま希望の条件があります。
例えば、エリア、利便性、環境、広さ、価格など。

そういったご希望を聞きしながら、
候補の物件が条件に合っているのかを一緒に考えます。


で。

今回の物件は見送った方がよさそうだというお話になりました。

見送ること自体は何の問題もありません。
でも、単に見送るだけではもったいない。


今回、とても悩まれて、その結果見送ることにしました。

家づくりが進むように見えて、結局後退してしまった。。。
ように見えますが、そんなことはありません。

真剣に検討したことで、見えてきたこともあるでしょう。
例えば、土地の相場観やご自身のイメージなど。


残念ながらご縁はありませんでしたが、
今回の物件で得たものを整理しておくと、
引き続き土地を探す際の参考になります。

なぜ今回の土地をあと一歩のところで選ばなかったのか。
どんなところを気に入っていたのか。

そんな点がしっかり自分たちのなかで消化できれば、
同じ過ちは繰り返しません。


土地を選ばなかったらそれで終わり、ではありません。

迷ってしまいなかなか先に進まないように思える時もあるでしょうが、
やることをしっかりやれば少しずつでも進んでいきます。

これは、土地だけではなく、
建売や中古住宅、マンションでも同様です。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『わずかな違いが大きな違い?! 未完成物件検討時の注意点』
『土地選びで迷わないためにやっておくべきこと』
『土地選び、最後の決め手はコレ!』


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
この春に機種変更した、草野の携帯電話。

GRATINA 4G

テンキー付き、かつスマホにしたかったので、
“ガラホ”にしたのですが、
このガラホの調子が悪くなりました。


まず、充電していたら、
本体が異常過熱して充電がストップ!

しょうがないので、いったんバッテリーを外して冷まし、
さらに電源をオフにして充電する始末。

充電に手間がかかるため、1日使っていると
夕方にはバッテリー残量が心許なくなります。


さらに、Eメールのアプリが起動しなくなりました!

ハードボタンを押してもダメ、
メニューから起動しようとしてもダメ。

ショートメールなど、ほかのアプリは普通に起動するので、
Eメール・アプリだけの不具合のよう。


通話やWeb閲覧、ラインなどは問題なく使えているものの、
バッテリーとEメールの不具合は、やっぱり不便。

これまで携帯を使っていて故障したことはなかったので、
ちょっとビックリ。

まぁ、文句を言っていてもしょうがないので、
auショップに行って具合を見てもらいました。


店員さんにいろいろいじってもらったのですが、
ヤッパリバッテリーは過熱し、Eメールは動きません。

結局修理が必要との結論。

まぁ、機種変更からわずか4か月ですから、
保証も効くだろうと気楽に構えていたら・・・

ナント修理は有料とのこと!!

聞くと、そもそも草野は保証に入っていないため、
無料の修理や交換は対象外なのだそう。

どうやら月額400円少々の保証に入っておく必要がありました。

う~む。。。
月額400円をケチったばかりに・・・

って、滅多に壊れることのない携帯のために
毎月400円はやっぱり高い!

まぁ、これはしょうがないか・・・


で、修理をする前に、データをバックアップした方が良い、
とのことで、その日はバックアップのやり方を教えてもらい、
いったんショップを後にしました。

修理をする際には、データは初期状態になるため、
いったんバックアップしたデータを再度入れなおす必要があります。

さらに各種設定はすべてやり直しの上、
ラインは標準アプリではないので、バックアップ対象外。

これらすべてを復旧するとなると・・・
めちゃくちゃ手間がかかる。。。


と、ちょっとブルーな気分でオフィスに着いたら、
携帯になんか見たことのない表示が・・・

何かと思ったら「アプリのアップデートのお知らせ」で、
よく見たらEメールのアプリもアップデート可能とのこと。

そこで、試しにアップデートしてみたら・・・


・・・・・・。



・・・・・・・・・。




アップデートを行い、インストールをしたら、
なんと、Eメールのアプリが起動しました!

保存されていたメールもそのまま!
見事に復活です!

いやいや、良かった良かった!!

ついでにバッテリーの不具合も解消。
普通に充電できるようになりました。


それにしても。
いったい何だったのでしょうか。

きっと何らかの不具合が、
Eメールとバッテリーに影響を与えたのでしょうが・・・


そして。。。
あのまま修理に出さなくてよかった!

もしアップデートの通知がもっと遅かったり、
通知に気づいていなかったら・・・

修理に出して、余計な費用や手間がかかっていたかも。

ちょっとしたタイミングの違いですが、運が良かった!
それとも変なトラブルに遭遇して運が悪かった?!

何とも微妙ですが、結果オーライではあります。


今回の騒動から得た教訓。

ケータイの調子が悪くなったら、
まずはアップデートしてみること、かな?!
(いやいや、その前にバックアップが先かも)

そして、もう一つ。

なんだか草野はパソコンや携帯のトラブルが、人よりも多い!
データのバックアップや保証はしっかりかけた方がよさそうです。。。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『おじさん御用達?! ガラホ導入!』
『イザという時の安心・プロサポート?! パソコン復旧しました』
『住宅相談センターのホームページ復旧しました』


テーマ:トラブル対策
ジャンル:携帯電話・PHS
本日、住宅相談センターのメールマガジン
『家づくりナビゲーション』のVol.186を発行しました。


巻頭の“家づくり豆知識”は、住宅相談センター代表・吉田の
「土地購入・売買契約の注意点24『容認事項』」

『おもに新築建売住宅を購入する場合の売買契約書には、最近
 「容認事項」という欄が設けられており「買主はこの内容を
 容認してください」という項目が数多く列挙されています・・・』


ということで、どんな内容なのかを解説しています。


他にも、
 ・資金計画&住宅ローンセミナー開催
 ・東海地方の家づくりイベント情報
 ・住宅相談センターのブログ 最近の記事から

といった記事があります。

メルマガ『家づくりナビゲーション』を購読希望の方は、
下記問合せフォームからお申込み下さい。

   >>>メルマガ申込フォームはコチラ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.185発行』
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.184発行』
『メルマガ「家づくりナビゲーション」vol.183発行』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
いやいや、今日も暑かったですね!
梅雨はどこに行ったんだか、すでに夏本番って感じです。

外は暑くても、オフィスの中はクーラーが効いて涼しいと思った方。
違うんですッ!

住宅相談センターのオフィスの入っているJPタワー名古屋は、
低層階のKITTE名古屋はショッピングや飲食フロアなので、
ヒンヤリ涼やか、しっかりクーラーが効いています。

でも、高層階のオフィス棟は、あくまでオフィス用フロア、
土日や夜間はクーラーが止まってしまうのです。


一応、オフィス棟も土日・夜間にクーラーをつけることもできます。
でも、そのためには割増料金がかかってしまう・・・

そのため、ご相談が入っている時間については、
部分的にクーラーを入れるのですが、
それ以外の時間・場所についてはクーラーが効きません。

21階という高層階なので、窓も開きません。。。

ということで、土曜日の本日は少々暑い中、
仕事をしている訳ですが、これからこそが暑い盛り。
さすがにこれでは仕事になりません。


そこで環境改善の切り札・卓上扇風機を導入しました!
じゃ~んッ!

パッケージ

ドウシシャさん製のPieria SLIM COMPACT FANです。


カラーは何種類かありますが、
デスクの雰囲気に合わせてウッディな木目調にしました。

厚さ2.5cm、幅14cm、高さ21cmと
ポータブルのDVDプレイヤー程度の大きさです。


パッケージから出すとこんな感じ。

開封

本体も小さいですが、アダプターも小さい。
ちなみに電源はAC電源、USB、乾電池の3種が使用可。


使用する際は、本体を折り曲げると足になります。

斜めから


風量は2段階。

13枚の羽根で、デスク上に置いて至近距離で使っても、
音や風の強さは気になりません。

正面


使用後は、こんな感じで棚やロッカー、
デスクの引き出しにしまえます。

収納


さっそく使ってみましたが、
見た目もナチュラルでオフィスの雰囲気にピッタリ。

デスク

ただいまクーラーが止まっている中でこのブログを書いていますが、
ほどよい風で快適、快適!

お値段は、名駅のビックカメラで3218円(税込)。
普通の扇風機並みのお値段ですが、十分な価値ありです。

この扇風機で、暑い夏を乗り切ります!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『社内移動用の小モノ・バッグ』
『仕事初め & 2017年のカレンダー』
『キーボードの交換とパソコン回り改善の小ワザ』



テーマ:コレ、買ったよ!
ジャンル:ライフ
先日のご相談。
建売住宅の購入をご検討の方からです。

立地は気に入っていますが、希望の物件はまだ着工前。

図面を見ただけでは建物のイメージが分からないので、
同じ分譲会社が建てた、同じような完成物件を見学したそう。

見学したのは、街中の比較的狭小地の3階建て。

広さや陽あたりが気になっていましたが、
実際に建物を見てみたら思いのほか広く、
陽あたりも悪くない。

なかなか好印象!
これと同じ感じなら、候補の物件もよさそう。

・・・というところで、ご相談にお越しになりました。


候補の物件と見学した物件の図面を見比べてみると。

接道の向きが違いますが、
土地の形は街中によくあるウナギの寝床。

それぞれ3階建てで、多少大きさが違いますが、
同じような雰囲気。


って、確かに図面でパッと見、同じような感じではあります。

が、候補の物件は、見学した物件に比べて
東西に半間(畳半分)、南北に半間狭くなっています。

たかだか90センチそこらの違いですが・・・

その差は1階で畳7畳分、3階だと21畳=10.5坪も違います!


そこで図面をよく見ると、その違いが随所にあらわれています。

例えば見学した物件には、2階LDKには
吹き抜けがあるうえ、家事室もあります。

3階の主寝室にはゆったりしたウォークインクローゼットに
広々としたルーフバルコニーまであります。

そりゃ、広々開放的で明るいですよね。

でも、候補の物件はそもそもLDKが少し狭いう¥えに、
吹き抜けも家事室もなく、浴室が3階なので、
主寝室にはウォークインクローゼットもバルコニーもありません。

見学した物件とは、同じ街なかの3階建てではあるものの、
別モノと言ってもよいでしょう。

見学した物件をイメージして、候補の物件を契約したとしたら・・・
その差に愕然としたことでしょう!


一応、分譲会社の営業マンは、
建物の大きさの違いを説明したそうですが・・・

そんなの簡単には分かりませんよね!

建築のプロではない一般の方には、
図面を見てもなかなか空間構成は掴みにくですが、
引渡し受けてからシマッタ!となっては手遅れ。

よくよくご注意ください!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『トイレで頭がぶつかる?! 間取りは高さにも注意を』
『家や土地を決断すめるための3つのステップ』
『平面図だけで間取りは分かりません。展開図も確認を』


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ